映画『おくりびと』       4月25日分

 前回お知らせしたシンポジウム『都市部における訪問介護を問う』へのご参加ありがとうございました。会場満員の参加者で、たくさんの会場からの発言で、成功裏に終わりました。何より、シンポジストの内容がとても素晴らしくなど、深まったように思います。まずはお礼まで。
 きょうは、最近観た2本の映画の話。

映画『おくりびと』を観て、看護師はどう思いましたか
 アカデミー賞を受賞した『おくりびと』。死後の納棺士の仕事のことだと聞いていたので、とにかく一度観なければと思っていました。劇場に行く機会をのがし、DVDになったので先日観ました。
 感想は、『なかなか良かったけれど、複雑な思いになった』です。亡くなった遺体を整えて棺に納めることが卑しい仕事ではなく、残されたご遺族の心のケアにもなるとても大事なしごとであることが一般市民に理解されたことはとても素晴らしい大事なことです。仕事をめぐるさまざまな偏見をなくすことにもつながります。また、生きること・死ぬことを真正面にとらえて正直に表現してみんなが考えるきっかけになったことも良かったと思います。
 私が、複雑な気持ちになったのは、あの仕事の内容は、本来は看護師の仕事であるということからくること。私は、訪問看護師として、自宅で亡くなった多数の方(3桁)のご遺体を『死後のケア』として身体を整え、死化粧をして、ご本人・ご家族が望む衣服をまとって棺に入る直前までのケアをしてきました。そのやり方も単純な遺体処置ではなく、様々な理由でご家族といっしょに行うことが多かったです。とても大事な『看護』の仕事でした。その後、葬儀屋さんに引き継ぐのでした。
 ですから、納棺士という仕事があることも知りませんでした。実際に映画を見て実に良く描かれていて、私たち看護師のやり方と立場と随分違いました。その良し悪しは?
 今、日本では年間100万人以上の人が死にます。その8割は病院での死です。病院で死亡した場合は、『死後の処置・死後のケア』は看護師が行っているところが大多数だと思います。『死後の処置』の終了後、納棺士がかかわっているのだろうか? 『死後の処置』を行っていない場合、葬儀屋さんが納棺士を依頼するのだろうか? 在宅での死の場合、訪問看護師がかかわれば、そこまでやっていると思うが、そうではないのだろうか? 亡くなる前から人生のターミナル期を共に過ごすプロとしてかかわり、その方が自分らしくその時期を生き、そしてどのように死を迎えるかをともに考え、そして「死」。その延長線上にご遺体のケアがあるのです。そこまでかかわって(ご支援して)はじめて完結するのです。
 ご覧になった看護師のみなさん、どう思いました?
 ちょっと、この頃の実態を調べてみなくては・・・。

『最高の人生のおくり方』
 タイトルが正確でないかもしれません。病院の二人部屋で同室になった大金持ちの男性と自動車整備工の黒人男性が、ともに「がん」と診断され余命数ヶ月。口もきかない二人がふとしたことから、死ぬまでにやりたいことを紙にたくさん列挙し、それを実現していくというアメリカの映画。そして二人で世界中を旅して歩く。
 共感することが多かった。私は『ターミナルケア』関連の講演のとき、よく例に出すのが「自分ががんと診断されて、余命半年といわれたら、どうするか。仕事を辞めるか。何をするか。何もしないか。何を考えるか」ということを会場の聴講者に問いながら話を進めて行く。そのときに私自身がもしそうなったらどうすると今は考えているかということをお話しする。
 それまで、見ず知らずだった人間同士が人生の最期の時期をともに過ごす・生きる。人間の可能性と気持ちに正直に生きることの大切さみたいなものを感じた。観た後、なんとなく心が綺麗になっている自分に気がつく。

 どちらも『死』に関する映画でした。『死ぬこと』にきちんと向き合おうということだと思います。

スポンサーサイト
2009.04.27 Mon l 日々の出来事 l top ▲
都市部における訪問介護を問う       4月15日分

 4月18日(土)14:00から綾瀬・プルミエで『都市部における訪問介護を問う』というシンポジウムがあります。主催は、東京・東部地域介護シンポジウム実行委員会です。

深刻化する“訪問介護”の人材不足
 介護職の人材不足は、日本中誰でもが認識していることでしょう。その対策として特別法案が成立して、4月からの介護報酬改定で一応3%のアップとなったことは周知のことです。しかし、実際に介護職の給料がアップするかというとほとんどアップしないところが多い。事業所のこれまでの赤字補填がせいぜい・・・。
 詳しい統計はよくわかりませんが、介護職の職場の中でも在宅生活を支える訪問介護(ホームヘルパー)の人材不足が深刻だと私は思います。
 介護職が働く場は、①特養ホーム、②老人保健施設、③療養病床、④回復期リハビリテーション病院、⑤有料老人ホーム、⑥グループホーム、⑦小規模多機能居宅介護、⑧デイサービス・ケア、⑨訪問入浴、そして⑩訪問介護です。(もっとあるかと思いますが、とりあえず) 大まかに言えば、施設系とデイと在宅となるでしょうか。私は、その働く場と資格と年齢などに一定の傾向があると思います。施設系は、比較的若くて学校を卒業した人で、常勤採用率が高い。在宅は、熟年で非常勤雇用の傾向が強いというものです。最も厳しい条件なのは、訪問介護なのではないでしょうか。最近は、不況の影響もあり介護分野への就職希望が少し増えたとあちこちから聞こえますが、しかし、訪問介護に関しては、人材不足状況は変わらないようです。

都市部の特性 
 では、都市部とそれ以外とでは訪問介護をめぐる状況はどう違うのでしょうか? 膨大な人口をかかえ、その上介護施設が地方に比べると圧倒的に少ない都市部で在宅生活を支える訪問介護には、どんな課題が山積しているのでしょうか? また、直行直帰というスタイルの仕事の仕方にも大きな問題があります。そして、非常勤雇用といっても登録型雇用とでもいうのでしょうか、働く側から見ると種々の問題だらけです。訪問による移動時間や記録時間が労働時間とみなされないということもまだまだ続いているようです。働いている介護職も大変な状況ですが、雇用している事業者(会社など)も決して経営的にも運営も楽ではない。こんな状況では、いい介護が提供できるわけがないという実情が・・・。
 そういう問題意識でシンポジウムが開催されます。もっともっとリアルに現場の実情が報告されるとい思います。シンポジストに厚生労働省の課長補佐の方も講演と同時にいっしょに討論してくださることになっています。どうぞたくさんの方の参加を! 私がコーデイネーターをさせていただきます。下記参照。

ガルーダ便り もうすぐ、ホームページが立ち上がる予定です。そちらに詳しくのりますが、みなさんぜひ、手帳に書き込んで参加していただきたい企画があります。6月14日(日)午後、JAIKA地球広場で、ガルーダ・サポーターズ設立の集いを行います。多様な企画をします。



『都市部における訪問介護を問う』
日時:4月18日(土)14:00~16:30
場所:綾瀬プルミエ第1ホール
参加費:無 料

シンポジスト:日野 力 氏
        (厚生労働省老健局振興課課長補佐)
        森永 伊紀 氏
        (ホームヘルパー全国連絡会事務局長)
        須加 千恵子 氏
        (すこやか福祉会訪問介護事業部部長)
コーディネーター:宮崎 和加子 氏
       (健和会看護介護政策研究所所長)

主催:東部地域介護シンポジウム実行委員会

連絡先/足立区千住曙町4-16
千住曙共同会館1階
    電話:03(3882)8555


2009.04.17 Fri l イベント情報 l top ▲
『気持ち』のリセット方法       4月5日分

 トイレットペーパーを見ると、どういうわけか思い出すことがあります。『定数管理』ということです。
私が教育機関で「管理」を学んだのは、27歳の時。みさと健和病院開院に伴い、病棟婦長の任を担うことになり、神奈川県立看護教育大学校の3ヶ月の『管理者コース』に通学したのでした。長男を生んでまだ8ヶ月の時で、片道1時間45分の通学で、3ヶ月で約20個のレポート提出だったのを覚えています。
 
家の消耗品も定数管理・・・ものの管理 
 その時の学びでその後役立ったのは、『管理とは、①、②もの、③お金、そして④情報を管理すること』ということでした。どういう視点で「管理」ということを考え、「管理」とは何をすることなのかを、一生懸命考えた3ヶ月間でした。そしてユニークな婦長さんに1週間くっついて実習し学んだりしました。
 ②ものの管理方法を学んで、今でも実行しているのは『定数管理』方式です。それは、病棟の点滴や注射器など医療材料の管理方法として、ものが足りなくなくなったら補充するのではなく、おおよそ一日(数日)で使用する数量を把握し、定期的に確実にその定数をみたしておくのです。ですから、「ものがない」ということがない。それも定数が決まっているので婦長でなくてもだれでもその数量を補充すればいい。極めてシンプルで手間がかからない物品管理だと感動したものでした。もちろん私が担当する病棟でも取り入れ、今は当たり前なのかもしれません。
 私は、それを我が家にも応用し始めたのです。子育て真最中でしたので、家の中のものの管理を簡素化したかったのです。洗剤、シャンプー、テイッシュ、油、缶詰、酢、トイレットペーパー・・・。賞味期限に関係ないものをノートの左端にリストアップし、半年間に使う量を推定してその隣に記載し、そして半年後(だいたいボーナスをもらったら)に残量をチェックし不足分を書き出し、買物にいく。という流れです。そうすることによって、「あれがない」とストレスから解放されるのです。これは20数年続いていて現在もほぼ継続中です。だから、我が家は生もの以外はなんでもある!

職員を生かすも殺すも情報管理次第!
 人とお金の管理は誰でも「そうだよね」と推測できるのですが、『情報管理』をどう意識するかが大きな課題だということもその時に知りました。情報は、上(上司他)から、下(部下)から、横(同僚・インターネット・・・)からと、四方八方から来ます。それを、どう受け止めるか。受け止められる受容体(許容量・キャパシイテイ・力・気持ち)をどのくらい持っているか。受け取った情報を、次は誰にどう排出するか。
 その情報の排出・提出のやり方によって、相手を生き生きとさせることも、疎外し落ち込ませ辞めていただく方向にもできるというのです。何と怖いことでしょう! 何と素晴らしいことでしょう! そのことを意識的に行っている管理者がどれだけいるか・・・。
 しかも、意識してもうまくできるかどうかは、また違った手腕が必要。私はどうかな? うまいかな? 下手かな? 

セルフコントロールの方法
 3ヶ月管理コースの勉強の中で、もう一つ今でも役立っていることがあります。それは、私流の言葉で言えば、「セルフコントロール」のやり方で、3泊4日の合宿で学びました。セルフコントロールとは、定義は詳しくは知りませんが、自分自身の心や体を自分自身でコントロールすることです。気持ちがいらいらしたり、妙に落ち込んでみたり、誰かに言われたことをずっと覚えていて気になったり、自分がだめな人間に見えて何もかもいやになったり・・・。そんなことはありませんか。私はあるんです。みなさんも多少でもあるでしょう。
 その時、自分自身を見つめなおし、原因を探り、“気持ちをニュートラルの状態に戻す”“気持ちをリセットする”というものです。
 どうして、管理とセルフコントールが結びつくか? 大いに結びつくのです。
 今から思えば、これは自己啓発プログラムだったのかもしれません。「自分」という人間を距離を置き見ている、「自分」の心の奥深くに入って見つめ直す、「自分」の思考傾向を知る、自分が影響を受けている人・考え方を再確認する・・・などを行うことが、「良い管理」につながる可能性があるというのです。

具体的には
 その合宿の中でいろいろ学び、不思議な体験もしたのですが、私なりに習得した『心の整理の仕方』『心のリセット方法』があるのです。自己流ですが。今日は、詳しくは述べられませんので、興味ある人はまた何かの機会に、どうぞ声をかけてください。
サワリだけいうと、まずは五感を磨くことから始めます。人間の情報取り入れ器官である五感のトレーニングによってインプット機能を取り戻すことです。独特の方法があります。次は・・・・・・・・。
終わって目を開けると、光景が違って見えて気持ちが楽になっているんです。どうしてだかよくわからないのですがそうなのです。イライラしたり、落ち込んだりするとこれをやります。そんな私です。

 最近、管理を取り違えている「管理者」に出会い、ついつい久々に『管理』を思い出したので、こんなことを書きました。
 それにもなんにも、『管理』で大事なことは、『目標』を持つこと・共有することから始まり、『目標達成』の下支えの役割が管理者ではないかあ~。



2009.04.08 Wed l 日々の出来事 l top ▲