上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
高齢者共同住宅の火災に思うこと       3月25日分

 先日、群馬県渋川の高齢者共同住宅で火事が発生し、10人が死亡しました。ご冥福をお祈りします。この火事は、高齢者の住処についてさまざまな今日的日本の問題を露呈しました。きょうはその中の一つの問題について書きます。

『第3の住処』
 最近、私に依頼が来る講演内容に『高齢者の第3の居場所―――自宅ではなく、病院・施設でもない第3の住処で暮らすこと』というのが増えてきました。要介護・要看護・要医療の状態での暮らす場所として、全国で新たに取り組み始まった『第3の居場所作り』の実践例をもとに、何が大事なことなのかを私なりに解説する内容です。
 寝たきりでも認知症になっても、あるいはがんの末期になって余命いくばくかもない状態でも、病院や既存の施設で暮らすことをいいと思わない人が多数を占めます。できれば、自宅での生活の継続を望み、そして叶うなら心の通った人たちに見守られて静かにこの世を終わりたいと。しかし、自宅での生活の継続は、家族がいてもいなくても中々難しい状況です。
 そこで、『第3の住処』なのです。キーワードは、①「自宅ではない在宅」、②「小規模住宅」(10人以内)、③「共同生活」です。有料老人ホームや高齢者専用住宅(高専賃)などでもないのです。どちらかというと「認知症高齢者グループホーム」に形は似ています。一般住宅のやや多きめの普通の住宅。大事なのは、「アパート」的ではなく、「共同生活」というところです。大きな家で1人で暮らし、一日中誰とも話しをしないで生活することを良しとしないで、
“プライバシーを守りながら”
“人の気配がして”
“他人を意識しながら”
“少々助け合い”
“見えないところで専門家が支援する”
こういう住処なのです。「共同生活」の意味については、またいつか展開します。
 これは、様々な意味できらりと光る何かが見えます! 病気や障害を持ちながら、家族ではない誰かと一緒に暮らすスタイルに大事なものがあると思うのです。そういう住処を作って経管栄養でも終末期でもプロの支援を受けながらいっしょに住んで生活し始めているのです。
 
形ではなく、中身
長崎県大村市でのグループホームでの火災以降、「だから小規模は良くない、大型化でないといけない」「だから二人夜勤にすべき」などと短絡的に語られるし対応される。その先に「だから自立支援がよくない、無理」「だから施錠しないと・・・」「だから・・・」という論調になりかねません。
 今回の渋川の火災ではどうなるのでしょうか。「だから共同生活はよくない」「だから施設として登録すべき」「だから・・・」と、規制が厳しくなる。
よく見てみると、私がきらりと光る何かがあるスタイルと今回火事になったところは同じ扱いになるかもしれません。ということは、そういう大事な発想での取り組みに足かせとなる可能性があるのです。
火事や事故は起こさないようにするのは当然です。しかし、私は建物やサイズなどの外側・形ではなく、どういう内容の支援があるのか、支援を付帯するのか、これがとても大事なことだと思うのです。今回の火事をきっかけに、画一的な対応になりはしないかと一抹の不安が残ります。
大事なこと・生きるということは、「豊かさ」と「危険」がいつも隣り合わせということなのかもしれません。そのことを大事にした施策が必要なのだと思います。

ガルーダたより
◆「ガルーダ・ネットワークニュース」と「ガルーダ・サポーターズニュース」が出来上がり、会員の皆様にメール便で発送しました。会員になっているのに届いていない方は連絡ください。ボランテイアの皆さんのお力でステキなものができました。「ガルーダ・ネットワークニュース」は、2ヶ国語(日本語とインドネシア語)が併記されています。(来日候補者向けです)
◆全国で研修・就労している候補者からの『SOSコール』が鳴り始めたのです。インドネシア人の方(20年間日本に住んでいる)が、懇切丁寧に電話訪問しはじめたことをきっかけに、長電話での話し・相談です。一度はなしが通じると再度電話がかかってきている状況です。話をじっくり聞いてすむ場合と出向いて会った方がいいかなという場合があります。かなり深刻におもえるような内容も聞こえています。
 当面は、『ガルーダ・サポーターズ準備委員』で、集団で検討し対応します。

 桜が咲いてきましたね・・・。いい季節ですね・・・。
スポンサーサイト
2009.03.28 Sat l 日々の出来事 l top ▲
朝の体操       3月15日分

 朝6時30分、みなさんは何をしていますか。私は、多くはNHK教育テレビにチャンネルを合わせ、テレビ体操を10分間行います。何をしていても、アラームをセットしていてテレビの前にいって体操をはじめます。
 いつからはじめたかは、全く覚えていませんが、とにかく have to 事項として、体全身を使って動かすのです。いつのころからか、身体は衰え始め、柔軟さに欠け動きがにぶくなってきたのです。そんな私でも、朝10分間一生懸命全身を使って運動すると、体がポカポカと温かくなり背筋が伸び、気持ちよくなります。

体重減少 あの手・この手
 20歳の時と体重も体形もあまり変わらないことが自慢の一つだった私なのに、いつしか脂肪が気になり体重を落とすことに意識を向けるようになりました。いわゆるダイエット・・・。時々は一時的に効果があるのですが、最近はどうやっても効果がありません。
 若い女性のように、スラリとした体形を求めるというズーズーしさはもはやあまりないのですが、体重を落としたい理由は、①太ると動きにくくて動作も頭も鈍くなるから、②今ある洋服が着られなく不経済だから、③町のウインドーに映る自分の姿をみて落ち込むから、④最大の理由は息切れがひどくなるからです。
 “こうすれば体重が減る”と聞くと、すぐに実行してみたくなるアホな性格。しかし、長続きしない。たとえば・・・

膝を高く上げた足踏み100回を一日2回? 
 ある懇親会のある社長さんのあいさつ。「実は、僕は腹囲90cmのメタボだったのです。しかしそれではいけないと、会社ぐるみで時間を決めて、1日2回、膝を高く上げた足踏みを大きな声を出して100回ずつ行うようになったのです。その他の時間でも積極的に行うことと。そうしたらこの通り、腹囲70cmまでになり、何より気持ちが元気に前向きになってきたのです」
 結構、やりがいがあります。  時々ですがやっています・・・

「一生太らない方法」?
 ベストセラーになっている黄色い表紙の本。読みました。ごもっとも! 理論的に書いてあります。  時々、思い出したようにやっています・・・

何といっても散歩?
 身近な知人が引き締まった形でやせてきました。「どのようにして痩せたのですか?」「痩せるためにではなく、体力をつけるために毎朝1時間の散歩をはじめたんです。そうしたら体重が落ちてきたんです」

和加子さんの場合、ビールを辞めれば・・・?
 いろんな人が、いろんなアドバイスをしてくださいます。「和加子さんの場合は、たぶん、ビールを止めるとあっという間に痩せると思うよ。しかし止められないでしょうね」。
なんということ。私がよほどアルコールでカロリーをとっているように理解されているようですが、どうでしょう??? それほどでもないですよ・・・。

 さてどうするか・・・ もう少し様子を見て考えます。これぞという方法があったらお教えください。

ガルーダたより
 「ガルーダ・ネットワークニュース」と「ガルーダ・サポーターズニュース」作成の真っ最中です。インドネシア語版も。今週末には、刷新した入会案内やニュースなどを発送する予定です。ボランテイアの皆さんと暇を見つけては頑張って作業しています。会員の方はもう少しお待ちください。会員になっていらっしゃらない方は、どうぞこの機会に入会を。
 実は、SOSコールに電話が入り始めました。個人情報なのでなかなか公表できないのですが、予測していなかったような事態に遭遇して困っている候補生もいるようですし、受け入れ介護施設・病院の側から見て困ってどうしていいかわからない状況もあるようです。はじめてのこと、新たな問題・段階にはいってお互いにたいへんのようです。
2009.03.18 Wed l 日々の出来事 l top ▲
花 ガルーダ その後       3月5日分

 花が大好きな私の家はそこら中花だらけです。昔は、買ってきてもすぐに枯らしてしまい花に申し訳なく、買うのを躊躇してしまうほどでした。しかし、子育ても一段落し夫婦二人の生活になり、花にも気遣いも心配りも少しはできるようになってきました。今は枯れずに長持ちして美しい姿を保つことができるようになってきました。
 そのため私の日課は、朝起きて全部の窓のカーテンを開け、そして花たちに水遣りをすることから始まります。数十鉢の花や観葉植物の個性に合わせて水遣り・手入れをします。カタカナの花の名前はなかなか覚えられないので無理に覚えない。元気がなかったパキラはたくましく大きくなりたくさんの酸素を放出してくれています。きれいに咲いている花に「きれいだね、きれいだね、よくがんばっているね」と毎日声をかけています。そんなとき、“心が満足している”と実感し、笑顔でいる自分に気づき感謝です! 謝謝 
 私がこんなことをいうと、「宮崎和加子、何かあったんじゃない。変だよ」などという口の悪い友人たちがきっといるでしょう。「私、先日53歳になったんです。私だって花を愛でて料理もする生活人よ!」

「ガルーダ・サポーターズ」準備委員会開催
 「ガルーダ・サポーターズ」「ガルーダ・ネットワーク」のホームページをまだ立ち上げていないこともあり、インターネットで「ガルーダ・・・」と検索すると、私のこのブログに飛んでくるらしいです。それで、私のブログに出会った方々、こんにちは。私的な私のブログでの出会いですが、よろしければお付き合いください。
 というわけで、ホームページが立ち上がるまで、この場を借りて少しずつ情報提供させていただきます。なお、ホームページはたぶん、近々立ち上がるように準備が始まりました。
 先日、第1回「ガルーダ・サポーターズ」準備委員会を開催しました。関西から2名、栃木などからもおいでいただき、合計15名での会議でした。この準備委員は、自ら申し出てくださった方と事務局から声をかけて快諾してくださった方、たまたま当日誘われて参加してそのまま有力な委員になった方と、多様です。どこかの団体や個人が段取りを行っているわけではなく、たまたまやろうとした見知らぬ始めて会う人たちが作り上げる会になってきました。もうすぐ、第一号のニュースを作り、その中に準備委員のメンバーの紹介もします。会員になってくださった方々、まだメッセージを送っていない方もあるのですが、近々送りますのでお待ちください。

4時間の活発な討議の会議
初めて会う委員会で、ちょっと詳しいインドネシアやEPAと自分の関係を含めた自己紹介で1時間かかりました。それがおもしろかったんです。何とユニークな方々、何と分野の違う方々が集まったんだろう! 
 そして、具体的に「ガルーダ・サポーターズ」を正式に設立するための準備と、それまでの具体的な活動について討論しました。当初予定した3時間の会議では終わらず、4時間かけてじっくり討議し、役割分担をしました。
主に行っていくことを網羅的に列記すると、次のようです。
① 会則案作り
② ニュース発行
③ ホームページ作り
④ 「設立のつどい」の企画(6月中旬を予定)大きな集会に
⑤ 関西担当
⑥ SOSコール受けの具体策
⑦ 現地訪問相談活動の具体化
⑧ 「ガルーダ・ネットワーク」会員(来日候補生)への電話訪問・若干の実情把握
⑨ 継続的日本語習得支援の方策検討
⑩ ホリデイ・ホームステイ事業企画検討
⑪ パソコン・携帯電話提供の可能性の模索

みなさん、とても忙しい人ばかりですが、適材適所で役割分担、グループでの検討を行っていきます。

準備委員の皆さんもご自分の発信ツールで内容を発信してくださいね。

 何だか、緊張します。『市民運動』を、立場や考えや意見が違うみんなで議論して作り上げていこうとしているのだと思います。私は、事務局として精一杯できることを行っていきたいと思っています。

――佐賀に向かう飛行機の中でーー



2009.03.07 Sat l EPA、ガルーダ関連 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。