上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
リスクマネジメントとは?       2月25日分

全国から講演に招いていただき、あちこち出かけさせていただいております。基本的な姿勢は、①時間が空いていれば ②私が講演できる内容であれば ③できれば現場のみなさんと交流するとか現場を見学させていただくなどの機会があればさらにOK。特に、私の恩師の1人の川上武先生(医事評論家)の教えを参考にしていまして、今まで受けたことのないテーマの講演は受けるようにしています。私自身への挑戦でありとても勉強になるからです。
講師料はあまり気にしていません。時には、交通費さえ出なくてそのことを言い出せず私が自腹を切ることもあります。それでも、私の話を聞いてくださり、そのことが何かに役立つのであればOKでしょう。

初めての挑戦―――ブログ仲間
私にいただく講演依頼は概ね7種類の内容(訪問看護云々、認知症の人の支援、ターミナルケア、EPAインドネシア・・・・・)なのです。最近、初めての試みに挑戦しました。それは、これまでは誰かの紹介とかどこかで講演を聴いたからとか、なにかと縁を大事に依頼してくださったのですが、先週お伺いしたところは、これまで全く縁もコネもなく、このブログだけのご縁で招いてくださったところです。
何かの拍子にこのブログを見つけて、ずっと見続けてくださっている栃木県のある医師です。「あなたの本をバイブルのようにして深め仕事をしています。いつか私どもの地域に講演に来てくれませんか。みんなで聞いてみたいです」とメールを下さったのです。会ったことがない人ばかり、全く知らない地域の講演会に伺いました。でも、不思議なことに始めたあった気がしないのです。私のことをよく知っておられるようなのです・・・・。とても熱心に聞き入ってくださる方々で、その視線の強さに身体に穴があきそうでした。
 終わったあとが、また楽しいのです。単に講義を聴くということではなく、人間同士のつながりを大事に誘ってくださるのです。「2次会は、最終の新幹線の時間までお願いします。いいですよね」と。「OKです」と、夜9時くらいから始まった懇親会が、これまた楽しく実りが多いのです。本音と実情がボロボロ。私そっちのけで、みんなで屈託のない議論が始まるのです。
「先生は、そういっても食べられないというと経管栄養の管を入れてしまいますよね。それでいいんですか?  私は疑問ですよ」
「そういったって、じゃーどうすればいいんだい」
「生かせばいいというもんじゃないでしょ。その後、その人がどう生きているか知っていますか」
などと、認知症の人の支援の講演をしたはずなのに、ターミナルケア・チューブ栄養の是非に話が飛んでいます。
 とっても素敵な時間でした。インターネットの威力に改めて驚かされ、新たな出会いに感謝し・・・。本当にありがとうございました。

講義『リスクマネジメント』
 ずっと講演をさせていただいている内容に、『リスクマネジメント』(危機管理)があります。実は、私にとって、『リスクマネジメント』は、縁が深く一生涯向かい合うライフワークです。(その理由は、いつかお話します)ですから、『在宅ケアにおけるリスクマネジメントマニュアル』(日本看護協会出版会、2002)出版をはじめ、在宅やグループホームで、あるいは認知症の人の支援の上でのリスクマネジメントについては取り組んだり、講師を担当したり、雑誌に連載したりと向き合ってきました。
 訪問看護という場で事故予防・事故対策をしてきたことをマニュアル化して全国に広げる動きをずっとしてきましたが、2001年から認知症グループホームでの実践を始めて、「リスクマネジメント」に対する考え方が私自身の中で変りました。いつか詳しく述べますが、事故を予防し、早期確実対応することはとても重要なことです。そのために現場で行わなければないことをまとめたものが「マニュアル」です。しかし、その中で大事なことは何かと問うと、危険を取り除き安全に暮らすことを支援するという面と同時に大事なのは、危険覚悟で豊かに生活することへの支援なのです。
 『リスク』は“悪”か?! みなさん、自分の生活・生き方を振り返ってみましょう。危険覚悟で何かに挑戦したり、悪いことと知りつつ何かをやっていることはありませんか。
 人が生きることとは、そういう連続でしょう。要介護になっても、認知症になっても『リスク』を敵にするのではなく、『リスク』を受け入れて・覚悟して生活し生きることへの挑戦を支援することがとても大事な視点であること。別な言い方をすれば、医療の場でのリスク管理と生活支援の場でのリスク管理はちょっと違った視点・姿勢が必要なのではないかということです。

私にとっては永遠のテーマ
 先日、某県の訪問看護師の集まりで、リスクマネジメントの講演をさせていただきましたが、7年前の2002年に出版した本を参考にしている人は多くはありませんでした。出版当時はあれだけたくさん売れて全国に普及したのに、人が変わり管理者が代わるとなかなか伝わっていかないものなんだなあと感じました。
 その本は、何回も刷りが変り、また今在庫がなくなってきたそうです。また増刷しますかと問われ、出版社も私も首を傾げています。7年間でさらにわかったこと、新たな種類のリスクが出てきていることなどいろいろ取り込んで、大幅に改定の必要があるのです。
 うまく時間がとれるかが心配なのですが、私にとってはライフワーク・永遠のテーマなので行わなければいけないと思ってはいます。とりあえず、月刊誌「コミュニーテイケア」の別冊号で全面的に取り上げてくださることになりました。そのうち単行本として刷新できるようにがんばってみます。

*ガルーダ関連たよりは次回たっぷりと。
スポンサーサイト
2009.02.26 Thu l 看護、介護、医療関連 l top ▲
生死学               2月15日分

 『よく生き よく笑い よき死と出会う』というテーマの講演を聞き、そして終了後、講師の先生とお話をする機会がありました。 アルフォンス・デーケン先生です。 ご存知の方も多いと思いますが、上智大学名誉教授・哲学者・神父であり、死生学の第一人者です。
講演の冒頭「私は、先日50歳の誕生日を迎えました。と同時に77歳でもあります」という。来日してちょうど50年になるといい、日本に骨をうずめるつもりだとも。生まれは、ドイツで、ヨーロッパ・アメリカなど各地で勉学し、そして日本へ。

死の4つの側面
 デーテン氏は、「生と死を考える会」を全国各地に立ち上げる協力をし、市民自らが“死”ときちんと向き合って考えることを啓蒙してきた。「死への準備教育(death education)」として、時間をかけて“死”と向き合うと、実は“生”、つまり“生き方”が変わることを語ってこられた。
 私は、10年位前にシンポジウムでお会いして、講演を聞き、とても共感し勉強になった。私自身の考え方・生き方にも影響を受けたような気がします。
 さて、今回の講演の中で、私が新たに気づかされたのは、死の4つの側面という話でした。
①肉体的な死(biological death)
 肉体が、臓器が死ぬこと。一般的には、これを“死”といっている。確かに生命体としての肉体は衰えもするし、死滅する。しかし、それだけが“死”なのだろうか?
②心理的な死(psychological death)
 「あなたは、身体は生きていても、心は生きていますか?」という質問に、はっとする人はいませんか? 生きるということは肉体だけではなく、心が生きている状態が“生きる”ということなのだそうです。では、“心が生きている状態”とは? それは、自問自答してみましょう。
③社会的な死(social death)
 人間は、社会的な生き物。会社員・親・子・夫・妻・職業人・町内会役員・・・。社会の中でそれぞれの役割を担っている。デーケン氏は、こういう例で説明した特養ホームにある男性が入居した。はじめは子どもさんが頻繁に面会に来た。父・祖父としての役割を担っていたでしょう。ところが数ヶ月間も誰も面会に来なくなった。その役割がなくなったのかもしれない。これは一種の社会的な死ではないだろうかと。
 私は、社会の中での役割は変化するが、その人が自分らしく生きる姿が続けられなくってしまうことが社会的な死ではないかと思って聞いていました。
④文化的な死(cultural death)
 人はただ食事を食べ排泄して“生命”を保持することが生きることではないのではないか。生命の質・生活の質を意識し、文化的な生活をすることが、“人が生きるということ”の一つの要素。音楽や芸術を享受し、おいしいものを食べ、心地よい会話をし・・・。そういう面で荒んだ生き方になっていないだろうか。というかそういう面で死んだ自分になっていないだろうか。

人が生きることを支援するプロ
 死ぬまでの時間を、人が生きることを支援することを仕事としている看護師や介護職、医師などは、ターミナルケアでも、ホスピスケアでも、緩和ケアでも、実は日々の支援でも、上記の4つの死のことを念頭において支援しなければならないのだと思います。
 いうまでもなく、『よい死』は、『よい生』そのものということだと思います。

笑い・ユーモア
 デーケン氏のステキなところは、『笑いとユーモア』のある人生を! ということです。講演の中でも、笑いがあふれ、ユーモアたっぷりなのです。人生に笑いとユーモアがあると豊かになる。おおらかになる。一度著書などに触れてみてください。生きるうえで、何か大事なヒントを感じられるかもしれません。

 私は控え室でデーケン氏と、私が昔書いた本『家で死ぬのはわがままですか』のこと、(「あの本のタイトルは刺激的だったですよ・・・」)とか、墨田区の仲間たちと構想を練っている「緩和ケアグループホーム」? ガン末期の方が住む、病院・施設ではなく、自宅でもない第3の居場所(いっしょに住む)などについて語り合いました。変わらぬパワーに圧倒されました。

ガルーダ便り
 来週の「ガルーダ・サポーターズ準備委員会」に向けて準備中です。入会者は毎日のようにFAXが届いています。どこでどう知ってくださったのかありがたいです。さまざまな情報や支援策も届いています。早くホームページを作って皆様と共有できるようにしたいと準備中です。もう少しお待ちください。
 現在、急いで検討しなければならないと把握していることは、携帯電話とパソコンを彼ら(来日のインドネシア看護師・介護福祉士候補生)の手元に無料化か低額で届けられないかということです。いい知恵があれば情報提供をお願いいたします。


2009.02.17 Tue l 日々の出来事 l top ▲
44歳で看護短大入学! 遅すぎますか? 
 2月5日分

「和加子さん! 看護学校に合格したんです!」といううれしい知らせが届きました。1昨年に知り合ったステキな女性。仮に「うららさん」としましょう。
知り合ったときのうららさんの印象は、正直、決して明るくなく、物静かで、芯・心がしっかりしていて、ちょっととっつきにくいかなというような人。何回か会ううちに、そしていっしょに飲んでおしゃべりしているうちに、“おもしろい人”“熱心に突き進む人” “はじけたら、かわいい人” などという印象でした。そこで知ったのは、バツイチで離婚をしたことがあり、子どもさんはいないこと、法学部卒業の才媛であること、仕事をバリバリ前向きにやっているキャリアウーマンであること、40歳を過ぎていること、これからの自分の人生を自分なりに展開しようと模索していること・・・。

昨年春の会話

うららさん「和加子さん、私、もう43歳なんだけど、看護学校を受験しようかと思っているの。どう思う? 遅すぎる? 受験は大変だけど、社会人入学をめざそうかなって。卒業してから看護師として働ける期間はそう長くはないけれど、第4の人生の選択。50歳近くなって採用してくれるところあるかしら。うまく仕事していけるかしら?」
和加子  「ヘーイ! すごいじゃない! とてもいい挑戦だと思うよ。 働くところは50歳の新卒でも大丈夫よ。いくらでも紹介するよ。看護師っておもしろくて、いい仕事だよ。うららさんが看護師をめざそうとしてくれてうれしいわ。がんばろう! 学校の選択とか私にできることがあったらなんでもするよ。コネはそうね??? とにかく勉強して!」
それから、相談はなく、どうなったのかしらと気にはしつつ、(実はその後、超多忙と健忘症の私は全く忘れていたのです)時間が過ぎました。

夢は、彼と二人で『地域医療』を行うこと 
そのうららさんから、うれしい合格の知らせが届いたのが1月下旬。通学時間往復3時間の看護短大に合格! ついでにこんな話も。
「和加子さん、私、実は彼がいるの。その人は一回り以上年下の33歳の男性。サラリーマン。ところがね、私が受験勉強して夢を実現するように張り切っていたら、彼が刺激されたようなのよ。そしてなんと、来年医学部受験をすることになったのよ! 合格するかどうかわからないけれど、二人の夢はね、○○地域で、二人で地域医療をやっていこうということなのよ!」
「すごい!! いいわね! 黙々と勉強してたんだね。えらいなあ。若い彼もすごい! 拍手! 拍手!よ」
「そう。でも和加子さん、遅すぎない?」
「うららさん、全然遅くないよ! 何かに向かって挑戦し始めることに年齢は関係ない。遅すぎることはないよ。百歳になっても遅すぎない。医学や看護を学ぶには時間もお金も気力も体力も必要だけど、44歳でももちろんOKよ。うららさんの話を聞いて元気・勇気をもらって自分も何かに挑戦しようとする人がいると思うので、ブログに書いて紹介してもいい?」
「いいわよ!!」
 うららさんの顔が輝いているんです! はじめてあったときと別人のような印象なのです。とってもうれしい春先の便りでした。


ガルーダ便り
「ああ、あのガルーダの宮崎さん」とこの間、何人にいわれたことでしょう。(見知らぬ人からも) ありがたいことです? ちょっと恥ずかしいです・・・
この間、ガルーダ関連団体に協力したい・話を聞きたいという方にたくさん会わせていただいています。勉強になります。さまざまなアイデアを出してくださる方、日本の中での外国からの就学ビザでの留学生の志や実態を教えてくれる方、中国との間でいろいろとはじめた方、通信機器を無料で提供しようと申し出てくださる方・・・。ありがたいです。
「ガルーダ・サポーターズ」が今後どのように活動していくかは、準備委員のみなさんといっしょにこれから考えて作り上げていきます。3月上旬に準備委員会を開催することになりましたので、準備委員を担当してくださる方がいれば事務局までご一報ください。

おかげさまで、ボランテイアで会計を担当してくださる方の申し出があり、早速昨日会計の引継ぎをしました。ありがとうございました。

 入会申し込みをいただいているのに、まだ返事が出せないでいます。また、問い合わせのメールに返事を出し切れていない、お礼状が出せていないなど、事務手続きが遅れていて申し訳ありません。もう少しお待ちください。ご理解ください。
 ホームページ作り・・・。誰かボランテイアで格安で早く手伝ってくださる方いませんか・・・。


2009.02.06 Fri l 日々の出来事 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。