『ラヒホイタヤ』 そして、エストニア  11月25日分

 今はヘルシンキにいます。今朝は3時から起きてパソコンに向かっています。フィンランドにきて6日目です。現地からのレポート第一報です。
昨夜やっとメールが通じるヘルシンキの宿に帰ってきました。地方の小さな町を回り在宅ケアやラヒホイタヤ(日常生活支援士、介護福祉士?)の具体的な動きなどを見たり、同行訪問をしたり(夜間訪問看護介護にも同行)してきました。
また、金曜日の夜から豪華客船(Baltic Princess号)でエストニアへのクルージングに行ってきました。タッリンという15世紀の町並みそのままの町でみたこともないものをいろいろ見て食べて楽しんできました。

『ナッヒ・ホイタヤ』ではなく『ラヒホイタヤ』でした
 私が日本にいるときに勘違いをしたり、間違って認識していることがたくさんありました。そのことは、これからいろいろなところにきちんと書きますので、そこで見てください。特にここで修正しておくのは、自分の力だけでは日常生活を送ることができない人の支援をする新たな職種ができたことは前のブログに書きましたが、その名称です。『ナッヒ・ホイタヤ』ではなく『ラヒホイタヤ』でした。違った発音を耳で聞いて日本語に訳することは非常に難しいことで責任が大きいことです。まずは、例の日常生活支援士(太田貞司先生訳?)は、『ラヒホイタヤ』でした。
 『ホイタヤhoitaja』という言葉がたくさん出てきます。これは、ケアする人・支援者・helper・supporterという意味だそうです。その前につく言葉・職業がたくさんあるのです。
『サイラン・ホイタヤ』(病気の人のケア)・・・看護師
『ペルス・ホイタヤ』prackical nurse ・准看護師 この資格は今はなくなりました。
『コデイ・ホイタヤ』家でのケア      ・・・ホーム・ヘルパー 今はなくなりました。

『ラヒホイタヤ』とは
 では、私が深めようとしている『ラヒホイタヤ』という資格職は、どういう職業で、何を専門とするのだろうか。『ラヒ』とは、「身近な」という意味だそうです。つまり、「身近なことをやってくれるサポーター・身近な存在の支援者」というところでしょうか。
 それまで、フィンランドにあった10個の資格が統合して新たに出来上がった資格だそうです。発達途上の子どもの保育、知的障がい者、精神障がい者支援、認知症の人の支援、在宅生活を支える支援、歯科・口腔ケア専門家、リハビリ支援士、救命救急支援など・・・。
 その教育内容などは、また追ってお知らせします。どこの現場に行ってもラヒホイタヤが中心になって生活支援をしているのです。そのラヒホイタヤは、高齢者の現場でも保育園でも病院、障がい者施設、リハビリの場でもラヒホイタヤが活躍しています。
 その専門性は、いまひとつよくわからないのですが、そもそもこの資格ができた背景が、さまざまな背景・要因があったようなので、シンプルではないんです。
 とにかく、世界中でどの国にもない『ラヒホイタヤ』は、ある意味では世界中の実験であり、今後に指し示す何かを持っていると思います。

エストニア
 エストニアという国は、どこにあるのでしょうか? 地球儀・世界地図で探してみてください。ソ連が崩壊しロシアになり、そしてバルト3国が独立をしましたね。そのバルト3国の一つの国です。エストニア・ラトビア・リトアニアです。バルト海に面した人口約130万人、エソトニア語が公用語です。遠い国のことで全然わからなかったのですが、フィンランドとエストニアが実は、地理的にも国同士の関係性の上でもつながりが深いことがわかりました。
 知り合ったフィンランドの看護師は、エストニアに別荘を持っているといいます。「エストニアに行くなら、ぜひ、『VANA TALLINN』というアルコールを飲んでみて。40度のお酒だけれどおいしいから。絶対よ」といわれ、早速試飲しました。そうですね~、ヴォッカとも違うし、焼酎とも違うし、テキーラとも違うし・・・。小さいボトルをいくつか買いましたから、試飲したい方はメールください。
船には、たぶん千人を越える人が乗船し、催し物もたくさんありました。若者が酒を飲み徹夜で遊んでいました。
 エストニアのタッリンという町は、エソトニアの首都で、ハンザ同盟の町です。自主的に自分たちで運営をするというハンザ同盟という町はヨーロッパにいくつもできます。その中の一つで、城壁もありますが、それは王様を守るためではなく、自分たちの町を守るためのもの。15・16世紀の町並みがそのまま残っていて、そこで人々はいまでも暮らしています。
 タッリンの市庁舎前の広場では、出店?市?の屋台があって独特のものをたくさん売っていました。おもしろくてあれもこれもみんな欲しくなり、買いました。トナカイのジャーキー(ここではトナカイは身近な動物です)、杜松(ねず)の木の生活用品、暑いフェルトのトンガリ帽子、小さな琥珀でできたtreeの飾り物・・・。
 歩いて3分のところに大きな協会が2つある。ルーテル協会とロシア正教の協会。どうして全く違う宗派の協会ができて今も生活に根付いているか。歴史の複雑さと同時に現在の諸問題の象徴でもあるようです。どんな人たちがどんなことを考えて、大事にして生きているのか・・・。私にはまだ理解できない人々の生き方に触れ、想像し・・・。ワクワクする探検でした。

アパートメントに滞在
 今いるこの宿は、一般の人が住むアパートメント(1LDK)で、そこを5日間借りて滞在しています。近所にスーパーがあり、食材を買ってきて自炊しています。家具や調理器具がシンプルで機能的で惚れてしまいます。長い硬いキウリ、マンデリン(いわゆるみかん、モロッコかスペインからの輸入だとか)、高齢者の朝食は、五穀米のおかゆかなと思うような、お湯を注げばできるさまざまな穀物が混ざったおかゆ。
 こんな氷点下の国で浴槽に入る習慣がほとんどない。と、ふと考える、「日本人はなぜ入浴するのだろう?」と。エアコンもコタツもストーブもないのに、高齢者でも半袖で暮らしている・・・? 日本で当たり前だと思っている生活習慣は本当は? 
 原点に返って『生活』ということを考えるとても貴重な体験をさせてもらっている今です。
スポンサーサイト
2008.11.30 Sun l 日々の出来事 l top ▲
フィンランド  11月15日分

 ブログをみて様々な方からメールをいただいたり、連絡をいただいています。ありがとうございます! 励みです! また、別な方のメールに飛び火してもいるようです。そのうち紹介します。経済週刊誌『週刊東洋経済』に掲載され、その反応も多様にありました。おもしろいです!
 さて、きょうはフィンランドの話です。

フィンランドに行ってきます
 フィリピンやらインドネシアやらいろいろな国を訪問していることは皆様にお伝えしているつもりです。でも実は他の国にもいっているのです。それは私が世界中の国に行くことをとても楽しみに、とても大事に思っているからです。仕事でも、ライフワークでも、私生活でも機会があれば、というか機会を作ってお金がなくて借金してでも出かけています。
 今回は、遊びではありません。とても大事な使命と勝手に受け止めてフィンランドに出かます。

フィンランドはおもしろい国
 フィンランドのことは、最近日本国内で注目されています。それは、教育分野での話です。国際的な学力テストで、フィンランドが様々な分野で1位・2位という結果が出ているためです。それも日本のように全国の学力テスト中心にガンガンと教育をしているような国ではなく、全く学力テストをしない国のフィンランドが、実はとても総合的な教育力を持ったと評価され、最近では日本からの視察も多いそうです。
 そのフィンランドに、私は全く違った興味で勉強に行こうとしています。
フィンランドは、北欧の一つの国と位置づけられていますが、歴史的には様々な経緯をもっています。スウエーデンとロシアの中間に位置し、両方の国の領土化?されてきた歴史で、1917年ロシア革命以降初めて(レーニンが解放したといわれていますが)一つの国(フィンランド)と認められました。もともとはフィン族です。
 人口は500万人という小さな国です。私がフィンランドに行くといったら、ある学者が「ああ、北欧だから福祉が進んでいるのでしょう」と簡単にいいましたが、私はちょっとむっとしました。スウーデン・デンマーク・ノルウエイなど福祉が進んでいるとは言われますが、それぞれの国は独自に苦心しながら試行錯誤で独特なやり方で福祉に取り組んでいます。その方法、方向性はかなり違います。いっしょくたにすることは間違っているように思います。
 
私の目的 
 私は、スウーデンもデンマークも勉強をしに行きましたが、今回はフィンランドです。私なりの訪問目的は、以下のようです。
①『ナッヒ・ホヒタヤ』を詳しく知ること
 『ナッヒ・ホヒタラ』とは、どう訳せばいいか、まだ定まっていませんが、私が今のところ命名するとすれば、『日常生活支援士』という資格の専門職です。私は昔からの友人の太田貞司先生(神奈川県保健福祉大学教授・ケースワーカー)からこの存在を教えていただきました。
フィンランドでは1990年代後半に、ヘルパー・介護職・保母・准看護師などという名称の職業がなくなったそうです。その代わり、様々な病気や障害のために自分の力だけでは日常生活を送ることができない人、要するに日常生活支援が必要な人に支援する専門職を統合して、全く別なカリキュラムで「人が生きることを支援する専門職」2年間の育成が始まったとか。その後に専門(認知症・精神障害・知的障害・発達支援・・・)を学ぶとのこと。そのいきさつは単純ではなさそうですが、私が日々感じていて、日本の新たな方向性を指し示す何かのヒントがここにあると思うのです。
 ですから、それを学び、新たな何かを日本の中で提案していければいいなあと思っています。学んできます。
②『在宅ケア』全般 訪問看護はもちろんのこと、訪問介護、様々な在宅サービス、それに伴ってもちろん施設サービスも含めてどんな仕組みで行っているのかを学んできます。ちょっと文献をあさっていたら、どうも訪問看護と訪問介護がドッキングして違ったスタイルで在宅ケアを始めているらしいです。看護と介護がどう連携するかが世界的な課題です。
③『認知症の人の支援』全般 認知症という、身体介護とは違った対象群の方たちに、どういう視線で、どういう支援をしているのかを見てきたいと思っています。
④経管栄養で生きている人たちについて
 鼻から、あるいは胃に直接穴を開けて管を入れて栄養補給する胃ろうで生きている人たちが、どこでどんな生き方をしているのか、それをフィンランドの人たちはどう思っているのかをさぐってみたいと思っています。これからの日本の大問題です。

ちょっと遊べれば・・・
 期間が限られているので、どれだけ学べるかはわかりませんが頑張ってきます。言葉は、独特のフィンランド語です。
 ただ、土日の休暇には、ちょっと観光もしたいですねえ。本当はラップランドまで出かけてオーロラを見たいと思ってアプローチしたのですが、残念ながら季節が合わないようです。またの機会に。ヘルシンキの方といろいろと話していたら、「バルト海の対岸のエストニアもおもしろいんですよ!」と。では、行ってくるか・・・。
 経費はいつものごとく、自費です。どうぞ、雑誌・本などに書かせていただくか、あるいは講演に呼んでいただくか・・・。旅費だけでも・・・。見てきたこと、考えたことをみなさんに報告できればと思います。



2008.11.17 Mon l 日々の出来事 l top ▲
『あなたも地域看護のフロントランナー』  
11月5日分

 このタイトルの本が、本日11月10日出版になります。サブタイトル「挑み続ける保健師から」、オビが「こんなおもしろい保健師がいる!」という本です。著者は、望月弘子先生と私です。出版社は、日本看護協会出版会(1800円)。
ご縁があり望月弘子先生のご本を作るサポート役をさせていただきました。日本の保健師の第一人者であり、山梨県看護協会会長・日本看護協会副会長でいらっしゃった望月弘子先生です。知り合いになったいきさつなど詳しくは本の中でご覧いただければと思います。

目次は次のようです
第1章 道を拓く、制度を創る、人を動かす
 第1話  生きる力が蘇った結核患者
         ――自己解決能力引き出し支援
 第2話  「マザー&チャイルドセンター」を
――生き生き「共同助産所」の経験から
 第3話  母子保健活動は「人間づくり」のもと
         ――「愛育会」の活動
 第4話  みる力・創造力で開拓していこう
         ――地域・地区に徹底的にこだわった保健師教育
 第5話  あなた(保健師)が動けば、町・村は変わる!
         ――山梨県市町村派遣保健師制度創設
 第6話  訪問看護制度化への31年
         ――全国に先駆けての取り組みの挑戦
 第7話  保健師活動もエビデンスをベースに
         ――勤務時間内での研究活動を認めてもらうために
 第8話  看護大学開設のかげに
         ――力がなければ力のある人に頼み実現する
 第9話  看護の発展の鍵を握る看護協会活動
         ――横糸と縦糸から紡ぎ出されるパワー
 第10話 住民と共に築く豊かなまちづくり
         ――〝自分たちで〟の応援団を自負しよう
第2章 座談会 「本物」であることにこだわって
   望月弘子・村島幸代・新藤京子・岡利香・宮崎和加子(司会)

誰が読んでもわかりやすい本です ぜひに!
 日本に、看護師は約130万人います。その内訪問看護師は約3万人。保健師は約4万人です。病院・医療の中の看護師は130万人もいるのですが、それでも足りなくて病棟閉鎖をしている病院もあります。一方、家で暮らす要介護・要看護の方々を支える訪問看護師は3万人に満たず、これまた全国どこでも人手不足で住民の方の希望にそった活動がなかなかできず、疲労困憊している・・・。では、保健師は何をする仕事か? 現在どういう仕事をしているかということもおもしろいですが、本来保健師は何をする専門職なのかをぜひいっしょに考えましょう。
 この本は、そのことを描いている本です。保健師の活躍で日本の国民がどれだけ健康を維持できるか・・・。安心して自覚的に生きられるか・・・。
 看護職というのは、日本では、3つの職種です。保健師・助産師・看護師で、それが法制度化されたのが、60年前の昭和23年です。通称「保助看法」といっています。明治時代中期に誕生した日本の看護師(近代的看護)は約120年の歴史があります。しかし、第2次世界大戦終戦後、GHQ(進駐軍)の指導でまったく新しい看護教育が日本で始まります。その中で法制化された「保助看法」です。今年は、「保助看法」制定60周年記念で様々な催し物が行われています。この本も結果的にその一環となりました。

 私の考えでは、保健師も訪問看護師も、時に助産師も役割はほとんどいっしょです。病院や施設内ではなく、地域・自宅で生活する人々を支えていく仕事です。生まれる・病気をする・障害を持つ・老いる・死ぬ、よくいわれる『生老病死』のときに生活を基盤とした何かを支援をする専門職です。それぞれの歴史・誕生の経緯はあるのですが、足りない人数でも住民のみなさんに役立つように、頭をやわらかくして知恵を絞って取り組まなければと思います。
保健師さんだけではなく、訪問看護師、助産師いいえ全看護職に読んでいただきたい内容です。望月先生の長年の実践・取り組みを紹介しながら、それを過去の話ではなく、現代と結びつけて、看護職が何を基盤に考え実行していくべきかを描いたつもりです。いっしょにやらせていただいた私自身が一番勉強になりました。看護職以外の方もぜひ! 専門用語は少なく、どなたでもよみやすい、いい本です!
感想も聞かせてください。

『あなたも地域看護のフロントランナー』 ~挑み続ける保健師から~
  著者:望月弘子・宮崎和加子  発行:日本看護協会出版会 定価:1800円 

2008.11.10 Mon l 著書紹介 l top ▲