上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
昨今の金融危機  10月25日分

 朝晩しっかりとニュースを見て、よく新聞・雑誌を読んでいるこのごろです。アメリカのサブプライム問題を引き金に、今年9月リーマンブラザースの破綻→世界中が金融危機→経済危機に陥っている。世界中がどうなっているのか、日本がどうなるのか、かつて経験したことがない事態に陥っているこの歴史的な時期を生きている者として、なるべくきちんと見ておかなければという気持ちです。 こんな時期に浮ついたテーマをいっている場合ではないと気持ちは引き締まっています。
 
カンマ( , )、小数点(.)が人々の暮らしを左右 
 現在の地球上は、資本主義経済で成り立っているというか、資本主義経済が中心に動いている国が多い。実物の現金でないとどうもピンとこないような金銭感覚の私にとって、今の金融危機をどう理解するかは、かなり難しい。
 しかし、考えてみると、実物の紙幣ではなく紙面上かパソコンの画面上の000000がたくさんついたカンマ , の数字と、0.0●の小数点以下の数字が、人々の生活・生き方を直撃しているように見えてならない。為替が1円変わると、0000億円の儲け?損? 普通の市民がテレビカメラに向かっていう。「株価が数百円下がると数千万円財産が目減りする」と。
一人の人間が生きて一生を送るときに必要なのは、最低限、衣食住だ。ほどほどの衣服を纏い、腹八分目に新鮮で安全なものを食し、それなりの住居に暮らせばいい。一生涯、どれだけお金がかかるのか・・・。衣食住の現物とそれを獲得する手段のお金があればいい。
 ところが・・・・。現金でもなく、食べるものでもないカンマと小数点で格差が生じ広がり、それが人々の日々の生活を、あるいは人生を左右している。画面上のカンマと小数点のトリックに時には生死を右往左往させられる仕組みが、今の地球上の実際だ。なんか変ではないだろうか?

「国家」資本主義は、社会主義?
 カンマと小数点を扱い、それで成り立っている銀行が当然のごとく破綻しそうになる。それで、アメリカを始め多くのヨーロッパの国の政府が“兆”単位の融資を銀行にする。倒産すると国民生活に直結し、社会不安になる恐れがあるからだろう。銀行がどんどん合併して大きくなったかと思えば、今度は国家が銀行を買い取っている。自由主義経済の牙城であり市場の原理に任せて(放置して)、それでつぶれるところは仕方ない市場原理だといい続けきたアメリカが、政府が手を出さざるを得なくなってきた。
 国が民間企業のように銀行を操作していくということは、「国家」資本主義というのではないだろうか?! ということは理念上社会主義とどこが違うのだろうか? 大統領選挙で、マケイン陣営が、「アメリカを社会主義にするのか」という。
 徹底した自由主義経済の成れの果ての姿を演じるアメリカ・・・。社会保障は乏しく、医療や介護は悲惨な状況・・・。住宅だってご存知のとおり・・・。銃を持たなければ暮らせない社会世相・・・。決定的になった金融危機!! 実生活への影響・・・。 ここからどうなるのか?

想像できないほどの影響
 世界中のお金が集まったアイスランドでの今回の悲劇、そして暴動にも近い市民の動き。日本以外の国のレートが下がり・・・。資本主義の国に限らず、世界中が何かが起きる寸前のような殺気に息を呑んでいるよう。
 比較的影響が少ないとされている日本だが、実のところはどうなのだろう? たぶん、マスコミ報道では示されていない想像を絶するすさまじく大きな影響があるのだと思う。それがこれから表に出てくるのではないかと不安は尽きない。

身近なところでは、ユーロに換金?! 

 私自身の周囲では、その影響が如実に出てきてはいないようである。「○○銀行が危ないんだってよ。これから銀行が当てにならないから、貯金を下ろして現金をタンス貯金にするしかないかね」「外国に行く予定があるのなら、円高のうちに多めに換金しておいたほうがいいよ」などということを聞く程度だ。
 
ドサクサにまぎれて、消費税!? 
 昨日の麻生首相が自ら発表した新総合経済対策に基づいた第二次補正予算案は、どう考えても全く的を得ていないと思うのは私だけだろうか。根本的な対策がなく選挙向けの人気取りのバラマキ案。何より、この機に乗じて『3年後に消費税を上げる!』という! その理由が、医療や介護の社会保障のお金のためと・・・・。

社会保障は、実はさまざまな宝かも!
 どんな金融危機・経済危機が来ようが、日本のこの現状の中では医療や介護は、誰にとっても文句なしに必要で充実してほしいこと。誰もが一致できる内容である。そのことを中心に経済危機を乗り切る政策を打ち出す方法があるではないか。それが消費税値上げではなく別な方法があるのだと思う。モノを作り消費することでお金を廻していくのではなく、人にお金をかけてお金をまわしていくということ。
この時代だからこそ、社会保障を宝とした政策を! 

不正確な部分もあるのだが、こんなふうに思っているこの頃です。




スポンサーサイト
2008.10.31 Fri l 日々の出来事 l top ▲

インドネシアから知人が来日、日本で働くことに  
10月15日分

 新幹線の中やファミレスなどの人ごみの中で、パソコンに向かって仕事をすのが好きなんです。今もたくさんの仕事をかかえながら飛騨高山に向かっています。秋の地方の講演依頼はありがたく、便乗してひととき紅葉を楽しめることがあります。今回も足を伸ばして紅葉を楽しもうかと思っていたら、急に京都で人に会うことになり、とんぼ帰りとなってしまいそうです。急な用事とは、実はインドネシアから来日した看護師・介護職の受入れの件なのです。

インドネシア人のAさんとの出会い
 私が、7月にインドネシアに取材にいったいきさつや簡単な報告は、このブログでも紹介しましたが、他にも書いています。①来週の発売の『週刊東洋経済』、②新聞『シルバー新報』7回ほどの連載が始まります。ぜひご覧ください。
 実は、インドネシアでジャカルタとバリでの取材の合間の休日に、折角だからとジョグジャカルタに寄り世界遺産(ボロブドールなど)の観光をしたのです。その時にガイドをしてくれたAさん(インドネシア人、女性、42歳、岡山に3年間留学の経験あり、日本語堪能、子ども二人あり、妹さんが日本人と結婚して東京に住んでいる)に会ったのです。質素でさわやかな小柄な人です。看護師・介護職来日のことは知っていました。

インドネシア語で受け付ける『24時間コールセンター』 
 私は、様々取材するうちに、来日するインドネシアの若い看護職・介護職を守る団体(何か)を作らなければならないのではないかと、秘かに思い始めていました。日本語もよくわからない、習慣も違う日本に来て、孤独にもなり、あるいは悪い人にだまされるかもしれない。そんなときにSOSでき、彼らを守り解決に動く何かが必要なのではないかと思ったのです。誰がどんな形で作るかはわからないけれど、自主・自立の組織を作り私も中心的にそれをやっていこうという思いです。その構想の中で、インドネシア人の看護師たちからの24時間オンコールで、インドネシア語で受付をする相談窓口をぜひ作らなければと考えていました。しかし、誰がそれを担うか・・・。数人で交代して電話を受けるインドネシア語が堪能なボランテイアを探さなければと思っていました。

『私が日本に行きます!』
 そんな時、Aさんの妹さんが東京にいると聞き、ぜひ紹介してほしいとAさんにお願いしました。「いいですよ、明日の朝、連絡先をもってきます」と。
 ところが、翌日会ったときに、Aさんは、「妹の連絡先は教えません。その仕事を私がしたいです。私は、日本で子どもを育てながら暮らすことを願っています。私の履歴書はこれです。お役に立つことを何でもしますよ。仕事をさせてください」といって、さまざまな資格などが書いてある日本語の履歴書を持ってきたのです! 驚きました!   同行した日本人3人の私たちは、何とかAさんの就職口を探せるなら探そうと履歴書を受け取ってきたのでした。

『インドネシア人の通訳を雇いたい』
 縁とは不思議なものです。9月、ある会合ではじめてお会いした方(医療法人理事長)が、「実は、うちの病院でインドネシアの看護師(20歳代の男性2名)を受け入れることになったんだよ。しかし、いろいろ困っているんだよ」というのです。それで、早速その理事長の病院に伺いました。要するに、来年2月からインドネシアの看護師2名を受け入れるのだが、その住まいやもろもろの準備のために会って相談しようにも言葉が通じなくて困っているんだよ。それに受け入れ側として職員に多少でもインドネシア語がわかるように教育したいんだがね・・・」というのです。
 そこで、私はAさんのことを話したら、『その人をうちで雇用しよう。通訳やインドネシア語の教育やらちょうどいい。住処も給料もきちんと保障するし、その子どもさんの教育も何とかなるようにしよう』といってくれたのです!

雇用契約成立、Aさん日本へ
 雇用するといってくれたのは、栃木県野木町の医療法人友志会理事長・正岡太郎氏です。(受け入れる病院は、リハビリテーション花の舎病院) 正岡先生は、すばやく入国のさまざまな調査や手続きをしてくれました。その上、町の教育委員会と相談してくれました。そして中学1年生の娘さんの受入れについて、インドネシア語ができる教師を手配して、配慮した教育ができるようにしてくれるというのです。(ちなみに、栃木県の中学には、インドネシアの子どもは一人だけだそうで、二人目だとのこと)
 つい先日、Aさんが準備のために来日しました。私も久々に会ってみんなで食事をしました。Aさんはとても緊張しながらも「すごくうれしい! がんばります。今のところは心配なことはありません。決意してきます」と。来年2月には、子どもさん一人をつれて日本にやってくることが決まったとのことです。

インドネシア人の看護師・介護職の受入れる姿勢
 正岡先生は、「人手が足りないから受け入れるのではなく、国際協力だ。鎖国のような状態で国内だけを見て生きるのではなく、世界の中でできることをやりながら協力し合っていくことが大事な時代だ」というような内容のことを話してくださり、インドネシアの看護師にもぜひ国家試験が受かるように全力で協力するというのです。それに、受ける側の職員も少しでもインドネシア語を覚えて・・・。もっともっと交流し視野を広げ・・・と。それで持ち出しの経費がかかるのに、Aさんを雇ってくれるというのです。こういう姿勢がすばらしいし、とても大事なことだと思いました。
 それで、正岡先生と日本の受け入れ側の病院・施設のネットワークのようなものを作って独自の取り組みを始める必要性などを共有しました。そういう病院・施設の方、いかがでしょうか? 

 そのことで、急に京都で関係する方に相談することになったのです。
 人任せにしないで、何とかしなければならない。私もできることをやらなければと思っています。皆さんも何か情報があったら連絡ください。
2008.10.17 Fri l EPA、ガルーダ関連 l top ▲
90歳の準備      10月5日分

 一年前に知り合った90歳の男性の方に久々にお会いしました。人生の大先輩のX氏に、私は「90歳になったら、こういう準備をしてくださいね」とお話させていただきました。(お説教かな???) 実は、そのことは、90歳にならなくても52歳の私のような年齢でも、考えてそれなりに準備しておかなければならないことではないでしょうか。

身寄りがない一人暮らしのXさん
 Xさんは、2DKで1人暮らしをしている90歳の男性です。70歳まで現役で仕事をし続け、そこで引退。それ以降の20年は、趣味にお金も心も使い楽しんだといいます。
「これまでの90年の人生の中で、どの時期が一番おもしろかったですか?」
X氏「70歳以降の、引退してからが実に楽しく、いい思いをした人生でしたよ。趣味は絵や歌ですね。人生に悔いがないくらい楽しみましたよ」
 詳しい過去はわかりませんが、身寄りがないと本人はおっしゃっています。
最近、体調不良で痛みや苦痛があると聞き、お会いしたのですが、食事を食べることができずかなり痩せて寝込んでいらっしゃるようでした。
「痛むんですか? お医者さんにはかかっているんですか?」
X氏「そうなんですよ、痛くて横になっていると少し楽なんですけれどね。お医者さんは一時期かかっていていろいろ検査したんだけど原因がわからないといわれ、いただいた薬も全然効かないし、外来にいくのが大変でね。今はどのお医者さんにもかかっていない。こうして死ぬのをじっと待っているだけです」
「たいへん失礼なことでおせっかいかもしれませんが、いくつか教えてください。私は長い間、人生の最期を生きる方々のご支援をさせていただき、いろいろ心配なのです。90歳まで元気で生きてこられましたが、少なくても平均年齢を過ぎる年齢になれば、いろいろと覚悟と準備をしなければなりませんね。大きくは、2つの準備です。一つは、病気や寝たきりになることについて、もう一つは“死ぬこと”についてです。そういう準備はいかがですか?
X氏「心の準備・覚悟はできています。できれば、病院で死んでそのまま誰かが遺体を引き取り、灰にして、それを東京湾に捨ててほしいのです。そう願っています。ただ、身寄りもなく、それをやってくれる人が見つかっていません。だからなにも準備ができていないんです。宮崎さん、全部任せますのでやってくれませんか」
「会ったばかりで、素性も知れない私にそんなに簡単に全部任せるなどといわないほうがいいと思いますよ。そして、そんなに簡単に灰になったり東京湾に捨てたりなどということはできません。書類や印鑑などたくさん必要です。その前にそう簡単に入院して病院で死ぬということが実現できない時代ですよ。
ご自分の人生設計、後始末を、人任せにするのではなく、ご自分で行う責任があると思いますよ。そうでないと周囲がかなり迷惑すると思いますよ。準備していなく、その上お金もなく、遺体を焼却すらできないで困ったこともありましたよ。お手伝いはしますので、いっしょに考え、ご自分で決めてください」

人生の最期は、心がつながった3種類の相談役の人が必要
 私は、Xさんにぜひ3人(3種類)の相談できる人を求めたほうがいいと思いますと話しました。
①病気や身体不調などをいつでも相談できる人
医療関係者のほうがいいけれど、とにかく、痛い・苦しい・心配など、身体の不調のときに医者につないでくれる人。セカンドオピニオン(主治医を変更することも含めて相談できる人)
②財産・借金・自分の持ち物などの後始末を相談する人
  誰に・どこに頼むのか、その人に頼むということもあるが、どこに依頼するかを相談する人。弁護士、公証人、成年後見人、遺言など、多少お金がかかってもきちんとした形で公の立場でかかわってもらったほうがいい。
③残っている時間・人生をいっしょに楽しむ人
  趣味をいっしょに楽しむ、いっしょに食事をする、いっしょに花をめでる、ただ話をする・・・。お金や財産や体調に関係なく、人生をいっしょに楽しむ人。

 私は、①の相談役には、なれる可能性があるが、②は、誰か公的な人につなげることはできるけれど、引き受けることが難しい。③は自由にどうぞ! と。
 Xさんは、金銭的なことも含めてさまざま思案中です。痛みと衰弱が進行しているので、いつまでも待っていられない状況ではあります。

何でも人のせい、他人依存
 それにしても、Xさんのように、どう段取りすればいいのかわからないままに、そういうときがきてしまう人が多いのだろうと改めて思いました。しかし、それにしても、「死んだら、金・財産も借金もないから財産問題はない。遺体は灰にして撒いてくれ、家財道具やモノは誰か役所の人でも何とかしてくれるんだろう」と、確かめもせずに人頼み・人をあてにしている生き方はどうなのだろうか。
悪いのは制度のせい、政治のせい、上司のせい、家族のせい、親のせいと誰かのせいにして、自分自身の一人の人間としての責任を自覚しないで生きている・・・。脳は、受身ではなく、能動的に・主体的に生きることを求めているそうです。主体的にいきてこそ『人間らしい』のだそうです。
高齢になったらということではなく、自分自身の生き方・生きる姿勢を再度考え直してみなければと思いました。
2008.10.13 Mon l 日々の出来事 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。