上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
世界の介護事情      9月25日分

 9月27日(土)に、千住介護福祉専門学校主催の公開講座として、『私が見てきた世界の介護・看護』という内容で、私が講演させていただきました。
 1980年に、24歳の時にイギリス・スエーデン・ユーゴスラビラに借金をして視察に出かけたことをきっかけに、日本だけではない高齢社会の対応をそれぞれの国がどう考え、どうしているのか、そしてその真っ只中で中核になって支えていく介護職・看護職は現場でどのように実践しているのかを見てきたこと考えてきたことを多数の写真をもとに話をさせていただきました。
 このブログを見て参加してくださった方も多数いらっしゃいました。ご挨拶できなくゆっくりお話をすることができずに申し訳ありませんでした。それにしても、私としてはとてもうれしかったです! 本当にありがとうございました。

悶々としている私 
 準備が遅くなってぎりぎりに資料と写真のパワーポイントの準備をする私を大いに助けてくださったのは、いつもいつも困ったときに昼夜を問わず助けてくれる仲間です! 『またか・・・』と心の中ではあきれ、迷惑と思いつつも、何だか一緒になっておもしろがって準備してくださいました。この場を借りて“ありがとう! 頼りにしています! これからもよろしく!”
何とか2時間たっぷりと話をさせていただいた私なのですが、実は終わった後の後味が自分としてはよくなかったのです。時間メ一杯に話をしたせいか会場からの声を聞くことができなかったことも要因かもしれません。それは、私の時間配分はうまくなかったわけで申し訳ありませんでした。盛りだくさんすぎたのですね。
また、聞いてくださる方が、要介護で介護を受けながら暮らしている難聴の高齢者の方もいれば、市民団体の方、現場で苦心している介護職・看護職の方、マスコミの方、またそのことをよく研究している方、わたしといっしょに現場を作り上げてきた方々と多様で、誰を見て話せばいいのか、実は迷いながら話していたのです。結局は、『一番理解しにくいであろう要介護で介護を受けている難聴の高齢の方が理解できるように話そう』と自分では決めたのですが、そうすると1つを説明するのに、猛烈な時間がかかるのです。 ・・・いいわけですね・・
それにしても・・・。何か大事なことを伝えることができなかったような気がしてならなかったのです。終わった夜も夢の中にそのことがでてきて熟睡できず、悶々としてしまったのです。
そこで、私が昔学び獲得した『自分自身の心に内を外から静観する』(サイコサイバネーション)という独特の方法によって、心の内を整理・分析し、私なりにわかったのです。

今の世界の介護状況を伝えられなかった・・・ 
 1990年代の世界の在宅ケアの実際を、現場感覚で多数の事例を通してお伝えすることはそれなりにできたような気がするのですが、今の世界の介護・看護事情を伝えることができなかったのです。私が把握していることが正しいのかどうかは別として、私なりに把握している『現在の世界の介護事情』まで伝えることができなかったのです。これが反省の一番の理由です。それを補う発言をしてくださるはずだった、私の長年の指導者であり上司である増子忠道先生の発言の時間を確保することができなかったのです。申し訳ありませんでした。
 ですから、この場を借りて少しだけ(さわりだけ)、ここでお伝えさせていただきます。

地球規模で見た介護問題・介護労働市場問題 
 昨年・今年のフィリピン・インドネシア取材は、EPA(各国間経済協力協定)によって(介護問題ではなく、経済問題で)、東南アジアの人々が日本の看護・介護を担う一歩が始まったことについての相手国側から見た実情のレポートでした。それは想像以上の、というよりは、想像できない現実がありました。このことについてのレポートは、まだ足りないのですが、いくつかにこれから発信しますので、ご覧下さい。(既載「社会保険旬報」社会保険研究所、「りんくる」中央法規出版、これから「シルバー新報」連載、週刊誌「東洋経済」など)

 要するに、先進国といわれている国が、それなりの社会保障として高齢者の介護・支援を行う社会システムを作ってきたのですが、自国の看護・介護の専門職だけで担うことができず(看護・介護労働力不足で)、かなりの部分を外国人労働者に依存しているという実態です。
 たとえば、スエーデン。「外国人労働者、大いに歓迎です! 違う価値観が共存することが、国を豊かにします」。イギリスは先日厚生労働省の幹部がすこやか福祉会の認知症のグループホームに視察にいらっしゃいましたが、「認知症の人のケアについてはイギリスより日本のほうが進んでいます。イギリスの介護労働は他の国の人をあてにしています。たとえば、ケースワーカーでさえ半数以上が外国人です」。フランス・・・「家庭内の支援は、北西アフリカのモロッコなどの、もと植民地化していた国々の労働者に依存しています」。  ドイツ。「トルコなどの国からの移民問題がずっと続いている。それと介護問題が重なり合っている」
 いわゆる先進国は、高齢社会・介護問題でそれなりのシステムを作ってきたが、それを担う人・労働者・専門職がいなくて苦心しているのです。それを専門職としての介護労働者という位置づけではなく、差別的なニュアンスをもった位置づけでシステムに組み込んでいるように見えるのです。カナダ・オーストラリアだって、発展途上国といわれている国からの介護労働者を膨大な数を受け入れることにエネルギーを裂いています。
 つまり、受け入れたい側の国はそれなりの覚悟と実情から他国(どちらかというと経済的に貧困な国)からの介護労働力を期待し、それがないとその国の社会保障の実現をできない状況にあるようなのです。

「介護労働を提供する国」の実情 
 フィリピンは、自国では「社会的介護」の必要性を感じない国なのに、介護学校を1000校も持っている。理由は世界中に必要とされている「介護」を提供する国として。アメリカ・カナダ・オーストラリア・ヨーロッパ・サウジアラビア・イスラエル・台湾など世界中の多数の国の「介護」労働者を派遣している。豊かではない国の事情から外貨稼ぎ・出稼ぎによって家族を・生活・国を護ろうとしている。
 インドネシアは、フィリピンとちょっと事情が違う。英語を駆使できないという事情も加味されながら、独自の実情を持っている。日本への看護職・介護職の派遣は政府として始めて。本当にうまくいくのかどうか・・・。日本人の私たちは想像・推測できない実態がある。
 世界規模、地球規模でみた『格差』問題と介護問題が微妙に絡み合っている。どうしても、地味な『介護』を貧困な国の労働者が、先進国と言われる国の介護問題を担う役柄を担う構造が見える。そこには、「差別」や「人権意識」の遅れも見える。プロ(専門職)としての『介護』の力を発揮して、どこに住んでいても豊かに生きることを支援しようとする『介護』(私は、ちょっと違った視点で展開したいと思っているが)を実施したいと思うのに、単純にそうはいかない実情。
 インドネシアには、介護職は、今のところ必要なし。なのに世界の状況を見て派遣するという。移民局の話では、サウジアラビアやクウエートや台湾に実情に合わせて教育をして人を派遣すると。

世界の経済格差と介護問題が入り交じって 
 私は、なにが許せないかというと、同じ地球上に生きて暮らして人間同士が、人種や民族や緯度や種々の歴史上のことで、お互いに意識しないで差別している実態が悲しいんです。肌の色や生活習慣が違っていても、それぞれの地球環境の条件・制限の中で一生懸命生きている。別な国の社会保障の担い手になっている現実・・・。
 私の中では、解決できない悶々としたものが残るのです。経済協定とはいえ、インドネシア人の介護職・看護職を受け入れる日本人の意識はどうか。どうですか、みなさん。ご自分は? 他人事ではないですよ!
 
 今、地球上で起きている経済的格差問題と、多くは高齢者介護問題を抱える国々とが平等ではない人間同士の関係性を維持している・・・。
 こういう状況で本当に外国人(フィリピンやインドネシアの方々)をうけいれていいのだろうか。
 心配は尽きないのです。そういうことを会場に集まった皆様にお伝えしなければならにと思いつつ、そうできなかったことをお詫びしつつ、弁解のメッセージになってしまいました。

 もっときちんと展開したいところですが、きょうはここまで。

また、お付き合いくださいませ。
スポンサーサイト
2008.09.28 Sun l 看護、介護、医療関連 l top ▲
音楽教育について      9月15日分

 早乙女勝元さんといえば、「東京大空襲」についての第一人者の作家の方です。私が所属する医療法人健和会関連の友の会という市民の会の会長を長くなさってくださっています。私は個人的にも家族ぐるみでお付き合いさせていただいています。
6月末に、突然、奥様の早乙女直枝さんが急死されました。朝、普通にお出かけになった直枝さんが、出先で夜の会合で倒れてそのまま息が絶えた。心筋梗塞であっという間の死だったようです。68歳です。

偲ぶ会に出席して
 私は亡くなる一週間前に電話で元気にお話をしたのでした。「ええっ、・・・」と驚きでした。早乙女直枝さんは、長年音楽教師として活躍してこられた方です。
先日、直枝先生を偲ぶ会が開催されました。
 私は、直枝先生との交流はそれほど多くはなかったのですが、その会に出席していろいろと考えさせられることがありました。それは、正枝先生が、『音楽教育』と『平和運動』に人生をかけて生きてこられたということでした。
 私の周囲には、平和問題に熱心に取り組んでいる方は多数いらっしゃいますが、『音楽教育』に携わっている人は多くありません。小学校や中学校の音楽教育を担当している教師の方々が「音楽教育の会」を作り、自主的に交流・研究してきた会のようです。

『音楽教育』が人間に及ぼすこと
 そもそも「音楽」とは、「音を楽しむ」こと。一個の生き物として、「音」を楽しむことが音楽。私は、音痴で声も大きく出すことができず、うまく歌うこともできず、さまざまな音や楽器を聞き分ける耳も持たない、いわば「音楽音痴」。私がどうしてこうなったかを分析しても仕方がないのでやめるが、幼稚園・小学校・中学校時代の音楽の授業は関係ないのだろうか。人生の初期に「教育」として、音と人間について学ぶ機会を日本では週1~2回設けている。そのときにどんなふうに音楽と接するかの教育を受けるが、実はこれが大事なことなのではないでしょうか。
 つまり、学校の音楽の先生の役割が極めて大きいということです。
思い起こせば、私の中学時代の音楽の先生がやったことは、授業の最初は必ず目を瞑って「バッハ、ヘンデル、ハイドン、モーツアルト、ベートーベン、・・・」と音楽年表に載っている音楽家の名前を30人くらい暗記させられることでした。そして、毎回ベートーベンの「運命」のレコードを目を瞑ったまま鑑賞することです。それがどうなのかいまだにわかりません。

楽器で自己紹介
 私がおもしろい音楽教育だなあと思ったのは、息子が中学に入ったときのはじめの授業のときのことです。自己紹介が、何でもいいから楽器を使って1曲演奏するようにということだったのです。私の息子は、ピアノでビートルズの「ヘイ・ジュドー」を弾いたのですが、カスタネットの人もいれば、太鼓の人もいれば、小学生時代のリコーダーやハーモニカを弾く人もいれば、自分の体を楽器と見立て歌を歌う人も。ドラムをたたく人も。それぞれが親しんできた楽器をもう一度見直し、それを使って自己表現をする機会を作ったようでした。とても面白い企画だなあと思いました。

何歳からでも「音を楽しめる」
 高齢になっても、新たに音を楽しむことができる。歌・楽器をもとに踊ることもできる。人生を豊かに生きるのになくてはならないものの一つでしょう。その付き合い方・楽しみ方を、学校教育で触れる機会をどう作るか。
 直枝先生たちは、研究授業などを旺盛にやり、発想豊かに子どもたちに教育してきたのだそうです。
 現在の教育は、受験に関係のある国語・数学・英語・社会・・にばかり目が行き、音楽や絵・図画・工作、そして体育、ましてや保健(性教育や人間教育にとても大事)に重きを置かない傾向があります。競争社会を生き抜くには、受験科目に強くなければいけないかもしれませんが、自分自身の人生を豊かに生き、周囲の人と和を保ち大事にしあえる関係性で生きていくには、音楽・絵・スポーツ・健康など多様な力が実は大事なのではないでしょうか。

 全国一斉学力テストの結果公表や毎年行う必要があるかなどマスコミをにぎわせていますが、何か大事なことうを忘れてはいないのでしょうか。

  『無』から『有』は生まれない。小さくても子どもの教育の段階から、きらりと光る『有』を体に、頭に入るような教育であってほしいです。

 その音楽教育に生涯をかけてきた早乙女直枝先生の功績に心からの拍手をし、ご冥福をお祈りいたします。
2008.09.18 Thu l 日々の出来事 l top ▲
キーワード「住み替え」      9月5日分

 最近、私は「住み替え」ということを意識しています。私自身が住居を変えるということではなく、日本の国の方向性として「住み替え」がキーワードとなっているようなのです。いろいろなところでこの言葉を耳にし、気にしているのです。
 先日もある講演でその話を聞きました。

内閣府政策統括官の講演 
 先日、『明日の認知症ケアを考える全国フォーラム』という集会がありました。主催したのは、「関東甲信越グループホームなかまの会」という団体で、私が副会長をさせていただいていた「東京都グループホーム連絡会」(現在は、小規模多機能サービスもいっしょになった「東京都地域密着型サービス事業者連絡協議会」になりました)など、関東周辺のグループホームの団体が一緒になって企画したものです。全国から非常に多くの方が集まり、内容も豊かな集会でした。
 その中で、介護保険制度を作るとき、あるいは認知症対応グループホームを制度化するために奮闘された山崎史郎氏(前厚生労働省総務課長、現内閣府政策統括官)が、『グループホームに期待したこと、期待していること』という内容で講演しました。凄まじい忙しさのために睡眠時間をとることができないという状況の中でも、講演に駆けつけてくれたのは、認知症ケアのあり方についてグループホームの職員たちとラフに討論してきたからだと思います。

社会保障は「住まい」に始まり、「住まい」に終わる 
 山崎氏の講演の要旨はおおむね次のようでした。
◆ 社会保障制度の機能は、所得配分=格差是正
所得格差が大きな問題とはなっているが、実は、地域間格差の問題が最も深刻
10年前に比べて、かなり市町村の力がなくなっている
◆ 限界集落(人口500人未満)が、日本にはたくさんある
◆ 「介護保険」と「後期高齢者医療制度」の大きな違いは何か
→責任感・使命感  「後期高齢者医療制度」は広域連合。市町村は責任感や使命感を感じられない
◆ 社会保障は、「住まい」に始まり、「住まい」に終わるといわれている。
従来、あるいは諸外国では、社会保障としての住宅政策は、2つの方向性で、①住宅手当、②公営住宅建設・提供だ。日本は、「住まい」についての社会保障のあり方(住宅政策)は、公営住宅建設しかしてこなかった。ここに大きな問題点がある。
◆日本は、人口の大移動が始まるというか必要になるかもしれない
 日本で、「住まい」についての考え方やその実際に大転換期が来る。
 従来の持ち家に生涯住み続けるというライフサイクルではなくなる可能性がある。
◆ 日本は、人口↓ 家族機能↓ これから膨大となる高齢者の介護を誰がどのように支えるのか。一定の効率性や個人のプライバシーや自己実現の尊重を考えると、限界集落の自宅・在宅ケアなどは??? 「住み替え」「集合住宅」がキーワード。
◆ どうして商店街がシャッター通りになっているか。
郊外に大型スーパーができたからだとよくいわれるが、本当にそうだろうか。
ある商店街が、郊外に大型スーパーがあるのに、すごくにぎわって活性化したという。それは、商店街は、1階は店、2階が住居になっている。高齢になり商売ができなくなり、1階を閉めて2階で生活している実態があった。それで、商店街の人たちが、知恵を出し合い商店街の近くに大きくない集合住宅(ケアハウス)を作り、そこに移り住んで、店を若者たちに貸すことにした。そしたらユニークな店がたくさんできて客が集まるようになり、活性化に成功したという。
◆認知症グループホームは、『住まい』と『ケア・介護』の両面の保障。
 
人口大移動か・・・ 住み替え論か・・・
 私は、「なるほど・・・」とすごく考えさせられました。私が所属する福)すこやか福祉会で、私も高齢者住宅(要介護の方が入居するもの)作りを計画・実行してきました。高齢期に住処を変えるということは、実はかなり実行されているのかもしれない。介護・福祉部門だけではなく、まちづくり・経済面・地域活性化にも、「住み替え」がキーワードとなっているということを聞き、「人口の大移動」という視点で日本社会を考え直さなければならないのかと勉強になりました。本当にそういうことが求められ、国民が納得し、幸せにつながっていくのだろうか??? じっくり考えてみましょう!

グループホームについてもいろいろ話していましたが、私の中では「住み替え論」が印象に残りました。

テープレコーダーに録音したのではなく、私のメモなので、表現が一部違っているものがあるかもしれません。また十分に伝えきれていない。大筋だけ了承を。




2008.09.10 Wed l 看護、介護、医療関連 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。