上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
財務省の人と      8月25日分

 先日、財務省の知り合いの方に、12年ぶりにばったり会いました。それは、厚生労働省の某局長が7月で退官したのですが、次の門出を祝う会に出席した場でのことです。壇上であいさつをされた財務省の方をみて、どこかで見たことがあると思って思い出したら、それはなんと12年前にニューヨークでいっしょに食事をしたのでした。私のことなど忘れていると思ったのですが、あいさつにいったらちゃんと覚えていてくれていて、そのとき話した内容も覚えていて「また飲もう」などと立ち話をしました。

ニューヨークで
 それは、1996年の話です。私は、様々な国の在宅ケア・訪問看護の勉強に年1回程度企画し、いっていました。アメリカの話はよくも悪くもよく聞くので、一度きちんと視察しなければと、ニューヨーク州ロチェスター(コダックの本社があるところ)に1週間いったのです。日本の医師・看護師・教師など8人くらいのツアになりました(私がコンダクター)。すごく勉強になったツアです。そのとき受け入れてくれたシンクタンクの社長さんとはいまでも仲良しです。社長さんが、地域の保健・医療・福祉の様々な活動のツナギ役をしていて、人も内容も一番よく知っているのでした。
 それはさておき、アメリカに行く前にちょうど厚生労働省の知人に会ったので、「ニューヨークに行くんだけど、向こうで会ってきたほうがいい人いない?」と聞いたところ、「厚生省のA君が、ニューヨーク勤務になっているから、彼に頼んでおくからいっしょにまわってきたら。そうだ財務省のBさんも長期間いっているよ。日本ではなかなか会えない人だから会っておいでよ」といって二人を紹介してくれました。
Aさんとは、いっしょにアメリカの訪問看護に同行しました。そしてBさんと夕食をいっしょにするというセッテイングになったのです。Aさんもツアで同行した人も3人ほどいっしょです。
 
日本が誇れることは・・・
 高層ビルが連立するマンハッタンのどこかのレストランで会ったのですが、たくさんの話の中で、私が印象に残っているのは2つのことです。
 Bさんは、高層ビルの上を見ながら、「これらのビルの上にいる会社の社長たちはどれくらいの給料をもらっていると思う? 日本の普通の社長の2桁くらい多い額だぞ。この国に勝てることはあまりないよ。桁が違うし、アメリカから見ると日本などone of them(それほどでもない国の一つ)に過ぎない。しかし、日本がこの国に勝ることがある。それは社会保障・その仕組みだけだ。それほど多くないお金で国民全体の健康水準を上げ・乳児死亡率を下げ、それなりの福祉を実現している。アメリカは格差が激しすぎるし、国全体の社会保障はなっていない。金持ちにはいい国だ」というような内容のことを言ったように記憶しています。
 それから12年経った日本をどう評価しているのでしょうか。日本の実情もずいぶん変わりました。聞いてみたいものです。

大学5年制について 
 Bさんは続けてこういいました。
「僕は大学を4年制ではなく、一年間追加して5年制にしたらどうかと思っているんだよ。その1年間を福祉や介護の施設・現場に身をおいて、実際を見ながら考える時間とする。これから日本は高齢社会。頭で理解するのではなく、実際に見て世話してみて実感することが大事。その若者たちが経済の分野でも外交面でも、製造の分野でもどこでも役立ち、日本が豊かになるような気がするんだけど・・・。宮崎さん、どう思う? 現場は実習を1年間受けてくれるかね?」
私「それは、とても興味深い話ですね。現場は短期間の実習は非常に煩雑でたいへんですが、長期にいてくれると“手”になりますよ。ドイツでは、徴兵逃れ(徴兵制があり1年間の服役の義務があるが、それを逃れるためには、福祉の現場で1年半働けばよい)の若い人が福祉の現場にたくさんいました。耳に穴がたくさんあいているようなロングヘアの男性たちが、結構溶け込んで役割を果たしていましたよ。一考の余地があると思います」
Bさん「そうだろう。その1年間のお金を誰が負担するかだよ。ドイツは徴兵制だから国が負担しているんだろうな。日本は親が負担するかね・・・。そもそも、どの省庁が言い出すのがいいかね・・・」
などという会話をしたのでした。
 その後、日本では大学5年制の話は出てこないので、そのままになったのでしょう。財務省の大幹部になられたBさんが、その後どう考えているか聞いてみたいものです。


スポンサーサイト
2008.08.28 Thu l 日々の出来事 l top ▲
山登り      8月15日分

 “ブログを書かなければ”と、気持ちはあせっているのに中々パソコンに向かわず、オリンピックを見てしまう毎日です。オリンピックは感動の場面がいくつもありますね。どきどきしながら自分のことのように見入ってしまいます。みなさんいかがですか?

白馬岳の雪渓登り
 一昨日、白馬岳の雪渓付近で事故があり何人か亡くなられました。気候の変動も影響してあういう事故になったのでしょうか。亡くなられた方のご冥福をお祈りします。
私は、あの白馬岳の雪渓には忘れられない思い出があります。それは、私が始めて山に登ったのが白馬岳、それも雪渓を登るコースだったからです。
私が山登りを始めたのは、21歳の時で、看護師として柳原病院に就職したときに若い仲間(栄養士・レントゲン技師・検査技師など)が誘ってくれたのです。私は自分が山に登れるものなのかどうかわからなくて自信がなかったのですが、「大丈夫よ、なんとかなるよ」というみんなの励ましで登ることにしたのはいいのですが、それがいきなり「白馬岳(2,933m)」なのです。頑張って登りましたが、体力にそれほど自信のない私は、あの雪渓の最後のほうでつらくてつらくて、登るのを止めたいと思いました。「どうして登ったのだろう」「どうして自分はこうも安直に挑戦してしまうのだろうか」「でも、みんなに悪いから歩けないといえない」「・・・」と思いつつ、ゆっくりですが登り続けたのです。上を見ないで、足元だけを見て、10歩ずつを目途に・・・。そしたら、頂上に着いたんです! 感激でした! 忘れられない感動! 結婚前に、谷川岳などいくつか登りました。

恒例になった夏山登山
 25歳で結婚、26歳から子どもを3人産んで育児の期間は山は忘れていました。でも、たまたま夫が山登りが好きな人だったこともあり、子育てが一段落した1996年から家族での山登りが始まりました。またいきなり北アルプスからです。
 それ以降毎年夏山に登り続け、時には、春には芽吹きの山、秋には紅葉と楽しんできました。再度家族で登った白馬岳では、幻想的なブロッケン現象を見ることができ、また木曽駒ヶ岳での空全体の素晴らしい朝焼けとご来光、雨の中の登りの後の紺碧の空のもと穂高、魅惑的な北海道の雌阿寒岳・・・。登山後の温泉も楽しみの一つです。
 途中から、深田久弥の百名山を意識し、わが家の壁には百名山が書いてある大きなのれんが貼ってあり、登った山にはその山のバッヂをつけていくことが楽しみになりました。現在38個のバッヂがついています。

今年も挑戦
 一昨年の夏に、北アルプスの槍ヶ岳(3,180m)に登りました。家族・友人など5人で2泊3日で子どもたちに荷物を背負ってもらいながらの登頂だったのですが、感動的な登山でした! 天気は最高! 山は最高! 体調OK! 長い間山登りをしてきましたが、「もう山には登らなくてもいい」というほど満足し登り収めと思いました。
 なのに、今年も山に挑戦してしまいました。「西のほうも山には登ったことがないので、今年は西」と考え、九州の山です。それも欲張って2つの山。開聞岳と霧島山です。どちらもそう高くはないのですが、なかなかきつかったです。特に、開聞岳。年齢も関係するのでしょう、体力維持のための何かを継続しないとあっという間に体力が落ちていくことを実感します。階段を登っても息切れがするなどと常日頃冗談交じりに言っているのに、まだ山に登れるかしらと心配はありましたが、だめになったらそこから引き返せばいいんだからと登りました。
 開聞岳は、薩摩半島最南端のきれいな円錐形の山。北海道の利尻岳もそうですが、海からそのまま直接三角形の山になるのです。素晴らしい山で、登ってみたい!と思ってしまいます。922mの山で2合目から頂上まで標高差800mを登る。雑木林のムンムンする中を登る。頂上は見えない。時々の眺望の真下は海。雲がかかっていて種子島・屋久島は見えませんでした。
 眺望のよい高山歩きは涼しいし、岩と真っ青の空と榛松の緑と高山植物でワクワクしながらの登山。しかし、今回の山は暑いし・・・。「もう止めようか。引き返そうか」とつい言葉が出てしまいました。
「どうして山に登るのだろうね。何のために? 誰のためにもならないのに・・・。すぐ降りてくるのに・・・」こんな会話をしながら。

どうして登るのだろう どうして挑戦するのだろう
 この問いは、ずっと続いています。この問いは、オリンピックを見ていても同じです。本の原稿を書いていても同じです。

 途中であきらめずに、開聞岳に登りきりました! 山頂に着いたときの気持ちは登ったものにしかわからないものでしょう。説明できません! 何ともいえない気持ちです! 
登り3時間、降り2時間、途中休憩を含め、往復6時間の今年の山登りでした。
 

2008.08.21 Thu l 日々の出来事 l top ▲
千住介護福祉専門学校の『公開講座』      8月5日分

 先日、千住介護福祉学校主催で公開講座が催されました。千住介護福祉学校は、私が属する健和会やすこやか福祉会など同じような志(地域住民の立場に立った保健・医療・福祉を実践していこう)を持つ医療法人・社会福祉法人・株式会社などのグループが主体的に学校法人を作り介護職養成学校を開校したものです。介護職希望者の大幅な減少で、「閉校が相次ぐ中で、運営が難しいこの時期にどうして開校するのか」といわれながら開校したものです。答えは、「こういう時期だからこそ、本物のプロの介護職養成を!」です。たくさんの方々の寄付で開校できました。ありがとうございました。

今年度3回開催の市民向け『公開講座』
 さて、一般市民・高校生・他の介護学校学生向けの『公開講座』を、今年度3回行われる予定で、第1回目を、国立人口問題・社会保障研究所所長の京極高宣先生に『介護職のゆくえ・・・介護福祉士制度に直接かかわった本人に聞く』という企画でした。1987年の「社会福祉士法・介護福祉士法」制定前の実際の生の話や今後の介護福祉士の資格や待遇アップについての見通しなどを1時間の講演でお聞きしました。その後、校長である増子忠道先生と私、宮崎和加子が加わって鼎談をしました。またその後の会場の皆さんとの討論でも活発でした。
・ 「介護福祉士」という国家資格ができたのは、ある意味では偶然。斉藤十朗氏が大臣のときに、諸事情があって「社会福祉士」と「介護福祉士」が法制化された。最初は2つの団体が反対したが、それはOKになった。
・ 国会で介護職の待遇に関する法律が可決され、その対策が講じられている。
・ 現在の介護職をめぐる状況は、いわば、『一時的な北風、というよりは雪の時代』。必ず暖かい日差しが射す。その方向に向いてきた。ただし、静観してもそうならない。闘わないと。
などという講演があり、その後はたくさんの質問・意見・要望でした。
・専門職としての介護福祉士を法制化したのに、どうして介護保険スタート時の介護報酬の単価(介護職の人件費)を非常に低く設定したのか
・国家試験が義務付けられるが、そうなると介護福祉士という資格の人への評価(給料を上げる)はどうなるか。
・ 来年の介護報酬改定で本当に介護職の給料がアップする方向になるのか
・ 学生の方からは、テレビを見ていたらインドネシアの介護職の話が出てきたが、そこでは介護は家族が行うのが当たり前だというけれど、本当は、介護は家族が行うのがよいのか、介護職が行うのがよいのでしょうか。
など、あっという間に時間が過ぎました。書ききれません。おもしろかったです。

次回は、私、宮崎和加子の『私が見てきた世界の介護・看護』 
 私が一番初めに日本以外の国の看護介護の視察に行ったのは、1980年(24歳)の時で、イギリス・スウエーデン・ユーゴスラビアでした。その後、1993年以降、さまざまな国に行きました。(もちろん、自分のお金で)ヨーロッパ・アメリカ・オーストラリア・アジア諸国など全部で10カ国くらいでしょうか。各国の医療福祉システムを勉強し、そして実際の現場で看護師やヘルパーに同行してその仕事ぶりを見学させていただき、その後討論するということを行ってきました。
 そのことを通して、私なりの「看護」と「介護」、「看護職」と「介護職」の関係についての考えがあります。また、新たな提案もあります。
 そんなことを、たくさんの現場のスライドをご覧いただきながらいっしょに討論できればと思います。どうぞおいでください。

日時:2008年9月27日(土)14:00~
場所:千住介護福祉専門学校 足立区千住仲町14-4 tel 0120-114-294
  詳しくはホームページ 千住介護福祉専門学校 を。


2008.08.07 Thu l イベント情報 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。