上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
在日フィリピン人介護士協会      7月25日分

 インドネシアやフィリピンとのご縁が多いこのごろです。つい先日は、在日フィリピン人介護士協会(LFCAJ・・・Licensed Filipino Caregivers Association in Japan)の発足2周年の集いに参加させていただきました。そういう会があることを知ったのは今年の2月ころです。

170人の会員
 関東周辺で働く在日フィリピン人介護職(ヘルパー2級などの資格を持った人々)が170名ほど会員となっている会です。日本人の男性と結婚し日本語も上手で介護職として活躍している方々です。
私は、外国人介護職・看護職の就労問題の講師を頼まれたときには、なるべくこの会の方にも来ていただいて挨拶や実情などを話してもらうようにしようとしています。どういう人なのかを実際に会っていただいて知り合うことがとても大事だと思うからです。

日本の人のための介護をしたい 介護福祉士の資格ととりたい 
 ご本人たちの何人かの挨拶は、心に響く言葉でした。それほど上手ではない日本語ですが、『日本の人の介護を一生懸命行います。任せてください』『勉強して介護福祉士の資格をとりたいです』『EPAでフィリピンから早く介護職が来て日本でいっしょに働けるようになることを望んでいます』  
自信を持って「日本人が、要介護になっても心地よく暮らせるように、明るく頑張ります」といわれると、なんだかほっとするような気持ちになりました。“たいへん、たいへん”という現場の声をきくことが多く、こういう言葉を久々に聞いて、正直、頼もしいという印象でした。

支える人がたくさんいる 
 この会には、この方々を支えるマスコミ・諸団体のたくさんの人が参加していました。フィリピン大使館の方々も出席していました。英語と日本語が入り乱れた会話です。
 この会に参加して、つい先日訪問したインドネシアのことを思い浮かべました。フィリピンの方を支える基盤が一定程度あるが、インドネシアの看護師・介護職がもうすぐ来日するけれど誰がどうやって支えるのだろう?と心配になったのです。
 新聞報道によると、諸学国から日本に在留している人は全体で約215万人。1位中国(60万人)、2位韓国・朝鮮(59万人)、3位ブラジル(31万人)、4位フィリピン(20万人)、5位ペルー(6万人)・・・9位インドネシア(2万人)。日本と縁があるインドネシア人はフィリピンの10分の1です。また片言でも英語でのコミュニケーションができないことも心配の1つです。
 来日するインドネシアの看護師・介護職を支える何かを作らなければならないのではないかと思っているところです。

 新たな人の輪に触れて知り合いが増え、また勉強になったのですが、どうしても抵抗感があるのが、『ケアギバー caregiver』という名称・訳語です。このことはまたいつか論議しましょう。

スポンサーサイト
2008.07.29 Tue l EPA、ガルーダ関連 l top ▲
インドネシアに行ってきました       7月15日分

 インドネシアから帰ってきてボーっとしていてあっという間に時間が過ぎてしまいました。
 インドネシアに全く知り合いがいなかったのですが、皆様のおかげさまで紹介していただき、とても有意義なインドネシア視察・取材旅行ができました。

10ヶ所・40名+αの方に会ってきました
 たった1週間だったのですが、めいっぱいのスケジュールでした。視察メンバーは合計3名。日本介護福祉士会の役員の方と東京介護福祉労働組合の役員の方です。日本で仕事をしているインドネシア人の医師の方々の紹介や(社団法人)国際看護交流協会の方々には大変お世話になりました。
 10ヶ所以上(正式にあったのは40数名で、その他に授業中の学生さんたちに多数)に訪問し、お話を聞くことができました。インドネシア政府の保健省看護課(日本で言えば、厚生労働省看護課)、労働派遣庁国際局、看護短大(国立と私立)、労働組合の大元締め、老人ホーム、台湾向けに介護職を派遣するために訓練している民間学校、病院(2ヶ所)、クリニック、経済界の方、一般人などです。急な申し出にもかかわらず要職の方々が快く会って率直な実情と意見を話してくださいました。
 とにかく、すごく勉強になりました! インドネシアから8月上旬にたぶん約300名の看護師と介護職が来日して日本語の勉強が始まる状況なのに、インドネシアについての情報がとても少ないのです。国について人についても知っていることは少なく、看護・介護をめぐる状況などほとんど知らないのです。少しでも知って、広げていっしょに考えていきたいと思ったのです。

フィリピンとかなり違う(様々な面で)
 昨年11月にフィリピンにいき、今回は、インドネシアに行ってみてわかったことは、『フィリピン』と『インドネシア』の事情はかなり違っていて、同一視してはいけないということです。
 もちろん、国も人々の生活も違いますが、大きく違うのは、①『介護』に対する認識など実情、②国外で働くことに対する意識とその実態、③国民・諸機関の周知度です。『介護』の概念すらない、というかその必要性がない国、名称(職業名も)言葉すらない実情です。ですから質問として「介護って何をするんですか」が圧倒的に多いのです。その国から「介護職」が来るのです。また、現場の看護師や看護学校などがほとんど情報を知らないのです! どうやって今回、1ヶ月も準備期間もない短期間に300名も集まったか・・・?!  詳しいことは、別途報告書?レポートを様々な雑誌などに掲載するか、様々な集まりで報告させていただきます。

『看護師』と『介護福祉士』の問題は、かなり違う  また・・・ 
 私は、フィリピンの時から思っていましたが、今回インドネシアに行ってはっきりと認識しました。『看護師』の問題と『介護福祉士』の問題は、本質的に違うのではないかということです。違った対策が必要だと思うのです。今後このことが様々な問題となるでしょう。
 来日できる『看護師』候補者は、3年以上の看護の教育を受けて看護師の資格を持った人で、2年以上の現場での経験がある人です。また、介護職候補者として来日できる条件は2つで、①3年以上の教育を受けた看護師資格を持っている人、②大学(一般・法学部でも・経済学部でも)卒業し、両国が協議して決める715時間の介護・日本語の研修を受講した人です。
その結果、今回来日する『介護職』候補者は、全員が看護師の資格を持っている人です。まだ国としての『介護』の研修を行っていないので、①の条件の学校を卒業し、看護師の経験が2年未満、あるいは卒直後の看護師なのです。
このことが、今後どのように両国に影響するかは大きな課題です。

純朴でかわいいインドネシアの看護学生 
 今回来日するかもしれない方には、会うことはできなかったのですが、「○○病院では10名が来日を希望したそうだよ」「この地域からは4名いくそうだよ」などといううわさは聞きました。また、これから来る可能性がある看護の学生にたくさん会いました。「ヘエイ、そういう制度ができたんだ・・・!」「日本にいって働いてみたい人、手を上げてください」・・・ほとんど手が上がる・・・  
 寮の部屋を見せてもらったり、他愛のないおしゃべりをしましたが、反応が機敏でキラキラと目の輝きが、冗談が通じるかわいい人たちでした。
「いっしょに写真に写ってくださいませんか」というと、はにかみながらも喜んでガッツポーズで応じてくれます。純朴で本当にかわいいんです。


 今回は、募集したのは200名の看護師と300名の介護職候補者です。日本で受け入れを希望した病院・施設は、予定人員を上回る数でした。(病院55ヵ所、施設107ヶ所) しかし、来日を希望したインドネシアの方は、看護師として174名、介護職として131名でした。現在、マッチングをしているそうでうまく合えば、病院・施設側と個人が個別に雇用契約をします。うまく合わない方もいて全員が日本にこられないかもしれません。とにかく8月上旬に来日し、全国数ヶ所に分かれて日本語や日本の生活習慣などの勉強をして、その後全国の病院・施設に行くことになります。見守りながら、考えましょう!

 様々に刺激的なインドネシアでした。

2008.07.21 Mon l EPA、ガルーダ関連 l top ▲
介護関連集会       7月5日分

 このごろ、介護職の確保についての集会が多数開催されています。たとえば老人保健施設関連主催で、日比谷野外音楽堂で全国から3000人が集まり、国会議員が多数参加した集会。また東京都社会福祉協議会が企画しての1200人の集会。「高齢社会をよくする女性の会」が、介護職の給与を一律3万アップするようにという署名を短期間に10数万筆集めて、集会ももち、国会に働きかけ、そのことも大きな力になって法律ができました。介護の受け手側の大きな動きとともに、介護職、あるいは介護関連の事業者も社会・国会に向けて声をあげています。
 そして、国会で「介護従事者等の人材確保のための介護従事者等の処遇改善に関する法律」が平成20年5月28日に採択されました。

第5回全都ヘルパー集会に参加 
 そんな中で、先日、東京都内を中心にしたヘルパー集会が開かれ会場いっぱいの参加者で活発な論議がされました。私は、そのシンポジウムのコーデネーターとしての参加でした。
 都内のヘルパー(特に在宅、訪問介護)の過酷といえる実態が報告され、『許すな!介護崩壊 介護に夢と誇りを』と、労働環境の改善は当然としながらも、専門職としてのやりがいを持てるようにどうすればいいか、などについて意見が出された。
シンポジストとして、厚生労働省の担当官が現場の意見をしっかりと受け止めるとして参加し、その法律の具体化についての厚生労働省の考えを示しました。また、東京の訪問介護の事業所の実態を詳細に報告され、さらにホームヘルパー全国連絡会の方からは全国的な動きも含めて、胸が痛む報告がなされました。
 
ヘルパーの報酬は絶対に上げなければならない、しかし・・・
 たっぷりと討論の時間をとったところ、10数人の方からの質問意見用紙が届き、それについて討論しました。主には、来年4月の介護報酬改定についての意見、生活援助の報酬の引き上げ、サービス提供責任者や介護福祉士の評価、直行直帰について、特定事業所の具体的な問題点と解決策案・・・。活発でした。どこをどう報酬を引き上げるのかはこの秋からの検討だそうですが、このままでは介護保険はつぶれます。介護職不足のために。
 しかし、社会保障費の縮小という大前提がある以上、もし介護職の給料を引き上げようとすると、どれかのサービスが引き下がることになります。また、介護報酬改定で訪問介護など上がるような状況になると、そのことが利用者の利用料のアップ、あるいは国民の保険料アップになってしまうという構造なのです。そのことそのものが、現在の日本の状況では大問題です。
 ヘルパー・介護職の報酬・給料は絶対に上げなければならない。しかし、その分の経済的な負担をどこがするのか・・・。このことの議論、さらにアイデアが必要!
毎日のようにマスコミでも様々に報じられています。誰もが介護不安があります。絶対に質の高い介護職が必要なのです。しかしこのままでは・・・。

 法律の内容についてや、さらに財源論についても議論したいところですが、又の機会に。これから、秋にむけて次の介護報酬改定の山場です。もっともっと大々的にあちこちで集会も開き、介護を行う側も受ける側も考え声を上げましょう! 

2008.07.08 Tue l 看護、介護、医療関連 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。