上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
何を『食』する?         4月25日分

 先日、トマトを6個いただきました。トマトをあまり好まない我家の家族、そして今月はじめに同居家族が一人減り、夫婦2人暮らしになって、“このトマトを6個も食べられないだろうなあ。捨てるのはもったいないなあ。どうしようかなあ”と思っていました。ところが、このトマトがあっという間になくなったのです! どうしてか? すご~くおいしかったのです! マヨネーズもドレッシングも何もつけず(サラダは我家はいつもそうです。時にオリーブオイルと独特の塩だけ)に! 
 トマトをみると、思い出すことがあります。

『食べる』とは、生きる力をいただくこと
 友人のAさんが40歳くらいで、脱サラし、田舎に土地を買い、自分と大工さんで手作りの家を建て、鶏を飼い、周囲の荒地に作物を作り始めたのです。最初の何年かは、ほとんど作物が獲れませんでした。
「家の中に、天井からぶら下がったブランコがある」「2階に上がるのに階段がなく、ロープ登りをしないと上がれない。それができない人は2階に上がれない」など、変わった家だからみんなで遊びに行こうと、Aさん家に友人たちが子どもたちを連れて遊びにいきました。子どもたちは不思議な家に感動です!
遊んだ後、「さあ、おやつだよ」と出てきたのが、トマトなのです。ちいさく不恰好なトマトでお世辞にも立派ではありませんでした。子どもたちがいっせいに「いただきます!」。 そしてみんな、顔を見合わせて「おもしろい味だね。これ本当にトマト。ちょっと青臭い?」などとおしゃべりしながら食べているのです。私もいただきました。それが、表現が難しい味だったのです。決して甘くない・・・。
Aさんが、子どもたちにこういいました。
「みんな、このトマトの何を食べてると思う? カロリーか? 栄養か? 違うんだよ。 スーパーで売っているトマトとこのトマトは何が違う? スーパーで売っているのは、温室の中で栄養を与えられ、見かけよく作られるんだ。でもこのトマトは、荒れたここの土の中から芽を出し、たいした栄養も与えられずに、条件が悪い中でも一生懸命生きよう・大きくなろうとたくましく自分の力で大きくなったものなんだ。太陽の光を直接浴びて、虫に食われながらも。
俺たち人間は、この一生懸命生きようとする力をいただくんだよ。その力を食べさせていただくんだよ。見かけやカロリーではないんだよ。生かされて受身の育ち方の食材ではダメなんだよ。自分の力でたくましく生きる・育つ力。だから俺たちも元気にたくましくなるんじゃないかな。
高い山に登ると、何も生えていない岩山の陰の方に、小さな高山植物がへばりつきながら花をつけているよ。生き物にはどんなに悪条件のところでも生きようとする力があるし、その力が強いものは美しいんだよ」

いい話だなあ。私も全く同感。私はそれ以降、食材を見ると「生きる力がどれだけあるかな」と気にしてしまうようになりました。そういう目で見ると山菜はすごい!

『食』は、カロリーではなく、生命体数で
 変わった友人ばかり登場。居酒屋でおさしみの盛り合わせや大根とちりめんじゃこのサラダ、から揚げなどをつまみに飲んでいたら、その中の一人の友人が話し始めた。

「このマグロのさしみの1切と、このちりめんじゃこ(手のひらいっぱい)では、何が同じで何が違うと思う?」
「カロリーは同じくらいだろうな。栄養価はどちらもたんぱく質だな。ミネラルはじゃこの方が多いんじゃないかな。味もおいしさもずいぶん違うよ」
「あのね。だから、ダメなんだよ。僕は現代の栄養学は間違っているんじゃないかと思っているんだよ。ダイエットでカロリー制限しても痩せないだろう。熱量・カロリー中心の考え方ではダメなんだよ。 
このマグロとじゃこはカロリーは似たようなものかもしれない。しかし、生命体の数を考えてごらん。マグロは1匹でたとえば500kg。500kgで一つの生命体だ。1切は100gもないけど、仮にそうすると、5000分の1の生命体でしかない。ちりめんじゃこは、100gだとたとえば100匹とすれば、100の生命体ということだ。同じカロリーでも生命体の数がこれだけ違う。
一つの生命体は、いくら小さくても一つの命が生きていくいために必要な要素を全部備えている。その食材の一部を食するのではなく、魚ならなら頭から尾まで、野菜なら根っこも皮も茎ももちろん葉っぱも、生命体丸ごと食べること、そしてそれを1日どれだけの生命体数を食するが実は大切なのではないかと思っている。
この考えをもとにした食生活に切り替えて、体質が変わった人やもちろん痩せた人、おもしろいのは、太陽とともに目が覚めるようになったとか、いろいろあるんだよ」

 この考えにも私は全く同感!!
殺虫剤入り餃子事件以来、「食材」について、見かけではなく、見えないものを見よう・知ろう・何とかしなければという動きが目立ってきました。「安全性」ももちろんですが、何を『食』するのかも一度考えて見てはどうでしょうか!


スポンサーサイト
2008.04.28 Mon l 日々の出来事 l top ▲
映画『シッコ』         4月15日分

 「おしっこ」ではありませんよ、有名な映画『シッコ』のことです。ご覧になった方も多いのではないでしょうか。私は観よう、観なければと思いつつ劇場にいく機会を逃していました。先日、久しぶりに近くのレンタルビデオショップに行ったら、これがあったんです。早速借りてきて朝方見ました。(最近は夜は比較的早く寝て、4時・5時に起きている朝方人間です)

■びっくりすること・事実ばかり!!
 この映画を一言で言えば、「ドキュメント:民間保険企業中心の医療の果ての姿」を示している映画。いくつか印象に残ったこと。(寝ぼけ眼で見ているので多少の正確でない部分があるかもしれません。お許しを)
*指切断でお金がなく指1本を捨てた男性
 アメリカで仕事中に手の中指と薬指を切断してしまった男性が病院にかかったら、保険でカバーできるのが「中指の修復治療に6万ドル(約80万円)、薬指の修復治療に12万ドル(約160万円)かかるけれど、どうするか」と問われ、自分はロマンチックだから薬指を選び、中指はゴミ箱に捨てられたというのである。お金次第で治療を受けられるかどうかが決まる! 
 フランス(イギリスだったかな?)で同じように指を5本切断してしまった男性が、無料で5本ともきれいにつながり使えるようになったという映像だった。
 保険の仕組みで、受けられる医療がこんなにも違うということを実感させられた。
*50代の夫婦が医療費を支払うことができず、破産。娘宅の物置で暮らす
 夫婦とも病気になり、その治療に保険でカバーできない部分が多く、医療費を支払えず、家を売って自動車2台分の荷物だけもって、頭を下げて娘宅の物置に住まわせてもらう。子どもに「私たちのことを悪く思わないで。誰もこんなことを望んでいたわけではない。気がついたらこうなっていたのよ」という姿が印象的。
*民間保険会社の医師の証言
 医師としての自分の仕事は、「医療を受けさせないようにするため、仕組むこと」。質問「あなたは、医師であるあなたのために命を落とした人がいると思いますか」
医師「はい、います。私が保険適応でないと判断したために医療を受けられず死にいたった人はたくさんいます。それに耐えられないので証言しています」(らしきことをいった)
 人の命を救うことが使命の医師が、人の命を奪う役割をせざるを得ない民間保険企業中心の医療!
*病院から患者を捨てる!
 入院していてお金を支払えない人を、治療途中で説明もせず車に乗せて路上においてくる病院の職員・・・。近所の人がきょうもまた捨てられたと証言している。ぼろぼろになって道路にうずくまっている・・・。

■制度が人を殺す
 なんていう姿なのだろう! 医療技術で世界でも最先端の治療を行うといわれているアメリカの医療が崩壊している! 国が滅びているように見える。特定の裕福そうに世界最先端の治療ができても、それを受けられない仕組み・制度なのだ!
 そんなアメリカ型の医療のあり方を日本はよく勉強して真似している部分が多々ある。みんなわかっているのだろうか? と映画を見た人は大方そう思うのではないだろうか。
 その対象的な国として、カナダ、イギリス、フランスが映し出されている。22歳の乳癌の女性がアメリカで治療を受けられず故郷を越えてカナダにいって治療を受ける。そのためなら偽装結婚でもしようかしら・・・などといいながら。切実だ。アメリカの人が質問する意味が、この3つの国の人には理解できない。誰でもがいつでも無料で(あるいは非常に安価で)自分が望む医療機関で医療が受けられるようにすることが、国の責任だ。そういう仕組みを作ることが大事なんだ。
アメリカの人「どうして自分が医療を受けないかもしれないのに、高い保険料を国に払うのか。高い医療費が必要な人の分を支払う必要はないだろう? (自己責任だろう」
フランスに住むアメリカ人「お互いを思いやることができるかどうかよ。“私”“自分”だけが大事ではなく・・・。これは、子育ても福祉のいっしょよ」

 アメリカでは、無保険者が約5000万人だという。人口の1/4位だろうか。保険に入っている人でも医療を受けられず死んでいるのに、無保険者はどうなっているのだろうか・・・。暗い気持ちになる。
 高機高齢者医療が4月から始まって、医療現場でも、保険料徴収についても毎日マスコミで取り上げられている。問題だらけで廃止の声が大きくなっている。国民が大きな声を出してまとまっていかなければならない。黙っているとどうなるか・・・。

 医療だけではなく、国のありようにも大きく関係する。アメリカの新自由主義社会の行き着く先が見えるような気がした。社会が破綻する。日本はそれに向かって進んでいないだろうか?

 観ていない方は、ぜひ観ましょう。鑑賞会なども!
2008.04.17 Thu l 日々の出来事 l top ▲
夫婦の形         4月5日分

 全国の現場の取材を続けていると、看護・介護に関係なく社会のさまざまなことに出会います。
 ここ数日でお会いした方々をご紹介します。

■バツイチ同士の脱サラ同志
 埼玉県にお住まいの60代半ばのご主人と50代半ばの奥様のご夫婦。二人ともコンピューター関連会社のキャリア。ご主人の方は50歳で人生の軌道修正を行い、たくさんの退職金をもらって退職、離婚。介護の仕事をしようと模索し、グループホーム作りに行き着き、介護保険スタート前にオープンした。その家などの物件を全国探し回り、埼玉県のその地に落ち着いた。
 今の奥さんは、離婚後一人で子どもを育てていたが、彼と知り合いその夢をいっしょに叶えようと仕事をやめて同志のような存在としていっしょにいる。「彼のアイデアと熱意はすごいのよ」といい、「この人はね」とお互いを私たちに話してくれる。「おまえ」とか「あなた」とか、一般的に夫婦が呼び合うのではない。馴れ合いの身内という印象ではなく、一人の人格を尊重しあった関係のように見えた。
 認知症対応グループホームや認知症デイサービス、小規模多機能サービス、訪問看護ステーションなどの事業を里山の美しいところで実施している。


■通い同棲・介護
 大阪で出会った人。訪問看護師さんに同行させていただいた60代前半の一人暮らしの男性。二回の脳卒中を患い、その上アミトロ(筋萎縮性側索硬化症・ALS)という神経難病にも襲われている方。ベッドに寝たきりの状態。利用しているサービスは、訪問診療(医師)、訪問看護、入浴サービスだけだという。ヘルパー訪問は必要ないという。
「えっ、どうしてヘルパーさんが必要ないんですか? 食事は誰が作っているんですか? 洗濯は誰がするんですか」
「近くに住んでいる知人の方が、毎日仕事帰りに訪問してやってくれているんです」
「へえい、そうなんですか・・・」
そういって、実際にご自宅を訪問しました。そして、枕元においてある手作りのサンドイッチとかぼちゃの煮物の盛り付けをみて察しがつきました。“きっと知人というのは彼女ではないかしら???”と。そして初めてお会いしたその方に、失礼と思いつつ、聞いてみました。
「○○さん、毎日きてくださるお知り合いの方って、もしかして彼女じゃないですか?」
すると、それまでと違った表情で、にっこりして、しかし言語障害でやっとの発語で
「そ・う・だ・よ」
「やっぱり! ところで病気をしてからお知り合いになられた方ですか」
「いいや、元気なころの・・・15年ぐらい前からかな」
 空きペットボトルを工夫した花瓶にさくらの花が飾ってあり、しわがなくピッとのばされた洗濯物、整理整頓されている部屋の中、彼女という人が見えるようです。聞けば、彼女には別な家庭があるが、毎日夕方訪問し、夕飯と翌日の朝食・昼食を作っておいていってくれ、ペットボトル変形の尿瓶の尿を捨て、そしてこまごまとしたことを行って20時ごろ帰るといいます。
 60歳代前半という若さで病気のために動けず、気持ちが落ち込み、死にたいと思い続けた時に支えてくれたのが彼女のようです。15年間の二人の関係がどんなものだったのかは知りませんが、少し前向きにやってみようかとやっとそういう気になってきたという彼を見て、他人にはわからない、見かけや常識では測れない、人と人との関係性の不思議・強さを感じました。

 籍をいれているかどうかとか、一緒に住んでいるかどうかとか、仲良さそうにしているとか、いつもけんかをしているとか、そういう見かけや形ではない関係性と生きる力について考えさせられました。







2008.04.07 Mon l 看護、介護、医療関連 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。