上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
花おじさん           3月25日分

 私が属する法人関連の病院・老人保健施設・特養ホーム・グループホーム・事務所などには、いつも緑や花がいっぱいです。また七夕には笹が、クリスマスには本物のツリーがどこからか届きます。これを寄付し続けている方が、みんなが『花おじさん』と呼ぶ、88歳の男性の方です。先日、この花おじさんにお願いして東京都北足立花市場に連れて行っていただきました。花をたくさん、それも非常に安く手に入れる必要が出てきて、私はそれを求める担当になりました。どうすればできるかと考えた結果、花おじさんに市場に連れて行ってもらって、そこでとにかく手に入れることにしようとなったのです。朝6時に出動開始。足立区舎人(3月30日に舎人新線が開通します)にある市場に、花おじさんと私と息子(荷物を持つ係)の3人で出かけました。そこで花おじさんの元気の秘訣を垣間見ました。

市場は活気あり!
 市場には誰でも入れるわけではないそうです。花おじさんがかぶっている番号の札がついた帽子がないと入れない。私たちは花おじさんといっしょだから入れたのです。市場には、花・鉢植えなどがたくさん・たくさんありました。私たちがいった日は、鉢植えの日でした。回転寿司のように流れていく鉢植えのケースが指と目と言葉で売買されていくセリ(競り)です! 人々が威勢良く動き回ります。何とも活気があります! 花好きな私はあれもこれも欲しくなってこの購買欲を抑えるのが大変でした。でも買えません。だいたいは売買の単位がちがいます。1鉢とか1本単位ではなく、1ケース・10本単位などです。好きな花をたくさん見れて、まさに目の保養になりました。
 さて、お役目は花おじさんの紹介の仲買人さんに頼んで無事に予算の範囲内で花を手に入れることができました。
花おじさんは、歩くときにちょっと足が小刻みになりますが、とにかく歩きます。私たちにいろいろ見せてくれるために本当に歩きました。あの広い市場の中をどんどん歩き、花のほうだけではなく、青果市場のほうまで足を伸ばします。知り合いがたくさんいて元気よく挨拶を交わしています。しかし、仕入れをしているわけではないのです。おじさんにいろいろ聞いてみました。

「してもらう」のではなく「してあげる」
 花おじさんは、元々やおやさんです。もうずいぶん前に息子さんに店を譲り悠々自適の生活です。88歳といえば、もう亡くなっているか、生きていてももう寝たきりになったり、認知症になったりしている人も多いのに、このおじさんはいつも元気で笑顔でお話が大好きなのです!
 元気の秘密を探ってみました。その一つは、とにかく、毎日市場にいくことです。①早起きをする ②とにかく歩く ③声を掛け合う ④好きなおねえさんに会いに行く。仲買人さんのお姉さん(50歳代)?に毎日会いに行き、「おはよう! 今日も会いにきたよ! いつもきれいだね。顔を見るのが楽しみだよ。今日はどれがお買い得だい」と声をかけるのです。そうするとおねえさんが、「おはよう、あらうれしいわ。きれいだっていってもらって。おじさんもいつもきれいな人連れてくるじゃない。安くするよ」と、言葉がリズミカルに飛びあうのです。そのおねえさんが本当にきれいな方なのです。
 あの活気ある雰囲気に身をおくだけでも元気になりそう。

 花おじさんは、20歳で戦争にいき、26歳で終戦を迎え、その間、中国・タイ・ラオス(ビルマ)・インドと転々としたそうです。「戦争はひどかった。やっちゃいけない」と繰り返します。私の20歳の息子にもその話をしてくれます。

 要介護状態にならず、毎日人々と触れ合い、花や緑を通じて喜びや潤いを人々に感じてもらう。「人が自立して生きる」ことを身をもって示してくれているように見えます。「高齢だからなんでもやってもらう」という受身ではなく、「人になにかをやってあげる」「自分で何かをする」という前向きで主体的な姿勢・生き方がすばらしい!
 楽しい朝でした。花おじさん、ありがとう!

スポンサーサイト
2008.03.27 Thu l 日々の出来事 l top ▲
医療依存度の高い子どもへの支援  3月15日分

 前回のブログを読んでくださった方から、「元気ないの」と声をかけられました。心配をおかけして申し訳ありません。大丈夫です、元気です! 今も愛媛県の松山で空き時間にパソコンに向かっています。

旭川で見学した『小規模地域複合支援センター』(宮崎命名)
 先日、旭川で講演したあとに、声をかけてくださった看護師さんがいます。「私、自分で会社を興しがんばっているんです。みんなができないことに挑戦しているんです。小児についてもがんばっているんですよ」と、いろいろ説明してくださいました。私は話だけではよくわからないからと、急遽見学をお願いしました。そうしたところ、快く受けてくださったのです。
そこは、認知症グループホーム(2ユニット・18名)(介護保険法)と、児童ショートステイ・児童デイサービス(自立支援法)と訪問看護ステーションがいっしょの建物にあり、連携しながら地域の方々を支えているところでした。養護施設などで勤務したことがある旭川の看護師さんが有限会社を作り訪問看護ステーションを立ち上げ、そしてグループホームなどを開設していきました。
このグループホームの特徴は、認知症の方の中でも医療依存度の高い人(経管栄養チューブが入っている人、がんなどの末期で痛みなどがある人、常時酸素吸入が必要な人など)を積極的に受け入れていることです。同じ建物に訪問看護師の集団がいることもあり、グループホームの看護師と連携して(小さな職場の同じ職員なので)できることです。グループホームという生活空間の中に違和感なく医療器具が置かれていました。印象的だったのは、がんの末期だという人が玄関先の椅子の上に横たわっているのです。みんなが出入りし声をかけてくれるその場所が好きで、人の動きの中にいるんです。目を瞑っているその人にそっと声をかけてみたら、目を開いて、しわくちゃだらけのすばらしい笑顔で私に応対してくれたんです。“この方が日ごろの生活でいつも笑っている。この方は満ち足りた顔をなさっている”と思いました。

医療依存度の高い子ども
 2階に上がりました、そこは1階とは別世界の子どもの空間でした。小児の難病その他で医療依存度が高く介護・看護・支援が必要な子どものデイサービスやショートステイを行っているところでした。
  そういえば、NICUで命が助かって人工呼吸器を装着した状態で暮らす子どもたちは、その後どうなっているのでしょう? 心配はしていました。NICUとは、新生児の集中治療室のこと。自分の力で呼吸ができない状態で生まれてきた子どもが、救命され人工呼吸器など医療依存度が高い状態で生きる。その子どもたちが一生涯病院に入院しているわけではありません。どこで誰の世話を受けているのでしょうか。家に退院したその子どもは地域の中で往診医師や訪問看護師・ヘルパーなど在宅ケアチームの支えで暮らしているのです。その家族を支えるサービスとしてデイサービスやショートステイを自立支援法で制度化はされているんですが、枠が狭い。行う事業者に対する報酬も高齢者の3割くらいです。成長する子どもが対象ですから、発達がわかり病気や障害がわかる人の、かなりの力量で個別支援が必要になります。それなのにこの報酬の額です。彼女たちナース集団はこのことに挑戦しています。
  そのナースが写真を見せてくれて話してくれました。
  この子は2歳。10万人に一人の染色体異常の病気の子ども。生まれてからずっと人工呼吸器をつけて生きている。悲しいのが父親の姿勢。「こういう子は自然淘汰されたほうがいい」といって積極的に生きることに支援することを拒否。はじめは訪問看護も拒否。しかし、母親は積極的。離婚になるかもしれない状況もありながら、その子は成長し、自力で食事をとれる状況になってきた。独特の体位支援(ポジショニング)が必要で、私たちも学びながら試行錯誤しながら行っている。でもその子が少しずつだけど成長とともによくなっているのよ。お父さんも少しずつだけど変化しているのよ!

 私は、写真を見せていただきながら、『さすがプロ』と思いました。一律の支援ではなく、個別性を重視しながら独特の支援をしていて私が理解できるかどうかわからない支援方法を披露してくれるのです。
どうしてこういうことに日本の社会は重きを置かないのだろうか・・・。

地域の財産・善意を大事に そしてそれを次のステップに! 
  重度の障害を持った子どもの数は多くないかもしれません。だけど、どんな人でも地域で『育ち・暮らす』ことができるような支援が必要なことは当たり前です。私財を投げ打って一歩踏み出す彼女のような人には拍手です! そのことを国が、自治体が、制度が後押し、というよりは前に出て行うような社会がどうしてできないのだろうか。人間を大事にする・・・。
  行っている人にも問題があるかどうかはよくわかりません。善意やプロ意識などを財産と思い、守り確実な地域の財産となるような動きをぜひみんなでやりたいですね。


 書き始めは松山にいましたが、今は別な特急電車の中です。この間は全国行脚が多かったですが、これ以降はそうでもありません。さまざまにどうぞ声をかけてください。(2008.3.17)

2008.03.17 Mon l 看護、介護、医療関連 l top ▲
『弱音』 しかし・・・          3月5日分

 私、宮崎和加子には、弱音を吐くということはほとんど縁がないことでした。いつもいつも前を向いて、人に元気になったといわれることをうれしく思い『元気印』の私です。しかし、身近な人は知っていますが、季節の変わり目には弱く理由なく落ち込むんです。
今年も『春』を目の前にしてその季節です。弱い音、「弱音」っておもしろいですね。弱い音がどうして『弱音』になるんでしょう。弱い音を大事に歌えることが素敵なのに・・・。今日は、音楽と『弱音』と・・・。楽しみましょう!

◆私は音痴
 私は、音楽は自分では好きなんですが、『音痴』なんです。まず、音符が読めないんです。記憶をたどると、次のようです。
①指揮者、宮崎和加子
音楽祭・学芸会のようなところの壇上で「ラ・クンパルシーダ」「ハンガリー舞曲第 番」などという曲の指揮を、私がしたことがあるのです! 詳しく覚えていないのですが。中学生のときのことです。中学の音楽教師が勧めてくれたのです。
②歌声運動、歌う会司会者の和加子
18歳で看護学校に入学してから1年間は、歌一色でした。大学の歌声サークルに入ったのです。土曜日の例会のあとは、「大龍くん」という人たちと、新宿の○○神社の近くの地下の歌声喫茶で、夕方6時から終電まで、ピラフ800円で居続けました。ロシア民謡、韓国民謡、世界中の解放の歌、日本の歌、労働歌・・・と何でも歌いました。というよりは、聞きました。数百曲の歌を覚えました。自分は歌えないのですが歌を覚えたのです。「大龍くん」どうしているかなあ~。34年、会っていないなあ。「郵便馬車の駆者だった・・・」うまかったなあ~。
③カラオケで歌う
 カラオケというものに接したのはいつからでしょう? 1990年ころでしょうか。
それは忘れましたが、忘れられないのは和田行男氏からバカにされたことです。
 2001年ころ、和田氏と知り合いその後『大逆転の痴呆ケア』(中央法規出版)というベストセラーの本をいっしょに作ることになったのですが、その前にカラオケに行ったことがあるのです。「僕は一人で一晩、100曲くらい歌うぞ。お前は勝手にしていていいよ」というのです。しかし、私は聞いているだけではつまらなく、割り込んで歌ってみたのです。そしたら、和田行男がなんともいえない顔をしているんです。「下手だなあ~」という顔をして・・・。口に出しては言わず、顔で、表情で表現するんです! 「下手だなあ・・・聞いていられない」と。 私はがっかりするやら、頭にくるやら、あきらめるやら・・・。そして、奮起したんです! うまくなるぞ!と。 「宮崎和加子、あなたは聞く人の目ばかり気にしている。それを全部やめ~。自分で好きなように歌いな」というアドバイスを受けました。私はそれでハッとしました。歌う姿勢、歌う目線を変えたのです。そしたら、なんと歌いやすいか。何と楽しいか。他の人の言葉では、「宮崎さん、うまくなったね」と。それから、私はとにかく歌うようになったのです、楽しく!  終わらないんです。朝まで続く日もあるんです。(最近は少なくなった。以前は若いみんなと朝まで歌って踊って始発電車で解散だった) 好きなんです! 相手の方々の迷惑を顧みず、歌い続けてしまうのです。
④シャンソンを歌う
 2006年のこと。50歳になった私はつくづく考えました。私の人生どうなるんだろう? どうするんだろう? それで、一つだけ決意し新たに始めました。それがシャンソンでした。私の友人のシャンソン歌手(長坂 玲さん)に師事し、本格的に“フランス語で”“きちんと”“発声から”シャンソンを教えていただいているのです。これがワクワクするくらい楽しいんです! 時間がない中で必死で習いに出かけるんです。発表会で歌わせていただいたり・・・。何度も繰り返しますが、決して上手くはないんです。
音楽関係の方々との出会いが私にとっては貴重なありがたい出会いです。その分野とは縁遠い私。ピアニスト、歌手、作曲家、アコーデイアン奏者などなど、一流のプロの方々と知り合える機会ができたのです! 私の音(キー)に合わせて楽譜を作り、私が歌いやすいようにアレンジしてくださるのです。プロはプロ。さすがです。私自身、何のプロだっただろうかと自問自答せざるを得ないような場面に出くわすのです。他分野のプロたちと語り合うとてもいい機会なのです。

◆音楽に酔いしれる私
 私は、春に弱い・・・。 何だか泣けて、何だか怒って・・・。気がついてみると、『音楽に酔いしれている私』に出会うこともあります。いい音楽を聴きながら感傷的になってみたり、沸々とやる気が出てきたり、全部放り投げてしまいたくなったり・・・。音楽って不思議ですね。自分ではない自分を発見できたりするんです。心が高揚したり、逆に落ち込んで涙があふれたり・・・。音楽音痴の私でも不思議な魔力に触れています。
 聞くだけでも素敵! でも、歌いころける私も何だかいいんですよ。

◆つながろう!
 音楽家たちがこういってくれます。「宮崎さん、福祉や介護や病院などの場に、ボランテイアでいきますよ。呼んでください。つなげてください。ピアノもOK。歌手もいくよ。何でもやるよ」「僕たちの喜びは、音楽をみんなと共有することだよ」って。
 私は、医療・介護・福祉の業界の人間。その業界と音楽の業界が利害関係なく、心でうまくつながれば、どれだけ素晴らしいか! そのツナギ役を私ができるのであれば私は幸せ。
紹介します! どんどん声をかけてください! プロ同士は素敵だよ! メールください!
2008.03.05 Wed l 日々の出来事 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。