全国行脚・連載中          2月25日分

 親しい友人の川越博美さんと二人で、昨年9月から全国行脚中です。そのいきさつは、川越さんが雑誌にこう書いています。

「訪問看護ステーションには相変らず、調査や研究ためのさまざまな調査票が舞い込んでいると聞きます。しかし調査や研究結果だけでは分からない現場での感覚があるはずです。それを大切にして現場から新しい発想をしてみたいと思ったのです。 
 丁度、私たち二人は、いわば「失業」していて、現場を訪ね歩く時間が与えられていました。今このときに現場を歩くという仕事は、訪問看護ステーション創設期を歩んできた私たち二人に与えられた天からの贈り物かもしれません。宮崎和加子は、2007年5月、全ての職を辞して、ナースの挑戦として、区長選にチャレンジしました。優勢が伝えられていたのですが、政治の世界は分からないもので、結果は落選ということになりました。今は、看護介護政策研究所の所長として活躍しながら、介護・看護の視点でこれからの在宅ケアを模索しています。川越博美は、大病をし、1年半の療養生活を経て社会復帰をしたばかりです。大学教授の職を辞し、訪問看護師さんたちの研修の支援をしています」

 川越さんと私は、16年前からのつきあい。年齢も性格も好みもかなり違うんですが何だか気が合って家族ぐるみの付き合いをさせていただいています。私が区長に立候補することに反対した数少ない一人です。それなのに選挙の決起集会に病弱の身で出席し壇上から応援演説をしてくださったのでした。
 川越博美さんは、在宅ホスピス協会会長も務める日本の中の「ホスピスケア」「緩和ケア」「在宅ケア」の第一人者の一人です。訪問看護ステーションの制度創設期に新宿区に訪問看護ステーションを立ち上げ、現場の仕事をしながら制度をよくする動きをいっしょにやってきました。彼女は、その後聖路加看護大学教授になり、厚生労働省のたくさんの研究事業・さまざまな委員会等の委員を務め、現場を大事にしながら力強い発信をしてきた人です。

じっくりと全国行脚中 
 昨年9月から、1ヶ月に一度、現場訪問をさせてもらっています。欲張りな行脚で、泊り込みで2日かがりです。概ね、各都道府県の訪問看護ステーションの団体の主催で、たくさんの参加者が集まってくださいます。そこで、まず、『訪問看護 来た道 行く道』というテーマで一人1時間ずつ講演。その後、参加者の皆さんと突っ込んだ話をする懇談会です(現場の最近の実態を忌憚なく聞かせていただいています)。これが時に医師会の先生も参加してくださって夜中まで続くことも少なくありません。
 続いて、ご縁があった訪問看護ステーションの訪問看護師に同行訪問です。自慢したいようなケース、どう支援したらいいかわからず困りきっているケース、「こういうケース見たことないでしょう」といわんばかりの対処困難ケース、相談したいケースなどを同行させてもらっています。驚くことばかりです。首を傾げることも多いです。データや雑誌などではわからない現場の感触・風・雰囲気が感じ取ることができ、また現場の本人たちも自覚していない問題も発見できます。
 私たちも思ったことを歯に絹を着せずアドバイスさせていただいています。そしてそれを『訪問看護と介護』(医学書院)という雑誌に連載しはじめました。順次、このホームページに転載していきますので、どうぞ! まずは、第1回目の北海道編の分を載せました。次は、長崎、福岡、群馬、山梨、埼玉、愛媛、大阪、福島、岐阜・・・と続いていきます。
 すごく勉強になります。全国のみなさんの素敵な顔に出会えます。全国で、要介護で暮らしているみなさんの方言でのお話が聞けます。ありがとうございます。
 私は、その『現場』の声・実態を政策に結びつけるよう提案などを行っていきたいと思っています。

 人の命はいつ尽きるかわからない。ましてや病気を持つと余計にそんなふうに思うので、「川越と宮崎のペア講演は、もう二度と聞けないかもしれない」などといいながら、冗談と笑い、歌いっぱいの行脚です。


スポンサーサイト
2008.02.26 Tue l 看護、介護、医療関連 l top ▲
本当に『行き場』がないんです!   2月15日分

 またしても神奈川県に住む人の話。つい先日、神奈川県某市に住む78歳の女性。一人暮らしでのんびり高齢期をエンジョイしながら生活していました。もともと美しくお上品で、生涯がお姫様のような生き方だったそうです。その人は私の友人のお母様。
ある日、その友人から電話がありました。「母が入院しているんだけど、次にどうすればいいかわからないのよ。寝たきりになっちゃったの」。私は、本人を見ないとなんともアドバイスもできない人なので、休日だったのですがその日に早速出かけていきました。(暇だったんじゃないですよ。予定が入っていたのですが何とか空けたのですよ)

入院するところがない
 家で倒れているのを娘さんが発見。呼吸はしていたが意識はあいまい。救急車を呼んだが、入院させてくれる病院が見つからない。夜中に探したがとにかく入院先がない。かかりつけ医に搬送されたが、ベッドは空いていなくて別な医療機関への入院先が見つからない。知り合いを通じて強引に近くの有床診療所にやっと入院できてほっと一息だった。虫の息だったのでもう命がないかもしれないと家族は覚悟をした。それも人生と。
ところが、そう簡単に命は終わらない。意識は少し回復したが、経口摂取(口から食べること)がほとんどできず、寝返りも出来ない状態でした。

リハビリはどうするの? 見捨てられてしまうの?
 私が会いに行ったのは、倒れてから10日目。点滴での栄養、膀胱留置カテーテルが挿入されていて、床ずれができかけていました。うまく声をかけると返事が返ってきて冗談にも反応してくださって笑っているような表情をみせてくれました。口の中は食物残渣で汚れ、口腔内も口唇もカサカサでした。私は口腔内・口唇の汚れを黙って見過ごすことが出来ず、おせっかいといわれてもケアをさせていただきました。口腔内と口唇をきれいに清拭し、潤いを補給したら見違えるほどきれいになり、水のみで水をゴクンと飲み込みました。
 著明な麻痺などなし。10日前までは自力歩行ができていたこの方はどうなるのか・・・。
 私は、別な友人経由でこの地域に詳しいケアマネさんを紹介してもらいました。(全国に知り合いがいるということはとてもありがたいものです) とても親身になってくれる方で忙しくて動けない家族の代わりにさまざまに動いてくださいました。私とそのケアマネさんと娘さんが連絡を取り合い、次のような方針になりました。
①急性期のリハビリをしてくれる病院を探す
②長期的には、独居は無理。本人も望んでいない。施設入所を選ぶ(探す)
そして、お互いに動きました。
①リハビリを実施してくれる病院を探しました。ところがその地域で入院させてくれるところがないのです! (5つの病院をあたったが、ほとんど同じ対応) 理由は、1)ハビリの適応がないこと、2)ベッドが空いていないことです。78歳という年齢、現在全く自力で動けない状況で回復の可能性が不明、自宅復帰が不可能ということなどから積極的なリハビリ対象ではないので入院依頼を受け取ってもらえないのです。また、リハビリに積極的な病院は常に満床でそう短期間では入院できないのです! 
②入所できるところ・・・それは、当面高額負担の有料老人ホームしかないというのです。特養ホームは、その地域では200人待ち。いつ入所できるのか・・・。老人保健施設は市内に6ヶ所あるが、どこも対象外というのだそうだ。寝たきりの人は対象ではないのでこの方が対象外。また老人保健施設は在宅復帰が目的だから施設入所が予定されている人は対象外というのです! 有料老人ホームはすぐに入れるところがあるが、1ヶ月20万円の自己負担。
 この方は、1ヶ月20万円の自己負担はかなり難しい年金生活者。いったいどこに行けばいいのでしょうか?! 長期的な居場所のことも大事な問題ですが、私が見る限り、今の緊急な問題はリハビリ! 今入院している有床診療所は、リハビリは一切行わない。寝かせきりの状態。リハビリを行ってくれる病院に入院することは不可能なのでしょうか? リハビリ適応は本当にないのでしょうか? 発症後10日、それ以前歩行可能。まだ78歳。せめて車椅子に座って自力で食事摂取ができるまでの回復の可能性はあると思う。いや、もっと適切な治療とリハビリを行うことで歩行が可能な状態になるのではないかと長い経験で予測・期待してしまうのです。なんともったいない日本の仕組みなのでしょう。さまざまな可能性がある人が見捨てられ経管栄養になっていく! 寝たきりにさせられていく!

“このままでは、経管栄養になってしまう”“床ずれがひどくなってしまう”“死んでしまう”と、あせってしまう私です。先日のNHKテレビで『闘うリハビリ』という番組を放映していたが、あれは何なのか。もっと闘うリハビリになるような仕組み作り、理念作りが旺盛に行われないと国民は救われない。
 ここ数日で、行き場を探さなければならないお姫様。私に何ができるか・・・。ブログをご覧のみなさま、何かいいアドバイスをよろしくお願いいたします!


ブログにコメントを書いてくださっている方へ
 返事を書きますので、お待ちください。どうすればいいのかまだよくわかっていないのです。近々、勉強をしてきちんとお返事を書きますので!
2008.02.15 Fri l 看護、介護、医療関連 l top ▲
たった10分の重み          2月5日分

 ある土曜日のお昼のこと。講演・取材のために長崎にいたのですが、携帯電話が鳴りました。「宮崎さん、何とかしてほしいの。神奈川県藤沢市に住んでいる知り合いのSさんが、がんの末期であと2・3日の命だろうと言われているんだけど、どうしても病院で死ぬのはいやなので家に帰りたいといっているのよ。口から全く食べられず点滴をしているの。病院の医師に話したら、普通はこんな状態では退院は無理だというの。でも、家まで来て診てくれる医者がいれば退院させてもいいでしょうって。それでいくつかの医者に頼んでみたんだけれど、あさっての月曜日になれば何とかなるかもしれないけどだめなのよ。どうやってそういう医師を探せばいい? 明日では遅いかもしれないのよ」友人からの切羽詰ったコールでした。
 その地域ごとの事情はみんな違います。私は藤沢のことは知りません。しかし、何とかできないかと考えた末に、藤沢に詳しい知人を2人思いつきました。ところが、ケアマネジャーをしていた友人Aさんには連絡がつかない。もう一人のBさんは顔と苗字は知っているんだけれど、連絡先を知らない。そこで、Bさんと親しいCさん(高野山で修行している)に電話してあいさつをする暇もなく、Bさんの携帯電話番号だけを教えてもらいました。
 私は、恐る恐るBさんに電話しました。「宮崎です。覚えていますか?」「あら、宮崎さんどうしたの?」「実は、・・こういう人がいて今日退院したいといっているんだけど、何とかできないかしら。あなた、自分で会社を興して訪問看護や介護の仕事をしているんですってね。あなたに頼んだら何とかしてくれるんじゃないかなとおもったの」。・・・Bさん「大丈夫よ。いいお医者さんを紹介するわ。私たち訪問看護師が受ければ、お医者さんはOKしてくれるわよ。家での死の看取りね。まかして」というのです。
 私は、感動しました。なんと力強いことか! 今、退院したいといっている死を間近にした人を、今OKといって受け入れる気持ち・体制に! こういうSさんのような方を今すぐに退院OKできる地域は日本中で、どれくらいあるでしょうか。

たった10分の電話で満足な生き方・死に方
 私はいつもいっています。「21世紀前半は、『がん』と『認知症』が勝負だ。国民誰でもが直面し、しかも今の段階で解決策が見えていない分野だ」と。人は必ず死ぬわけです。それを目の前にしたとき、人はそれまでとは全然違った何かを思いつき、何かにこだわり、何かをしたくなる・・・。元気なときには考えていなかった何かを。それが何かはみんな違う。「家に帰りたい」「退院したい」「○○さんに会いたい」「夕陽を見たい」「ビールを飲みたい」「映画を見たい」「生まれた場所にもう一度いってみたい」「カラオケで歌いたい」・・・。
 その何かを自分で表現してもらい、そしてそれを叶えましょうよ。かなり出来る!藤沢のこのSさんは家に帰って何をしたかったか。一人暮らしだったSさんは、家に帰り、子どもさんたちが交代でつきっきりだったそうです。秋紅葉の時期のSさんの家の広い庭は菊や楓や柿や・・・秋いっぱい。家に帰ったSさんが何が変わったかというと、顔つきだったそうです。病院にいるときには、なにか焦ってオドオドしているような表情だった。家に帰ってからは、仏様のような顔になってにっこりするんだそうです。
 「2・3日間だといわれた命が、7日間生きたのよ! ちょっと食べられてね。この7日間がどれだけ幸せだったか・・・。家族も私たち友人たちも、たぶん本人がどれだけ幸せだったか。宮崎さん、そんな幸せをありがとう」と。
 私は、何もしていない。10分間電話をかけただけ。頑張ったのは、藤沢の訪問看護師のBさんチームと地域の開業している医師・・・在宅チームと、ご家族・友人。
 一人の人の人生の最期が、その周囲のたくさんの幸不幸に影響を及ぼす。Sさんのような方をすぐにいつでも受け入れられる地域づくりをどうしていくかが日本の社会の大きな課題です。それはそれでそのために頑張りましょう!
 しかし、個人的な知り合い・友人・つながりも大事にしましょうよ。今回はたまたまうまく人と人をつなぐことが出来ましたが、それが出来ないこともあります。しかあいそんな広い日本じゃないです。様々な人たちがどこかでつながっているんです。こわがらず、億劫がらず、失敗をおそれず、つながりましょうよ! そのことがまた何かを生んでいくような気がするんです。

*ブログが遅れぎみですみません。春の芽吹きの時期に弱い宮崎和加子です。この時期はなんだか落ち込むんです。年中行事というか、季節病というか・・・。あまり気にしないでください。でもやさしく声をかけてください・・・。


2008.02.09 Sat l 看護、介護、医療関連 l top ▲