上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
ヘルプマン!          1月25日分
 新年の挨拶状の中に、色平哲郎先生からのものがありました。「年末年始は、バングラデシュとラオスでした。ラオス、200キロ、メコン河を船で下りました。乾季で渇水でしたが、これには中国領の上流ダムの影響も大きいようです。ところで、別件ですが、コミック本『ヘルプマン』、ご存知ですか?」と。
 色平先生は、長野の佐久病院関連の医師で現在は、南相木村診療所所長です。10数年前(たぶん)に柳原病院(健和会)に研修にこられたときからのおつきあいです。私が昨年11月にフィリピンに行く際にもたいへんお世話になりました。色平先生は、詳しくは存じ上げませんが、アジアについて非常に詳しく、知り合いもナミの数ではないようです。どうしてそういうことを知っているの? どうしてそこにも友達がいるの? と。色平先生は、いつも新たな世界・未知への世界につないでくれます。
 コミック本『ヘルプマン!』もそうです。知ってはいましたが、手に取ったことはありませんでしたが、読んでみました。

たかが「漫画」、されど「マンガ」 
 漫画は私にとっては「触れてはいけないもの」と思い込んで50歳を過ぎました。誰が私にそう教えたのかわからないのですが、「よくないもの」と。線での描写で平面的に見せられ、文字から想像する力がなくなるとか・・・。私の子どもたちにも、家では「漫画」と「ファミコン」は固く禁止していました。
 ところが、いつごろからか覚えていませんが、気がついたら3人の子どもの部屋が漫画本だらけなのです! よくも母に隠れてこんなに・・・。お小遣いもお年玉もみんな漫画本に変わってしまったよう。しかし、息子たちは私にいいます。「お母さん、『ブラックジャック』シリーズを読んでごらん。お母さんが知っている知識かもしれないけど、これ専門家から見て正しいの?」「『三国志』素晴らしいよ。ちょっとでいいから、トイレにおいておくから眺めてみて」「おかん、このご馳走作ってみてよ。この『おいしんぼ』の」と・・・。
 子どものお母さんたちの集まりの席での話。「子どもたちは、マンガで必要な知識を得ているみたいよ」「そうなのよ。いろんなことをよく知っているので聞いてみると、マンガで・・・」「常識や作法などもマンガで学んでいるっていうの」「お互いにすごい頻度で貸し借りしているんだって」
 そうか。そういえば、『ブラックジャック』は読み始めたらあっという間にシリーズ全部を読んだことがあった・・・。中々いい内容だった。すてたもんじゃないか・・・。子どもたちの巣立ちで、家の押入れに置き去りにされた1000冊以上の『マンガ本』。
母「全部、処分するよ。古本屋に持っていくか、バザーに出すか、誰かにもらってもらうか」
子「お願いだから、やめて! 僕の青春の記録だから」「どうしても残しておいて、自分の子どもに読ませたいシリーズがあるから暇になったら選ぶから」
我が子どもたちの心の栄養に貢献してくれているマンガか。見直さなくては・・・。

涙ながらに読んだ『ヘルプマン!』
 『ヘルプマン!』はシリーズで9巻まであるらしい。私はその中の3冊を読みました。なかなかよかった! 『ヘルプマン!』という題名に、はじめは何だろうと思いましたが、なるほど「ヘルパー」の「help man」、要するに「介護職」のこと。高校中退の二人の男性が介護職として登場する。認知症で縛られている高齢者をみて憤慨し、全く知識も経験もなく仕事につくことになるが、その桃太郎君が変わっていく。認知症の人も何人も登場する。介護する家族がボロボロになり家族崩壊寸前。悪気はないのに結果的に邪魔者扱い・困った存在として置き去りにしたり・・・。どうしていいかわからない。介護保険のことも知らない。知って利用しようとしてもうまくいかない。
 8巻は、「ケアギバー編」ということで、例のEPA(日比経済協定)でフィリピン人の介護職の問題がリアルに描かれている。私もフィリピンの取材を終えたばかりなので興味津々。
現場の私たちから見て、違和感がないどころかよく勉強して深く描かれている。心に染み入るように。書いている人の眼差しがあたたかく、悪人がでてこない。というか、介護を受ける人間も介護する人間も、家族もみんな変わっていく。そのとおり。みんな変わっていくし、変わらなければならない。国民みんなが偏見をなくし、介護職の社会的な地位を上げなければならない。もちろん、給与も労働条件も。広く一般市民の皆さんに介護の仕事や介護そのもののことを理解してもらうためのとてもいい「マンガ」だと思う。

 国会で「介護労働者の人材確保に関する特別措置法案」が論議されています。先日のNHKスペシャルは、『認知症の人と医療・医師』がテーマでした。介護問題は、業界内の問題ではなく、国民みんなの不安・感心事。知り・理解しあうために、さまざまな媒体が必要。「マンガ君」がんばれ!  色平先生、ありがとう。また別な世界を!

<追伸>日本でいう「介護職」の呼び名については、一度論議したいです。アメリカや他の国で使う「ケアギバー(care giver)」は私はどうしてもいいとは思わないのです。

スポンサーサイト
2008.01.25 Fri l 日々の出来事 l top ▲
重介護・要看護者のグループリビング(共同生活住居) 1月15日分
たくさんの方々からの新年のごあいさつ状ありがとうございました。その中で私のこのブログを楽しみに読んでくださっている方が全国にたくさんいることがわかり、とてもうれしく、がんばって書き続けなければと思っているところです。気負わずに好きなように書きますので、どうぞおつきあいくださいませ。
 最近、見学にいったいくつかの高齢者等が住む「自宅ではない在宅」の家で、共通している何かがありました。

福岡・大宰府の『プランダムール』
・・・訪問看護師がオープンした『重介護看護者の療養・生活のための豪華な家』・・・

 何気なく目にした新聞記事がきっかけで、2度訪問しました。それは、『看護師がオープンした24時間医療・看護体制を整えた在宅ホスピス住宅』というもの。予約なしで玄関に立った私は驚きました。中に入れていただいてさらにため息・・・。その家があまりに豪華だったからです。元は社長邸宅。広い敷地に車3~4台分の駐車場があり、塀や立派な門構えがしっかりしていてで外見からしても立派な家。玄関は吹き抜けで、シャンデリアがあり、真ん中に広めの階段。調度品も家具も豪華。1階に居室が数室、2階に数室で、合計15名の方が入居できる。個室もあれば2人部屋もある。入浴もリフトを設置し寝たきりでも普通の家の浴槽に入れるというものです。
 伺った日には、8人の方が入居中でした。よく歩く認知症の方、酸素吸入と吸痰が必要な要介護5の方、反応があいまいな経管栄養の人2名などで他の病院や施設で中々受け入れていただけない方や、ここが気に入って入居なさっている方など多様でした。ちょうど前日に人工呼吸器の方がここで安らかにお亡くなりになったとのことでした。
 印象的だったのは、がんを患っている方が、「ここは皆さんいい方ばかり。広い自分の家があったって、一人でいては寂しいだけでね」と、いいながら認知症の方とおしゃべりし見守っていました。 全く動けない方でも一日中ベッドの上に寝ているわけではなく、リクライニング式の車椅子で移動し、リビングでみなさんの談笑を聞きながらそこにいるのです。お話できなくても仲間の輪に入っているという雰囲気が伝わってきました。どことなくその方たちの表情が柔らかいように感じられました。療養型病棟などで、ベッドがたくさん並んで管がぶらさがって寝たままの生活を余儀なくされている姿と比べると、隔世の感があります。
 ここを作ったのは、訪問看護師の吉松泰子さんです。ご自分も若いときから数ヶ所のガンを患い、訪問看護ステーションや有料老人ホームを立ち上げ、そしてどうしても重介護・要看護の方が暮らす豪華な家(みんな、自分が住んでみたいと思うような)を作りたかったと。
ここは、介護保険上は、施設ではなく、「在宅」です。ですから、ここに入居している人は外からの介護保険の在宅サービスを受けることができます。実際に、訪問介護やデイサービス・訪問看護など大いに利用しています。その足りない部分や夜間帯のケアを、別契約で補い、結果的に24時間、看護師が常駐する形です。利用料は、1ヶ月約9万円+α(+介護保険の自己負担分) 写真をご覧になりたい方は、ホームページを。
 

群馬・石倉ホーム『和が家』
 看護系雑誌の連載の関係で訪問した群馬。そこで偶然10数年ぶりにお会いしたのが、ペインクリニック小笠原医院の小笠原一夫先生でした。在宅ケア・特にターミナルケアで全国的に有名な先生です。そこで見せていただいたのが、『石倉ホーム「和が家」』です。(NPO法人在宅福祉たらっぺ会)
 養蚕農家を改築して作った大きな家です。8人の方が入居していました。認知症の方が明るい茶の間でくつろぎ、床の間だったのかもしれない奥の畳の部屋にベッドがあり、そこに自分で身動きできない重介護の方が横になっていました。襖越しに茶の間の笑い声が聞こえていました。広い庭ではみんなで野菜も作っている・・・。
長い間、在宅ケアを実践してこられて、①施設ではない家を、②どんな対象者でも(認知症でも、がんでも・・)、③入所だけではなく、ショートもデイも、④病院のベッドの上ではなく「畳の上で死にたい」を実現する『共同生活の普通の家』として作ったとのことです。
 ここも、介護保険上は、施設ではなく「在宅」で、外からの介護保険の在宅サービスを受けています。ここは、結果的に24時間、介護職が常駐する形です。(もちろん、訪問看護が24時間カバーします) 利用料は、食事代など全部込みで、1ヶ月約10万円(+介護保険の自己負担部分)。写真をご覧になりたい方は、ホームページを。
        

◆時代が必要とする一つの形 
 重介護を要する人、医療ニーズの高い要看護の人の居場所が、今、日本で大きな課題になっています。厚生労働省が療養病床の縮小の政策を出し、その受け皿がはっきりしない状況だからです。そんな時代に、大型施設でも病院でもなく、かといって自宅ではない居場所での生活がさまざまに試みられています。医師や看護師・市民が中心になって地域の大きな家を借り切り、小規模の共同生活の場所での実践をしているところもかなりでてきました。
 大事なことは、看護職がそれにどう対応するかです。吉松さんのように看護師が私財を投じて作っているところが全国にいくつもあります。私の印象では、看護師が作ったところはその性格柄か、濃厚なケアを提供するところが多いです。それを行いたくて挑戦しているし、時に経営を度外視して良質なケアにこだわります。『雇われマダム』ではない『自分の城』ですから。制度上未整理な部分があり、どんな形に変化していくかわかりませんが、時代が必要とする一つの形ではあると思います。儲け主義で形だけを模倣するやり方だけは黙っていられません。お近くにありましたら、ぜひ、実際に見せていただき、市民といっしょに作り上げるような動きをすることを進めていきたいものです。

2008.01.18 Fri l 看護、介護、医療関連 l top ▲
今、なぜ、東京大空襲裁判?         1月5日分
年明け早々に東京大空襲裁判関連の方々とお会いしました。1945年3月の東京大空襲。今から63年前のことです。いま、どうしてこの裁判なのでしょうか? 何を求めた裁判なのでしょうか。私自身は東京大空襲のことはことあるごとに知る機会があったので少しは知っていました。早乙女勝元氏たちが、江東区にその資料館を作り、貴重な記録や資料などをたくさん残していらっしゃる。見学に行ったこともあります。しかし、正直、裁判のことはあまり詳しく知りませんでした。
その集まりは、新年会で、原告団の代表の方と弁護団の集まりでした。原告団の方の中には、子どもの時に東京大空襲によって家族全員が死亡し、親戚を転々とし、そこで差別や屈辱感を受け、逃げて自ら自立の道に踏み出した人もいれば、それを乗り越えた人・・・。語りつくせないような人生を送ってこられたお話をお聞きした。戦争がなかったら・・・。戦争があったために辛く寂しい思いをし、人生が大きく変わってしまった。戦争だから仕方ないと片付けられない現実がある。胸がつまるお話でした。
気軽に参加させていただいたのですが、途中から議論が白熱してきました。非常に重要なテーマについて話が煮詰まってきたようなのです。私は、その論旨がいまひとつよくわからず、発言しない方がいいかなとも思ったのですが、一般市民(あまりよくわからない)の立場で、素直に質問しようと思い、手を挙げました。
Q:よくわからない市民の立場で質問です。まず、この裁判は誰が誰に対して起こした裁判ですか。
A:『東京大空襲裁判』。原告は、星野弘氏ほか111名、被告は『国』。
Q:裁判の目的は? 何を求めているんですか?
A:裁判は、民間人被害者に対して何等の援助をせず、切り捨て放置した国の責任を全ての東京空襲被害者を代表して問うものです。
裁判の目的は,①犠牲者の凄惨な体験を語り,前線と銃後,兵と民の差はなく日本の国土が戦場であったことを明らかにする。②東京空襲が国際法違反の無差別じゅうたん爆撃であったことを裁判所に認めさせ戦争を開始した政府の責任を追及する。③父母兄弟・身内を亡くした人,障害者となった人,孤児になった人,家・財産を失った人,などの戦中戦後の筆舌につくせない辛酸な生き様を明らかにし,日本国憲法にもとづき,国に対し,民間人犠牲者への差別をあらためさせ法の下での平等を実現するとともに,犠牲者への追悼,謝罪及び賠償を行なわせることです。
裁判では、「請求の趣旨」として、一人1000万円の損害賠償と謝罪文を求めています。
原告が求めている謝罪文は次のとおりです。

謝  罪  文
200*年**月**日
 東京都墨田区押上3-52-9
 星野 弘    殿
 (以下,別紙原告目録記載の原告111名を連記 略)
内閣総理大臣   ○○○○
日本国は,日中戦争を開始した責任があり,世界で初めて都市爆撃と焼夷弾を組み合わせた国際法違反の無差別都市絨毯爆撃の手法を開発し,1938年12月から1943年までの間に中国・重慶爆撃に代表される爆撃を行い,中国の多数の人々を殺傷するなどの多大な損害を与えた。この重慶爆撃はアメリカ軍による東京大空襲の実行に重大な影響を与えた。
日本国は,アメリカ合衆国との戦争を開始した責任があり,戦争を早期に終結して,国民の犠牲を回避すべき義務があったにもかかわらず,これを怠り,アメリカ軍による人道と国際法に違反する東京大空襲をはじめ,日本全土に対する無差別爆撃を許す結果となった。
被告国は,上記の歴史的経過と事実を踏まえて,以下のとおり深く謝罪をする。
(1) 被告国は,旧軍人・軍属には国家補償をしてきたが,原告ら民間人被害者には何らの援護・補償をなさず,放置してきたことを深く謝罪する。
(2) 被告国はこれまで東京空襲の死傷者や行方不明者の実態調査,犠牲者の氏名を記録せず,遺体の確認と埋葬も行わず,追悼施設も刻銘碑もつくらなかったことを深く謝罪する。
(3) 被告国は,謝罪の証として,民間人戦争被害者補償のための立法措置,空襲による死亡者の追跡調査,民間人犠牲者を悼み,後世に空襲の実相を知らせるための国立の追悼施設の建設を約束し実行する。

Q:一般市民として思うのは、何で今ごろ? 戦争によって被害を受けた人の保証はさまざまにされているではないですか。私も祖母の遺族恩給があったおかげで大きくなれた面がある。(叔父2人が戦死している)東京大空襲はどうなっているんですか? 
A:あの戦争の戦没者は、大まかに言って、日本で310万人。そのうち230万人は軍人・軍属関連。この関係者は公務員というかそれに近い立場なので、遺族は補償されている。恩給。それに、原爆による戦没者は特別な扱いで補償されている。約30万人。沖縄住民10万人も補償されている。内地での民間人の被害者に対して何の補償されていない。私たちは東京大空襲という東京下町が一面の火の海になって、死亡した住民は推定で10万人、負傷者は約40万人、焼失家屋は約26万8000戸、被災者は100万人にのぼる。原告たちは空襲そのものによる被害と、家族を奪われて戦争孤児になり悲惨な思いをし、今でもそれを引きずっています。東京空襲の被害は、空襲当日の被害にとどまらず、戦後長く、そして現在まで、様々な形で被害が続いているのです。
Q:それはどのくらいの額になると予測しているのですか。
A:軍人軍属関連だけで1兆円使っているんです。同じ戦争被害者です。死者の比率(230万人対10万人)から考えて、必要な金額は少ないはずです。
Q:戦争責任については、国は他の裁判も含めて認めた経緯があるんですか?
A:ないんです。この裁判のもっとも大事なことは、国に戦争を起こした責任を認めさせ、謝罪させること。そしてこれから戦争を起こすようなことがないような動きを作ること。この大儀を通したい。
Q:みなさんの議論を聞いていると、原告団側の方向性について大きく2つの議論がされているように見えますが・・・。一つは、「戦争による被害」の意味。戦争中の被害と戦争後の被害の重きの置き方。二つ目には、損害賠償に重きをおくか、それとも戦争責任について追求するか。どれも絡み合っているんだと思いますが、微妙に意見が違うんでしょうか?
A:違うわけではないが、最終的な書面作りの段階で力を結集している最中。被災の補償と戦争責任を認めさせること、どちらも大事で、今の時点でそのことをやる意味が大いにあるのです。

『残された戦争被害者補償問題ー東京大空襲』
 第2次世界大戦関連の裁判がどれくらいあるのか私はわかりません。しかし、私がわかったことは、戦争によって被害を受けていまでもそれを引きづって生きている人で、補償されていない群があるということ。それが東京大空襲の被災者。それは、だれでも、『何とかしなければならない』と納得するのではないでしょうか。その方々もそう若くはない年齢。『残された戦争被害者補償問題―東京大空襲』。何とか早く!

私自身は1956年(昭和31年)生まれだから、直接的な戦争の被害はありません。しかし、祖母・母という肉親が大きな被害を受けています。また、私は看護師。戦争と看護師は切っても切れない縁。その話は、涙や怒りや言葉で表現できない感情で私たちに伝えられています。
日赤従軍看護婦、満州開拓団員、残留孤児、学童疎開船対馬丸犠牲者など民間人の補償など、戦争というのは、限りなく人々の命も健康も家族・親族も、そして心も理性もボロボロにしてしまう。何をどこまで国が補償できるのか私はよくわからないが、勇気を出して声を上げた人々に、きちんと補償することは当たり前なのではないだろうか。国も財政が困窮しようがそれはそれで仕方ないのではないだろうか。そこからの出発。
 『東京大空襲裁判』関連の方々は、熱き人々。大儀を大事にする貴重な存在。目先の利益を追いガチな中で正当に議論し闘う。正月からこんな大事な議論の場に存在させていただいてありがたかったです。身が引き締まる年明けです。(正確にご指導くださった弁護団の黒岩先生、ありがとうございました)

2008.01.06 Sun l 日々の出来事 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。