現代の姥捨て山          12月25日分
 先日、群馬で聞いた話。「昔は山奥に姥捨てがあったというが、最近は駅が姥捨ての場所らしいよ」と。小さな駅に一人の女性がずっといてどこにもいかないとのこと。それをめぐって町でさまざまな噂が飛び交っていると。
 年齢不詳、80歳代くらいに見える女性がとある駅に一人でずっといたのだそうな。名前を聞いても何を聞いても、返事が返ってこない。どうも認知症らしい。そのまま駅にいてもらうことも困るので、やむを得ず、地域の施設に一時的に預かったと。その様子は、戸惑うふうでもなく、自然に施設の中を歩き回るそうな。
 それを聞いた町の人は、さまざまな憶測をして話題になっている。その内容は、次のよう。
①『家族が駅に姥捨て説』
家族が家で世話することができず、施設に入れたがそれも長くなりお金がかかる。それで、困って、駅においていったのではないか。赤ちゃんのコウノトリ箱ではなく、年寄りの姥捨て場所=駅。
②『施設職員の置き去り説』
施設職員が、見失った振りをして駅に放置したのではないか。施設で介護していたが、あまりに世話が大変で外出の途中で見失った振りを・・・。
③『散歩途中の迷子説』
 家で暮らしていたか、グループホームのような自由に外出できるところにいて、家族・職員が気がつかないうちに外出し、そしてそのまま電車に乗って、降りた駅がその駅だったのでは。
④『認知症の振りをしている生活に困っている人説』
 本当は、認知症がないのに、生活に困って認知症の振りをして記憶障害・認知障害の振りをしているのではないかと。
確かに、駅なら誰かが見つけてくれて、たぶん、死ぬことはないだろうと。そういう意味では、日本はありがたい国で、見つけた誰かが何らかの手立てをしてくれる。

考えなければならないこと
①日本の中で認知症の人が、年間約900人が行方不明、あるいは死亡している現実。(2005年9月、読売新聞)死亡の原因は、側溝に落ちたり、冬は凍死。 
②迷子になって探すことの難しさ、身元不明者の身元を探せない現実
 私が認知症グループホームの運営責任者をしているときに、ある入居者が3日間行方不明だったことがあった。東京の上野で行方不明になったのだが、3日後に長野で発見された。その時は、警察にお願いして捜索願いを出し、全国ネットで、コンピューターでの捜索でやっと見つかった。でもその人の場合、自分の名前が言えたからパソコンでデータがつながった。名前がいえなかったらたぶん、未だ行方不明のままかもしれない。
 探す方は、一定時間を過ぎたら、警察の捜索願いしかなくなる。また一方、身元不明者を発見しても身元を捜すことが困難で、『名無しのゴンベイ』という名札をつけられ、病院や施設にいる方も少なくないのが実態である。
 こんなふうに格差が激しく、年金から天引きされる金額が多くなると、生活に困って認知症の〝フリ″をしているのではないかと疑いたくなるような情勢もある。一説のよると、『倒れるなら、都立病院の前』ということだそうだ。都立病院の前で倒れるとその後さまざまに安心だということらしい。
 うそやごまかしは別として、認知症の人の行方不明・死亡発見は何とかしなければならない重要課題。かといって、家や施設に牢屋のごとく施錠して外出できないようなことはしない方向にやっとなってきた。そうしない方向で介護分野は動いている。では、どうするか・・・。国民みんが真剣に考えなければならない課題である。せめて、探す側と、身元がわからなくて困っている側が近寄れる方策は、コンピューター時代に何とかなるのではないだろうか。名前がいえなくても写真で捜索しあうことは・・・。だれか何かしなければ!
 年の暮れに、そんな話を聞いて何だか胸が重くなった。

来年もよろしく! 今年一年、いろんなことがありました。私にとっては、人生の大きな軌道修正の年でした。『2007年』、『51歳の年』は生涯忘れられない年になりそうです。さまざまに応援してくださった全国の方々、ブログにお付き合いしてくださった方々、本当に有難うございました。来年はどんな年か・・・。よくわかりませんが、またおもしろい年にしましょう! 来年もよろしくお願いいたします。



スポンサーサイト
2007.12.26 Wed l 看護、介護、医療関連 l top ▲
ヒト・パピローマ          12月15日分

相変わらず講師の依頼をいただき、全国を駆け回っています。先日は東京都看護協会の東部地区支部の研修会で、同愛記念病院で「認知症」についてでした。9月に一度行ったのですが、参加申し込みが多く一部断ったことと、聞いた人がもっと聞きたいということで企画してくださったものでした。(ありがたいことです)
研修会が終わった後、同病院の助産師さんがユニホーム姿で現れました。そのときの会話。
「緊急の帝王切開が入って講演聞けなかったのよ。残念」
「たいへんね。助産師さんたちからみるとどんなことが今問題なの」
パピローマよ」
「えっ、それ何?」
「性病の原因のウイルスよ。私ね、ボランテイアでいろいろがんばっているのよ。学校ではきちんとした性教育が行えない状況なんですって。それで多様な集まりで子どもたちに性教育をしているのよ」
「私は30年前に看護学生の時に性教育の実習を行ったけれど、主には、家族計画・避妊の話だったけれど、今はどんななの?」
「今はね、避妊も大事だけれど、性病予防も大きな課題なのよ。特にパピローマ。今はね、20代・30代の子宮頚がんが急増しているのよ。その原因ウイルスといわれているの。男性は陰茎がん。男性も女性もイボがたくさんできて変形し鶏冠(とさか)のようになるのよ。それが若い人の間で広まっているのよ」
「予防は何?」
「とにかく、どのセックス(エッチ)も、コンドーム(スキン)を使用すること。夫婦間でもよ。それと早く検査をし発見して治療すること」
恥ずかしながら、知らなかった・・・。子どもたちにもその性教育はしていないなあ。
 
子宮頚がんとの関係
 男と女の営みについては、時代が変わってもそう違わないだろうと思っていた。学生のときに勉強した『避妊』。避妊の道具・薬・方法は、主に7種類(コンドーム・ピル・基礎体温法・ペッサリー・リング<子宮内避妊具>・体外射精・殺精子剤)。一つだけでは不確実なので、2つの方法を併用するよう指導する。中絶・堕胎は、女性にとっては、身体的にも精神的にも負担・打撃が大きいので、女性を守る意味でも、男性にとっても、とても大事な人生の知識である。
 さて、早速その助産師さんに資料を送ってもらってパピローマについて勉強してみた。
◆HPV(ヒトパピローマウイルス)・・・百種類ほどの型がある。そのうち、13種類ほどが子宮頚がんにつながりやすい「高リスク型」
◆性交渉によって誰でもが感染するありふれたウイルス・・・普通の女性でも50%以上の人が一生に一度は感染するというデータもあると。
◆感染しても、9割の人は1年以内に自分自身の免疫力で自然に治る。
◆感染による症状・・・
<女性>:性器や肛門周囲に小さいイボができる。ほうっておくとカリフラワーのようになる。
  <男性>:亀頭の根元にイボができる。
◆高リスク型に感染し続けると、10年ほどでがん化する可能性がある。持続感染者の1%が子宮頸がんになるというデータもある。
◆子宮頚がんの発症数・・・全体では減少しているのに、20代、30代で急増している。10代・20代前半で感染しているということになる。
◆自治体の子宮ガン検診の年齢が、「30歳以上」から「20歳以上」に引き下げられている。
◆感染しても、自覚症状があまりないので、一度は、婦人科受診し検査を。

 過剰に不安に思う必要はないですが、知識として知っていて機会あるごとに話題にし、若い人だけではなく広げていかなければならないのではないかと思います。
 写真を見て、驚いてしまいます。女性の陰部・男性の陰茎が「ベツモノ」になってしまいます。そうなれば痛みや苦痛もあるでしょう。また変形してしまったことによりさまざまな屈辱感ももってしまうでしょう。そして「がん」になる可能性があるというのです。
 性病の原因は、パピローマだけではなく、ウイルス・細菌・真菌(かび)などたくさんあり、またそのことが不妊症につながることも少なくありません。
若いときの一時の「軽いあそび」が、のちに苦痛や屈辱感、不妊症・がんと闘わなければならないかと思うと切なくなります。
 

2007.12.16 Sun l 看護、介護、医療関連 l top ▲
足立区の「教育問題」のその後      12月5日分

6月の区長選挙のとき、「教育問題」が一つの焦点でした。足立区で行っている学力テストの結果の公表と、結果による予算配分の格差が問題になりました。というよりは意識的に区長選挙で大きな問題として区民に、マスコミにもアピールしたつもりです。相手候補者と直接討論する唯一の場だった東京青年会議所主催「公開討論会」の場で、そのことが討論されました。私は「学力テストで子どもたちがどう発言しているか」「その結果によって予算格差があるのはどう考えてもおかしい」などと発言し、相手候補も「足立区の学力テストで問題があることは聞いている」と、みんなの前で発言したのでした。その「足立区の教育(不正)問題」が、その後マスコミに何度も取り上げられました。それはどういうことでしょう?

足立区の「教育問題」とは
 先日、『第11回足立教育大集会』が開かれました。足立区内の11の教育関連の団体の共同企画だそうです。教育者、保護者、足教組、その他の方々が180名集まりさまざまな報告がありました。その中で報告された「足立区の教育問題」をまとめると以下の通りです。
学校選択の自由化2002年(行きたい学校に入学していい)
 ⇒交通至便地域への学校への生徒集中、不便地域の生徒減少。足立区内では、3人に一人の子どもが学区以外の学校へ。⇒地域社会の中での子育てが維持困難に。(地域でのつながり、行事などがやりにくく、崩壊しかねない状況)
一斉学力テスト実施(2004年2月)
 ⇒足立区は東京都内23区で最下位の成績だった。
学校ごとに順位をつけて公表した
 ⇒さらに、学校ごとの生徒数集中と減少が激化。
学校予算を格差配分 
 学力テストの結果で査定し、格差配分すると。成績のよい学校に予算を多く、そうでないところにはそれに応じて。マスコミなどで全国的な批判を。さらに、学校単位の予算ではなく、生徒数による予算配分も。
試験問題の事前漏洩 2007年7月「不正発覚」

私も選挙期間中に、さまざまな声を聞いた。
「俺の学校は、バカ学校だってな。どうせ俺らはバカだよな」
「僕の学校では、いい中学・高校にいけないの? 友達にそういわれた」
「成績の悪い子どもに、試験当日休むように暗に言うんですって」
「あまり成績が悪い子の答案用紙は、数に数えないんですって」
正確かどうかはわからないが、そんなことが町で語られている。
 
 関係者・区民などの力によって、学力テストの結果の公表方法が見直され、それによる予算格差が中止された。
 こういうことに対して、教育を守るなどさまざまな団体が協力して新たな動きもいろいろ起こしている。さらに、今論議されているのは、①学校の2期制(3学期制⇒2学期)、②少人数学級、③夏休み短縮など。
元は、小泉政権・石原都政による教育改革。教育がボロボロに・・・。

『第11回足立教育大集会』での声
 この大集会では、小・中学生の報告もあった。6年生の子どもたちが、「自分たちのクラスでいじめがあった。それをなくすために自分たちで『いじめ撲滅委員会』を作った。そして『一人一人の苦手なことをみんなで助け合って心を一つにしよう』というスローガンで取り組んだ。その中でわかったことは、友だち同士の会話がなくなっているということだった。そして、取り組んでそのいじめは解決した」と。
 また、中学生も「夏休みが一週間短くなった。1週間で学力がつくのでしょうか。そのために、学校ではクーラーを設置したとか。宿題の量は変わらず、ゆっくり休みがとれない状況。部活をしたいのに勉強ばかり。ただ、学力テストはやったほうがいいと思う。励みになるし、自分の実力がわかる」「顔が気持ち悪いなどと、いじめがおこる。いじめているつもりがないのにいじめになってしまう。なくすことはできないかもしれないが、減らすことはできると思う」と。
 教師の方の報告もあった。新採用の教師の問題、時間外労働、休憩なしの重労働、多様な実態が報告された。帰宅はほとんど夜9時ごろと。発言の中で、「自分は教師4年目だが、『指導力不足教員』とは査定されていないようだ」と。教師も自分への評価を気にしながらの教育でたいへんだ。教師の方も現場で精一杯頑張っている。
 足立区の教育問題を取り組んでいこうと、保護者たちが、今年1月に立ち上げた「足立教育を考えるネットワーク」で7000名もの署名を集め、足立区教育委員会に持参したときの様子などの報告もあったが、とにかく、主体的に動く人たちが改善の方向に向かわせていることがよくわかった。

 つい先日、世界の一斉学力テストの国別結果が報道されていたが、日本はどの項目も低下。フィンランドはどうしてトップなのだろう? フィンランドは、18歳まで(?)学力テストを一切行わないそうです。日本の教育のあり方がなにかおかしいのではないだろうか。
私が印象に残った言葉は、「助け合う」「話し合う」「関わり合う」「つながり合う」という『合う』ということでした。看護介護の現場で常日頃大事だと思っていることと共通です。人と人が『△△合う』、これが足りなくて、あるいは大事にできないことがさまざまな問題の根源になっている。どうして『○○合わない』ようになってきているのだろうか?


2007.12.07 Fri l 日々の出来事 l top ▲