上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
スラムで暮らす人々           11月25日分

 フィリピンの話、<その2>です。
 難民キャンプで暮らす人やスラムというところで生活する人のことは、テレビなどで見たことはあるのですが、実際には行ったことがありません。私がよく見ているのは、隅田川のほとりの青テント群です。通勤の途中にみたたくさんの青色のビニールシートとダンボールの住処に住んでいる人たち。夕方にろうそくの火の元に何人か集まっていっしょにアルコールを飲みながらおしゃべりしていたり、朝に背広を着て出勤する人たち、もちろん不潔そうなイデタチでボウっとしている人もいます。テントの中も割合きれいに整頓されている。私は「何らかの事情で家に帰れない、帰らない“自由人”の人も多いのでは? 狭く息苦しいうさぎ小屋よりは青空の下で暮らすのを望んでいる人も・・・」などと思ってみていました。
 フィリピンで『スラム』というところを見てみたいとお願いして連れて行っていただきました。果物を売る店が並んでいるところをちょっと曲がっていったところ。はじめは土の上を歩いていったのですが、途中から木や板を並べた細い道になり、気がつくと下は水でした。前日の夜に会話ができないほどのすさまじい雨(スコール)があり、滑る道を注意深く歩いているのですが揺れたり、板が壊れて転びそうになったり・・・。周囲は『家』が無造作に水の上にのっかっている。台風がきたら全部なくなりそうな作り。(このダバオには台風も地震もない。台風発生の場所)
 危なげに下を見て歩く私たちにたくさんの子どもたちが寄ってくる! とても親しげに。子どもたちはその道を縦横無尽に走り回っている。午前中なのに学校に行っていないのだろうか?・・・ たくさんの子どもの中に一糸まとわない丸裸の子どもも多数いる。だいぶ奥まで行ったとき、道とも家の中ともいえない場所で洗濯している女性に、同行してくれた知人が声をかけた。「元気ですか。日本からのお客さんだよ」女性は知人を信頼しているようで手を休めず笑顔で応対。私が持っていったバンドエイドの箱を渡して説明してくれた。
 ある空間に案内してこんな話をしてくれた。「ここは、海の上。ダバオ湾の海上生活者。昔から南の島々を渡り歩いて商売をする部族がいくつもある。その人たちが住み着いたところ。子どもたちは学校に行っていない。親が行く必要性を理解しない。僕たちはここで、識字教育をしている。しかし、その前に鉛筆を持ったことがない子どもたちにその持ち方から始めなければならない。もっともっと奥まで続いていて道もあるのかないのか・・・。」「トイレはどこで?」「もちろん、下の海に、そのまま。ゴミも」「そのわりに臭わないですね」「昨日のスコールで家も身体も自然のシャワーで洗い流されたからですよ。いつもはすごいですよ」「こういうところがフィリピンにはたくさんあるんですか?」「山の部族やその他たくさんあると思うよ」「フィリピン政府は、そういう状態をどうしようとしているんですか?」「政府関係者などは、放置。自分の暮らしがよければそれでいいというように見えるね」
 息がつまりそうに緊張している私の周りに、さっきのバンドエイドを膝にはって(埃や垢で汚れている傷にそのまま貼っている)私に見せにきてくれる。
 帰り道、空き缶で作った何かを持って帰ってきた女の子たちに会った。知人の説明では、朝仕事をしてきたところだと。「空き缶で演奏して物乞いしてきて稼いできたんだよ」と。
強く印象に残っていることは、子どもたちの元気のよさ、活きのよさ、目の輝きだ。 この体験を私の中でどう考えるのか、まだ整理がついていないが、悲惨さというよりは何か違った感触をもって帰ってきた。

ミンダナオ国際大学で講義
 日本の団体(日本フィリピンボランテイア協会)が作ったミンダナオ国際大学で講義をする機会を作って下さった。日本語の勉強のためのオムニバス講義。この大学には、国際学部と社会福祉学部がある。日本語を徹底して教育している数少ない大学。社会福祉学部の学生は介護の勉強をしている。日本人の教師も数人いる。私は「日本の介護事情」の講義を日本語で行い、わからないところを国際学部の学生が通訳するというもの。一通り講義が終わったあと、円状になりフリートーキングを行った。
「皆さんはEPAが締結したら日本にいって介護の仕事をしたいと思っているのですか」
「日本の介護は今、大きく変わろうとしている。やって差し上げる介護ではなく、自立支援の方向に向かっている。プロとしての仕事の確立を目指しているが、そのことをどう思うか」
「海外で働きたいと思っている目的は?」
私は、さまざま質問をした。また私への質問もたくさんあった。私なりにわかったことは、フィリピンにいても生活ができない ⇒外国で働いて収入を得たい ⇒そして家族に送金したい・あるいは家族を外国によんでいっしょに暮らしたい ★仕事は何でも一生懸命する ★自分のやりたいことをやるというよりは、家族のために ということがとても大きい。とても素朴な学生たちでした。
大学の宿舎に泊めていただき、職員の方といっしょに食事をし(ついでにカラオケまで・・・。カラオケに行って驚いたのは、日本の歌の数倍の歌が入っているのが韓国だった! 観光客も韓国人が圧倒的になっているこのごろだという)本音でいろいろなことを教えていただいた。ありがとうございます。

 日本に帰ってきてから、日本フィリピンボランテイア協会の方が尋ねてくださった。日本の要介護者を介護つきでフィリピン旅行を楽しんでもらう企画をしているという。(以前も行って好評だった) 『やすらぎのダバオ旅行』(1月下旬から9日間)。要介護で外国旅行したいと思っていらっしゃる方、あるいは、そのボランテイアでいっしょにいってくださる介護関係者の方。どうぞ一報ください。

スポンサーサイト
2007.11.28 Wed l 日々の出来事 l top ▲
フィリピンで出会った日本人        11月15日分

 フィリピンに8日間行ってきました。目的は取材です。10月5日のブログに書いた「フィリピン人の介護職が日本で就労することについて」現地で取材してきました。日本の介護の現場では、あるいは日本で介護を受ける可能性がある市民は、この問題について関心はありつつも、実感を持ってきちんと発言していないようにも見受けられます。要するに当事者(いっしょに働く・介護を受ける)の声が聞こえないのです。私は、そのことについてきちんと考え、意見を発言しなければいけないと思っています。それも日本側の事情だけではなく、フィリピン人の側の事情もきちんと理解する必要があると思ったのです。現地に行き、たくさんの多様な立場のフィリピン人・日本人に会ってきました。(60~70人) 介護の大学で1時間半講義をさせていただく機会も得られ、学生とたっぷり討論もしてきました。“大いに収穫あり”です。
このことについては、近々、いくつかの雑誌に詳しく連載する予定ですので、そちらをご覧ください。またお知らせします。
ここでは、たくさん出会ったフィリピンで暮らす日本人の方(印象深い)についてお伝えします。個人情報保護法があるので、一応仮名にします。(いつでも紹介しますので、興味ある方は一報ください)

タガログ語・ビサヤ語ペラペラの貴重な存在の高田さん
 20数年前からマニラに住んでいる高田さん(40代後半、女性)。仕事はというと表現が難しい。フィリピンで使われているいくつかの現地の言葉を使いこなせる貴重な方。通訳はもちろん、主に日本のテレビやマスコミの取材のコーデイネーターをしている。夫は、フィリピン人で政府官僚(副大臣)。
ちょうど、NHKクローズアップ現代の撮影直前で、その取材にセブ島で2日間同行させていただいた。退職後温暖な東南アジアに住む日本人が増えているというが、詐欺にあう事件が起きている。その取材だった。被害にあわれた方や関係者などたくさんの方に会った。あの事件はフィリピン人が詐欺をしたのではなく、日本人が日本人をだました事件。フィリピンが舞台になったということ。移住問題の複雑さ・問題点などが少しは見えた。
この方はとにかくすごい人! そのバイタリテーと迫力が・・・。同行中、私にフィリピンのことについてなかなか聞けない話をたくさん話してくださった。そしてマニラでは、フィリピンの普通のサラリーマンが住むというアパートのようなところに住んでいらっしゃるご自宅に私を泊めてくださった。なかなかできない経験だった。実家の北海道とマニラを往復する日々だそうだ。知る人ぞ知る高田さん。

豪華リゾート地に移り住んでいる大垣さん
 “貧困だというフィリピンにこういうところがあるんだ”と驚くような別世界の一画。フィリピンの会社が作ったリゾート地。きれいな海岸線に1000戸ほどの豪邸が立ち並ぶ。まだ空き地があったが完売だそうで空きを待っている人が多いと。テニスコートやプールも集まる場所もある。住んでいる人はどんな人だろう? 散歩をしながら庭で花の手入れをしている見知らぬ方に声をかけてみたら、にこにこと「長い間アメリカに住み働いてきたんだが、そろそろフィリピンに戻ろうと思いかえってきた。お茶でもどうですか」と気さくに話してくださった。60歳くらいの男性で息子さんといっしょだった。外国人もかなり住んでいるし、フィリピン人のお金持ちも多いと。(一区画、300万円程度、ただし、日本人は買えません)
そこに何人かの日本人が住んでいる。50代後半の大垣さんもその一人。北千住で働いたこともあるとのことで話が弾んだ。50歳を過ぎたころ、仕事がうまくいかず、どうせ暮らすなら日本ではないところでと移り住んだという。「こんないいところはないですよ」と生活ぶりを話してくださった。日本では見られない花や木を愛で、時に町の人たちのスポーツクラブに出かけいっしょに過ごし、のんびりと暮らしていると。

新日系人問題に取り組む岡さん(本名)
 セブに住んでいらっしゃる岡さん(80歳、男性)。前回紹介した戦後の日系人問題のことは一応知っていたが、「新日系人」の問題についてははじめて知った。新日系人問題とは、私の理解の範囲では以上のようなこと。1980年ころからのことで日本人の男性とフィリピン人女性の間に生まれた子ども(5歳から15歳くらいまでの子どもたちが最も課題)の問題である。大きくは二つの群。エンターテーナー(ダンサー)として日本に来て、そこで知り合った男性と結婚し(あるいはそういう約束で)できた子どもたち。もう一つの群は、俗称「売春ツア」など呼ばれた日本人男性がフィリピンに旅行に行きそこで夜をともにした女性との間に生まれた子どもたち。強調していたのは、フィリピンの女性は、一晩で行きずりで子どもは作らない。(避妊すると)愛し合ってそして将来のことを約束してはじめて子供を作ると。(カソリックの国で離婚できない) 訳があってその後いっしょに暮らすことができず、女性がフィリピンで一人で育てているが、それでなくても仕事がないフィリピンで非常に苦労していると。数が多いわけではないがストリートチルドレンにならざるを得ない子どももいると。新日系人は推定で40万人いると!
日本国籍を持つその子どもたち(荘でない子どもも)を救う道がないかと『新日系人ネットワーク』という非営利法人を作り奮闘しているのが林さんだ。林さんはこういう「日本国籍がある人は、たぶん4分の1くらいかな。国籍をはっきりさせるために日本の父親を探し認知してもらうことや、その子どもたちの日本での職場を探し自分で食べていけるように支援したり、様々なことをやっている。日本国籍を持つ子どもたちは日本で暮らすことはできるが、その母親はビザが降りない。だから、せめて母親を子どもの付き添いということでビザがおり、仕事をして子どもたちに教育をさせる機会を保障したい。今、日本の外務省や総務省と交渉中だ。その働く場所として、『介護助手』などという仕事はどうですか。みんなよく働くしやさしいよ。とにかく、理由はわからないんだけれど、その子どもたちが9割は賢いんだよ。頭がいいんだ。評判なんだよ」などと話してくださった。
深く考えなければならない課題に遭遇したと自覚しました。

ダバオで会社を作り、お父様の介護をしている中西さん(60代前半)
 定年を機に、息子に会社を譲り、ミンダナオ島ダバオに移り住み、会社を興し150人を雇用している中西さん。廊下続きの3軒の家(子ども家族の分)(豪邸)に住み、家の中だけで3人のメイドさん、外用にも何人かの使用人がいる。90歳で要介護のお父さまも移り住んだ。お父様に「ダバオの暮らしはいかがですか」。答え「気候が温暖で一定していて、人もよくいいところですよ。日本のテレビ番組も見られるし、いうことありません」と。歩行器で歩いてこられて話してくださった。
中西さんはこういう。「日本人はもっと海外でも貢献すべきだ。要介護になる前にフィリピンに来て持っている力でフィリピンに貢献する。そして日本にフィリピン人を連れていくのではなく、フィリピンに家や施設を作り、日本人を連れてくるという逆の発想をしてはどうか。なんせ、一番安いのが人件費だし、フィリピンの人のホスピタリテイは世界中で定評がある。とてもよく介護をしてくれるよ。少ない年金で暮らし介護を受けるなら、フィリピンという国で暮らすのもいいと思うよ」と。


 まだまだ紹介したいのですが、今日はここまで。私は何が悪かったのか、到着直後から顔の皮膚が荒れて痛痒く、目の周囲が腫れ上がり、悲惨な顔になってしまいました。(どの写真も別人のよう) 6日間の日程の9割は人に会うこと。観光は残念ながら1割でした。その観光は、お願いして「スラム」に連れて行っていただきました。ショック! 詳しくは次回。


2007.11.16 Fri l EPA、ガルーダ関連 l top ▲
エディット・ピアフ                 11月5日分

 上映されている映画『エディット・ピアフ』をご覧になりましたか?
 世界的な大スターのエディット・ピアフの人生を映画にしたものです。観にいってきました。
 ♪あなたの燃える手で 私を抱きしめて  
  ただ二人だけで生きていくのよ
  ただ命の限り 私は愛するの・・・
  頬と頬寄せて 燃える口付け 交わす喜び
  あなたと二人で 生きてゆくのよ・・・♪
有名なシャンソン『愛の賛歌』は彼女、エディット・ピアフの代表作です。
 「エディット・ピアフ」という人のことは知ってはいました。
・ 20世紀前半に生きたシャンソン界の大スター
・ 小さな体で、ダイナミックに歌う歌手
・ 有名な男性のシャンソン歌手を多数育てた人
・ 恋に生きた人生
映画を観て、なんだかいろいろ考えさせられました。

スゴイ人だなあ
 改めて、スゴイ人だなあと思いました。歌に想いがこもっていて、誰にもまねできないような歌を歌う人。みんなが聞きほれて魅了してしまう魅力を持っている人。
・ 「ばら色の人生」
・ 「アコーデオン弾き」
・ 「私は後悔しない」(「水に流して」)
・ 「パダン」
歌そのものがすごいと思っていましたが、彼女が歌う背景・ドラマがそこにあるんですね。ただ単に歌っているわけではなく、自分の実生活・心情がそのまま歌になり、それを歌っているから、心を打つのですね。

時代を感じた 貧困とは?
 20世紀前半を生きた彼女の時代を映像で見た思いがしました。フランス・アメリカのその時代。
 彼女は、貧困な境遇で育った。男が遊ぶ場所の真只中で育ち、世の裏事情を見て育った。その当時のフランスの状況が見える。跳びぬけて歌がうまかった彼女は見込まれ、世界的大スターになったが、生涯麻薬と縁が切れず、なんだか世の中を斜に構えるような目で見ている。
 私は、『貧困』とは何だろうかとつくづく考えさせられた。「貧困と人格」「貧困と人間性」「貧困と芸術」ただ単に自由に使えるお金がないこと=貧困ではない、深い何かを感じさせられた。「格差社会」云々と取りざたされる現代日本社会。『貧困』とは何か、『貧困』がもたらす人間への影響などを考える題材がたくさんあった映像だった。
 今の日本での『貧困』って何なんだろう?

私も歌います
 たまたまですが、私シャンソンを勉強中です。1年半前のちょうど私が50歳になったときに、これまでの人生を振り返り、新しい何かを始めようと思って習い始めたのが“シャンソン”です。きちんとした発声で、きちんとしたフランス語で歌うことに向かうシャンソンに、今臨んでいる真最中です。
 近々、発表会(学芸会のようなものかもしれませんが)があり、ドレスを着て歌います。それは、たまたまエディット・ピアフの晩年の歌『私は後悔しない』(映画で最後の場面で歌った曲)です。私の今の心境とさまざまな意味でぴったりです。
 ♪私はなにも後悔していない
これまでの人生は捨てていい
  地位も名誉もなにもいらない
  これから、ゼロから始まる人生 ♪
うまく歌えるかどうかわかりませんが、頑張ります!!

ちょっと日本を離れます
 本来なら11月5日にブログを書く予定なのですが、その日は日本にいません。うまく帰ってこられるかどうかわかりませんが、行く前に皆さんに何かを残そうと書きました。11月15日には、その報告もできれば幸いです。それでは・・・。
                          (2007.11.2記)


2007.11.02 Fri l 日々の出来事 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。