“人生いろいろ”というけれど・・・        10月25日

 島倉千代子が、♪♪人生いろいろ、男もいろいろ・・・♪♪と歌います。彼女も膨大な借金を抱えたり、がんになったりと彼女自身の人生そのものをあらわす歌だとテレビでいっていました。頭では『人間みんな、人生様々よ』とわかるような気がするのですが、つい最近、そう簡単にわかるものではないとつくづく思いました。
それは、この秋から全国の要介護の方のお宅を訪問し勉強しているのです。“原点は現場にあり”です。私の友人の川越博美さん(聖路加看護大学臨床教授・厚生労働省『2015年高齢者介護』検討委員・在宅ホスピス協会会長)と二人で押しかけの全国行脚を行っているのです。「訪問看護・来た道、行く道」と題した講演をさせていただき、現場の職員の方とたっぷり交流し意見を聞き、そして実際のケアマネや訪問看護師に同行訪問させていただく企画です。なるべく困っているケース・困難事例を訪問したいという私たちのわがままを受け入れてくださり、たくさんの方を訪問させていただいています。(看護系雑誌に連載予定です) この企画だけではなく、私は機会あるごとに困難事例という方々を訪問しているところです。

トイレにこもりきりの生活・・
 一人暮らしの77歳の女性。ダム作りの現場で、飯場で泊り込みでおいしい食事を作ったりと様々な仕事をしてきた人生。腰が曲がりやっと歩ける状態で家でがんばっている。困ることの一つは、直腸が肛門からはみ出てくること(脱肛)。手のひらいっぱいの真っ赤な柔らかい腸が股間をふさぐ。手術できないと診断され、それと付き合う人生。トイレで自分の手で直腸を肛門の中に押し込むときれいに収まる。ところが困ったことにこの方は“清潔潔癖症”。清潔観念が独特で本人もそれを自覚しているが、子どものころからでいまさら治らないという。立ってその手を時間をかけてじっくり洗っている間に、また直腸が出てきてしまう(落ちてきてしまう)。毎日これを繰り返しているというのだ。時にひどいときには3日間、トイレから出られず、トイレに座ったまま眠り、その間は食事もとれないというのである。「この夏は暑かったでしょう。それでもトイレにいたんですか?」「そうだよ。仕方ないだろう」。クーラーがないこのお宅でどんなふうに過ごしていたんだろうと思うだけで胸が痛くなる。そのために、足の血液循環が悪く、ひどく浮腫み傷ができているが治らない。
周囲の人(医師・看護師・ケアマネ・ヘルパー・ご近所)のアドバイス・支援をなかなか受け入れない。傍目には、「変わった人」「頑固な人」と思われるような人。この方を何とかトイレから出て普通に暮らせるようにするための支援方法をいっしょに考えてくれという依頼だった。
それはそれとして、長い人生の比較的最後の時期を、トイレにこもりきりの人生か・・・。それを本人はどう思っているのだろう? これからどうしたいと思っているのだろう? 冗談交じりでいろいろおしゃべりした。
私は、この方を大好きになった。自分の意見・考えをはっきりといえる。何といっても顔が生きている!
私は、思いつく限りの提案を本人と支援者のみなさんに伝えた。この方の生活・生き方の支援は、一様ではない。もちろんサービスも必要、行政の支援も必要、医療や介護のプロの支援も。
何がどう変わるか・変わらないかわからないが、私にとっては勉強になった。見かけ上のことに左右されず、本人の世界にいっしょに入り、そして白紙から考えていくことの重要性を。

一日、8時間家の中を歩き通し・・・ 
 63歳の男性(奥様と二人暮し)。インテリの方。若くて脳梗塞を何度が患い、奇跡的に自分の力でやっと歩けるところまで回復した。今の彼の生活は、一日中歩くことである。左手で杖を持ち、不安定な姿勢で腰を曲げて、家の茶の間を一日中往復して歩いている。疲れようが足が動かなかろうが歩く。食事やおやつは時に立ったままで、時間を惜しむように歩き始める。もう足が出なくなると、「寝かせてくれ!」と横になる。が、また歩く。一日ゆうに8時間は歩く。このところ転んで危ない。
 妻も支援者たちも、歩くのはいいが何とか休みながら歩けないか、転ばないようにするにはどうするか、また妻がどこにも出かけられず精神的にもまいってきたので今後どうするか、と困っている。デイサービスなど一度利用したが、本人は断固としていきたくないと拒否。
 “家の中の4mを一点を見つめて往復する人生か・・・”。本人にいろいろ話しかけても「YES・NO」を首で反応するだけ。わかっていて返事をしないのか、わからないのかの判断も難しい状態だという。「どうして歩くことにこだわるのですか」「どうも、どこかで“歩かないと寝たきりになる”と教えられたらしくて、それが頭から離れないみたい」
 医師も看護師も福祉職も一生懸命かかわってきて、今この状態。決して支援が悪いからこうなっているわけでもない。しかし、疲れきって休みたいのに横になれず、転ぶまで歩かなければならないこの状況・・・。

 人生いろいろとはいうけれど・・・。病気や障害を持ち、あるいは独特の個性を持っていることで、思いもよらない生活・人生を送ることになる。それがいいとか悪いとかは本人がどう思っているかが重要。周囲のもの、あるいは自分自身の価値基準で判断して思い込んでしまってはいけないことは確か。
 医療職や介護職は、そういう生活・人生にどうかかわればいいのかは単純ではない。単純化・標準化でかかわるような方向で教育され、そういう方向で制度化されそうな動きをみて複雑な気持ちになってしまう。
私にとっては、生き生きとした“生きている顔”が、宝物である。

スポンサーサイト
2007.10.25 Thu l 看護、介護、医療関連 l top ▲
ホームページ リニューアルしました!

選挙のときのままになっていたホームページを、やっとリニューアルすることができました。親身になって応援してくださったのは、合資会社『EPOCH NETWORK SYSTEMS』の方々です。私のわがままを聞いてくださり、本当にありがとうございました。きれいにシンプルに出来上がりました。
私のこのホームページ・ブログをどのくらいの方がご覧になってくださっているか、見当がつきません。そこがまたいいんですね。確実に見てくれている方がいらっしゃるので、そういう奇特な方の顔を思い浮かべながら書いています。

新しい会の立ち上げを準備しています

『生活』と『政治』を結び付けて考え、いっしょに勉強し、できれば政策提言(そんなかっこいいものではなく、現場からの意見をまとめ・提案のようなことをしていく)を行っていく『会』です。また、若い方々とか政治に興味をもっていなかった人にどんどん参加してもらい、次の政治家を育てていくというような大きな志をもった会です。
まだ、名称は決めていないのですが、選挙のときにトークライブという企画で、さまざまな分野のことを専門家・当事者に登場してもらって、勉強しながら考えていく。私が中心になって立ち上げようと思っていますが、皆さんのアイデア・意見をぜひお知らせください!  ぜひ いっしょに!
うまく立ち上がったら、このホームページに活動・お誘いなどを紹介して行く予定です。

看護介護政策研究所
 
 大きくは医療・看護や介護問題についての研究所です。これまで行ってきた経験をもとに、調査・取材などを通して、問題を理論化し、意見や提案をしていくような仕事を始めています。ボチボチですが、じっくりと行って行きたいと思います。成果などをこのホームページでも紹介します。

雑誌掲載記事などをそのまま載せます
 
 今度のホームページには、雑誌記事なども載せていきます。今、連載をしているのは、足立区長選挙のときのこと(6回の連載)です。また、川越博美さん(在宅ホスピス協会会長・聖路加看護大学臨床教授)と全国行脚(全国の訪問看護の現場)している内容の連載が始まります。その他、単行本など執筆の仕事は多く、さまざまな形でお知らせします。

相変わらず、10日に一度、ブログを書いていきます
 
 選挙の時には、5月4日から告示前日の5月26日までの18日間は毎日、投票日以降は10日に一度書いてきました。何を書こうかしらと悩むことはほとんどなく、書きたいこと(伝えたいこと)がたくさんです。
 今後も、“5”のつく日をめどに書くつもりです。ただ、若干、日がずれるのはお許しください。

一人でも多くの皆さんとつながっていくことを望み、少しでもお役に立つ何かになればと思っています。たまには、メールでもください! 楽しみに待っています。
よろしくお願いいたします。            (2007.10.15 記)

Email info@miyazaki-wakako.jp


2007.10.15 Mon l お知らせ l top ▲
10月5日

フィリピンからヘルパーが日本に来る??

“フィリピンから看護師と介護職が合計1,000人日本に来る”と報道されてからどのくらい経つだろうか。いつから来るのだろうとぼんやりしていたら、その話はストップ状態になっているということをつい先日聞いた。「ええっ、どうして?」

最近、どの介護現場でも介護職を募集しても集まらない。そして、退職率も高い。職員が集まらないために一部のフロアーをオープンできない施設もあるという。介護の専門学校も学生を募集しても定員割れのところもあると。という理由だけではないが、外国人労働者に日本の介護を担ってもらうという構想が動いている。そしてその是非をめぐって議論が絶えない。
私は、このことについては複雑な思いで、自分の意見がまとまっていない。いつもフィリピンのことが気にかかっていてきちんと考えようと思っていた。そして機会があれば、フィリピンに行って実際に自分で調べてみたいとも。不思議なものでそう思っていたら、いろいろな人が情報下さった。そして驚いた! 知らないことだらけだ!

貧困以下の生活の日系人
 テレビ番組を作っている友人がいろいろ教えてくれた。NHK・BS1・日曜日スペシャル『私はハポン~日系フィリピン人の選択~』(1996)、日本テレビ『父と娘は国境を越えて』(1983)などのドキュメント番組を作っている人で、ビデオやDVDを送ってくださった。フィリピンは、貧困な国だという。人材を外国に輸出して(この表現でいいのかな? 出稼ぎに行き)、外貨を稼いでいる。ところが、多くの貧困なフィリピンの人のそれ以下の生活を余儀なくされてきたのが、日系人なのだそうだ。明治時代後半(1900年前後)、多くの若者が(1,000人ほど)大きな希望を持ってフィリピンに移民した。ハワイやブラジルと同じように。ミンダナオ島のダバオはアジアで最大の日本人の町になり27,000人もの日系人が暮らしていたそうだ。一生懸命働き、現地の人と結婚したりして暮らしていた。
ところが太平洋戦争のとき、事態は一変した。戦後、アメリカ軍が日本人を日本に強制送還した。移民した日本人は日本に帰ってきたが、その妻や子どもがそのままフィリピンに残された。日本の国・日本兵がフィリピンにひどいことをしたために、深い怨念ともいえるほどに反日感情が強く、戦後日系人に対してひどい差別を続けてきたという。日本人の血が流れていることを隠して長い間、戸籍を持たないままの人もいて、貧困以下の生活を強いられてきたという。その番組を見て胸が痛くなった。その傷跡を未だもって引きずって生きている。その子ども・孫が日系人であると証明できると正式ビザがおりて日本で就労できると。そのビザで日本に来て働き、送金して家族を養っている人も少なくない。
そういう日系人を支援するためにさまざまな団体があるようだ。たとえば、日本フィリピンボランテイア協会は、ダバオに国際大学を作り、そこで介護の教育もしているという。
 日本で介護職を求めているということで、私的な団体や個人も日本語教育や介護の教育を支援しているところも数多くあると。そういう事情を本当に知らなかった。

フィリピン議会が、ストップ
 日本の政府は、フィリピンからの介護職の就労をOKした。その理由は国際社会のさまざまな状況がからんでいるがとにかくOKになった。ところが、フィリピンの議会がOKしていないという。どうしてか? 詳しい友人はこういう。「条件がきびしい。そんなことをいうなら日本に行かないでアメリカや他の国にいくぞといっているのよ」と。

 日系人の問題と、介護問題は直接的につながっているわけではないが、フィリピンという国の事情やフィリピンの人たちの気持ちも深く理解した上で、幅広い視野でこのことを考えていかないといけないと強く思った。優秀な医師や看護師の教育しているが、その人材が国外に流れ、フィリピンでは人材不足で病院の閉鎖を余儀なくされているという事情もあるという。また、最近聞いた話では、イギリスも介護職不足が問題で、かなりの部分を外国人労働者が担っているという。日本だけではない先進国といわれる国に共通する課題でもある。

 
フィリピンに限らず、タイやインドネシアなどからの介護現場での外国人労働者の受け入れをどう考えるかは、またの機会に論議しましょう。
とりあえず、近々、フィリピンに行ってこようと思っている。



2007.10.08 Mon l EPA、ガルーダ関連 l top ▲