8月25日

身内の者が認知症に・・・ 
 『一人暮らしか、共同生活か・・・
認知症の人にこだわり始めて早7年。ちょうど介護保険がスタートした時期に、当時私たちがよくわからなかった「認知症グループホーム」を、立ち上げることになった。私は、それまでの訪問看護で苦手だった(というよりは、在宅療養生活をどう支援していいか分からなかった)認知症の人の生活の場としての「グループホーム」に可能性を察知して、期待して設計からかかわってきた。そして、それから6ヶ所(9ユニット、81名)のグループホーム作りと運営の担当・責任者をしてきた。
その「グループホーム」での実践で分かったことは多大だ。その中の一つとして、『共同生活・グループリビング』の意味を認識したこと、そして環境による人間の生き方の変化(人間の本性)をまざまざと理解したことである。人は、人と群れ合って(かかわって)こそ、人間らしい生き方ができること、家族ではない他の人といっしょに暮らすことによって相手を意識し自分らしさも出しながら、それまでと違った顔で違った生き方ができることを知った。認知症になって自分だけの力で生活し生きていくことが難しい状況になった時には、誰か(専門家による)の助けをかりながら、誰かといっしょに暮らすことが、さまざまな意味でいいことだと理解した。いいかえれば、家で一人暮らしでぼうっとしているよりは、グループホームのような共同生活の場で生活することの方が(支援の仕方次第ではあるか)、元気に生き生きとした表情でいき続けられる可能性があると。

最近、身内が認知症の状態であることがわかった。一人暮らし(80代後半、女性)で一人での生活が困難になってきている。そこで、家族・親戚と有料のヘルパーが交代で24時間・365日付き添って家での生活を支えている。この在宅生活を続けるか、どこかの施設に入所するかをめぐって周囲のものたちで(時々、本人も入って)議論しているが、意見がまとまらない。現段階としては、このままの在宅生活を続けることは可能(自費のヘルパーが24時間ついていてもOKな状況)。それと、徹底した自立支援を目指しているグループホーム入所も可能な状態である。
 
■このまま家(在宅)での生活を継続した方がいいという理由
・本人が望んでいること
 以前から、家での生活を望んでいたこと。自分が一人で暮らしていくことが難しくなってきていて、交代で付き添ってもらっていることは自覚。「悪いねえ」という。しかし、施設などへの入所は考えてはいない。
・グループホーム・施設などに入所した場合に、混乱し落胆してもっと状態が悪化し、本人の気持ちを苦しめてしまうのではないか。今、穏やかに暮らしているのを壊すことにならないか。

■グループホーム(共同生活)の方がいいのではないかという理由
・家での生活が、本人の力をドンドン衰退させる。食事を作ってもらい、何でもやってもらう生活。自分のことを自分でやってもらう方向も悪くはないが、家族やヘルパーにはやってもらって当たり前という関係性・本人の理解から、家で自分ですることがない。⇒①テレビをぼうっと見ていること、②転寝をすること、③突然、思いついた何かを始める。デイサービスもあまり好まなく、週1~2回。
『個』『孤』の生活で、かかわりが非常に薄く、身体を動かすことも、話をする時間も少ない状態である。このままでは、本人の持っている力がなくなっていく一方だ。客観的も認知症が速い速度で進行している。
・ 本人の活気ある違った生活の可能性があること。リーダーシップがあり、他人との交流が得意な性格などを発揮した生活が、グループホームでは可能ではないか。生き生きとした共同生活(これまでの人生にはなかった形での新たな生活)があるのではないか。賭けのようなものだが・・・。

なかなか、難しい選択なのである。身内であってもなくても、認知症という状態になった場合の生活の場をどこにするのか・・・。もちろん自宅での生活の継続を望む声は多いが、それは他があまりいい生活に思えなかったからであろう。共同生活という場で、同じ境遇であれなんであれ、人・サポーターといっしょに暮らすことの意味・良さなどをもっと社会で語りあうべきだろう。家のよさは何? モノ? 自由? ?? それをグループリビングで保障できたら・・・。人生、状況に応じて住み替えが必要かも。
グループリビングは、認知症の人だけではなく、もっと歴史が古い精神障がい者・知的障がい者のグループホーム。今、日本にほとんどないが、私が必要だと思う『ガン末期など人生の終末期の人のグループリビング』も。何の障害もない人たちのグループリビングを望んでいる人も少なくない。

グループリビングの良さや可能性は少しは分かってきたが、人間、そう単純ではない。目の前にいる身内のこの方の今後を見守りながら、もっと深く考えていかなければ。


スポンサーサイト
2007.08.28 Tue l 看護、介護、医療関連 l top ▲
8月15日

『夏 真っ盛り』
猛暑。「暑い、暑い」といいながら、汗をかき、暑さをたっぷり味わい、そして木陰の涼しさを楽しむ、そんな夏が私はきらいではない。どちらかといえば好きだ。子どもが小さい時期には、決まって海に行き遊んで真っ黒に焼けたものだった。
先日、ひょんなことで10数年ぶりに海に入った。友人と二人で海に行き、“おばさん二人”ではっしゃいだ。友人は磯で涼風にあたっていたが、私はどうしても海に入りたくなった。一人で無邪気に水と戯れた。しょっぱい水を舐め、体中海水が染入った。
そしてふと思った。海は生き物の宝庫。このしょっぱい水が生き物の原点だ。なんと豊かなのだろうと。何だか生きるエネルギーを補給したような気分だった。『生き物としての人間』『生きること』『生きるエネルギー』などということをツラツラ考え、ビール片手に近くにいるどこかの子どもたちと遊んで、気分よく過ごした半日だった。

この暑い時期に毎年、終戦記念日がある。今年の夏は、『人生のターミナル』についても、ツラツラ考えた。
① 義父の新盆で、偉大な義父の生き様と死に方を思い起こした
② 映画『終わりよければすべてよし』(羽田澄子監督)を観た
③テレビ等で原爆、戦争・平和の番組を観た
 詳しくは、またいつかここで書こう。

『生きること』『死ぬこと』を、頭のどこかで考えたこの時期。何だか胸が疼く(うずく)自分に気づく。ナチスドイツ・南京大虐殺・原爆などに接する時、“自分が社会的な活動をする原動力は何か”、“私は、何に対して怒りを持っているのだろうか”“私は、何を変えなければいけないと思っているのだろうか”と、改めて私自身に問い直す。自分でよくわからなくなってしまう。

 少し感傷的になっている私かな?
 

2007.08.17 Fri l 日々の出来事 l top ▲
8月5日
『後期高齢者医療制度』
いつ国会で決まったのか、どんな制度なのかよくわからない『後期高齢者医療制度』。国民に、医療関係者にどんな影響があるのかわからないが、来年4月からスタートする。75歳以上の高齢者をめぐってかなり大幅に変化がありそう。
8月4日(土)に、後期高齢者医療制度を考えるシンポジウム実行委員会主催で、綾瀬プルミエで開催された。久しぶりに人前でコーデイネーターをし、いっしょに学びました。シンポジストの方の資料をもとに概要をまとめると以下の通り。

<シンポジスト>
① 渡辺俊介氏(日本経済新聞論説委員・社会保障審議会委員・東京女子医大教授)
② 野中 博氏(野中医院院長・社会保障審議会後期高齢者医療のあり方に関する
特別部会委員)
③安達智則氏(健和会医療福祉調査室室長)
<コーデイネーター>
 宮崎和加子 (看護介護政策研究所所長)

◆ 制度の仕組み
◇対象者  75歳以上の人(後期高齢者) 約1300万人
      75歳以上の人は、これまでの老人保健法の「老人医療」や、国民健康保険などの対象ではなく、「後期高齢者医療制度」1本となる。
*ex 現在、75歳以上の人は、3つの保険証を持っている。
   「老人医療証」「国民健康保険証」(国保の場合)「介護保険
証」これが、来年4月以降、「後期高齢者医療証」と「介護保険
証」のみとなる。
◇医療費  現時点で75歳以上の人の医療費は、11.4兆円
      この水準を基にして制度設計している
◇財源  ①高齢者からの保険料 10%
②公費 50%(国:4、都道府県:1、市町村:1)
     ③支援金40%(各健康保険制度の保険料から)
◇保険者 
新たな地方自治体の広域連合(都道府県内の全市町村が参加する広域連合)これまでの、介護保険や国民権保険は市町村が保険者だったが、今度は「広域連合」という新たな地方自治体(中間的自治体)。このことによる国民への影響が今ひとつわかりにくい。「広域連合」では、議会があり東京都の場合、すでに31名の議員が決まっている。保険料などもここで決まる。だから、各県によってかなり保険料が違う可能性がある。
制度のあり方について、市民・国民が意見・提案・苦情などを言っていく必要があるが、新しいこの自治体がなじみがなく、制度そのものが国民から遠くなるのではないかとの懸念あり。
◇保険料
 広域連合ごとに決定(広域連合議会が条例で決定)
 応益割(頭割り)と応能割(所得比例)の合計
   応益割の全国平均は、月額約3100円
例)・厚生年金の平均的な年金額(年208万円)の受給者
   応益割:3100円 + 応能割:3100円 =6200円(1ヶ月)
例)・自営業の子どもと同居の人の場合(本人の基礎年金79万円。子ど もの年収390万円)
       応益割:3100円 + 応能割:0円 =3100円(1ヶ月)
例)・一人暮らしの基礎年金受給者の場合(本人の基礎年金79万円)
       応益割:900円(7割軽減) + 応能割:0円 =900円

◇診療報酬体系
  まだ、骨格も決まっていない。骨格が決まるのがたぶん、12月ころ。報酬額が決まるのが、2・3月ころではないかとのこと。
 医療は、主には、入院医療・外来医療・在宅医療の3本柱。それぞれについての医療費の支払われ方がこれから議論し決まっていく。今の段階で提示されていて検討しているのは、『総合医』の制度化?。外来医療や在宅医療で、高齢者が主治医(総合医)を決めて、身体だけでなく、生活もみてくれる医師を選ぶ。その医師が定期的に身体や心や家族のことまで把握し相談にのるというもの。また、地域のケアマネ・訪問看護師・他の専門家といっしょになってサポートしていくというものだという。
(詳しい資料など希望の方は、連絡を)

◆本当に安心して医療を受けられるような制度になるのだろうか?
 シンポジウムに参加した200名弱の方は、一般市民・医療関係者・福祉関係者。質問・意見もたくさん出た。具体的に、●75歳以上の夫と75歳未満の妻の二人暮しの場合の保険料の算定方法は? ●実は障害者もこの制度の中に入ることになっているというがその実際は? ●75歳未満の前期高齢者は老人保健が残るのか ●参院選の結果は、医療改革にどう影響するか ●高齢者が増えていくと保険料もどんどん上がっていくのではないか など。
 会全体では、少しは「後期高齢者医療制度」についてわかったという印象。ただ、給付体系(診療報酬の骨格)が決まっていないので、海のものとも山のものともいえない。強く思ったのは、診療報酬の骨格や報酬額が決まる前に、現場からのさまざまな提言・提案をしていかなければならないということ。そのための動きを私も頑張っていかなければと思いました。
 当面でいうと、健和会全体で行っている『死亡に関する調査』を担当させてもらっていて、それを早期にまとめて発表することです。病院・診療所・福祉施設で健和会関係で発行した死亡診断書調査、訪問看護ステーションで関わった方の死亡調査、特養ホーム・老人保健施設・グループホームなどで亡くなった方を詳しく調査中です。人は、実はどうやって死んでいるのでしょう? 統計だけでなく、生々しい実際をまとめ、何らかの形で政策に反映できるようにがんばっていかなくては!

どうしても心配が残るのは、そもそもこの制度ができた背景が財政問題ということ。高齢者の医療費抑制を目的に創設されるとすれば、果たしてじっくり生きて、しっかり介護も受けることができて、満足した気持ちで生をまっとうできる医療制度になるのだろうか??  黙ってみていないで、意見をいい、提案し、行動する・・・。そういう意識ある市民運動・医療運動を行わないと・・・。ね。

*私への連絡先は下記です。よろしくお願いいたします。
 健和会の仕事を一部担当させていただいています。

連絡先   宮崎和加子
120-0022 足立区柳原1-29-16 看護介護政策研究所
fax 03-5813-7396
         mail info@miyazaki-wakako.jp


2007.08.06 Mon l 看護、介護、医療関連 l top ▲