7月25日

宮崎県知事『東国原英夫』さん

みなさんよくご存知の「東国原英夫さん」こと、「そのまんま東」さん。そうです、今年宮崎県知事に当選した人です。みなさんは、彼が県知事になったときどう思いましたか。正直言って、私はマスコミに出てくる彼を見てあまりいい印象を持ちませんでした。でも首長を目指した私は“どういう人なのだろう”と、彼が書いた本『宮崎で生まれた改革の波は、そのまんま東へ!』(kkベストセラーズ)を読んでいろいろ考えさせられました。

◆よく知らないで人を決め付けてはならない
私は、スポーツ選手やタレントがよく政治のことも知らずに、知名度が高いというだけで当選している動きをよく思っていません。テレビに出て名前が知られているというだけで投票する国民・市民がなんと軽薄なのかと思うからです。そういうことに重きを置いた立候補者を選ぶ今の政党のやり方にも大きな疑問を持っています。数の論理・力ではなく、政策やこの国・自治体をどのようにしていくのかの内容が大事だと思うからです。
そのまんま東(東さんと呼びましょう)も同様で知名度だけで、芸能の世界から簡単に政治の世界に移ったのかと思っていました。しかし、本を読んで彼の生き様や立候補のいきさつを知り、彼について言えば、「時間をかけ、よく勉強して、自分で政策を立案し、よく宮崎県民と話し、そして県知事になったんだなあ」と思いました。
東さんは、芸能の世界からやむなく遠ざかり、そして2000年に早稲田大学に再入学して勉強し、サークル活動などを通し、福祉の現場にもいった。卒論のテーマは「地方の活性化と、市町村合併問題」とし、そのモデルを故郷の都城を選び、ちょうど合併後の統一選挙の時に現地で選挙の有様を見聞きしてレポートしている。卒業後、「政経学部」に再入学し、その道を学ぶ。入学したとき、3つの人生プランを描いた。①専門職大学院でさらに学び続ける道、②学部終了時に大学院に編入する道、③在学中に自治体の首長選挙があったら出馬を考える道。その勉学中に“日本を立て直す、地方から”“独学でマニフェスト研究を”と模索する。結果として宮崎県知事の官製談合問題のあとの県知事選挙に立候補した。「宮崎は今、危機に瀕している。全県民パワーが必要だ」と住民参加を主張し、とにかく動いた。これまでの組織選ではなく、市民中心の選挙を目指し・・・。結果、当選した。
私は、「よく勉強し、よく考え、よく動いた」と思った。安易に思いついて行ったのではないということがわかった。まあ、本にはかっこよく書かれている部分もあるかもしれないが、それを差し引いても評価できる部分が多々ある。正直、私は自分自身の勉強不足も痛感したし、動き方の足りなさも実感した。
 とにかく“よく知らないで、人を評価・決め付けてはならないなあ”とつくづく思った。

◆50歳前後の人生の転機
 東さんは1957年生まれの49歳。私は1956年生まれの51歳。同年代の生き方・転身にも感慨深かった。他の分野でさまざまなことを精一杯生きてきて、50歳を向かえる時。40歳ではなく、60歳でもない、50歳。深く分析はできていないが、自分の人生のとっての50歳の意味と同時に、10歳年上の多数のエネルギッシュな団塊の世代との関係の“今の50歳の人たち”の生き方。共通した何かを感じた。
いつも意識する団塊の世代、団塊の世代に頼りきった生き方、医療・介護・年金など高齢社会の大問題の中核の大集団の自己主張の強い団塊の世代を支えるべく年代、ちょっと頼りなく見える世代、若者とのつなぎ役を受け持つ世代・・・。
日本の社会にとって、様々な意味で実はとても大事な世代なのではないだろうか。いろいろ見渡せば、おもしろい人がたくさんいる。そんな自覚はするが、さてどうするか、どうできるか・・・。

◆「革新」とはなんぞや?
 東さんが、最後の方でこう書いている。
「日本中が革新ネットワークでカバーされれば、国の姿は確実に変わっていく」
「それぞれの地域の人たちの意識を変え、自分たちが、日本を担っていくのだという意識を持ってもらえるようにするのが、知事なり自治体の首長の役割ではないだろうか」
「革新的な県が手をつなぎ、連帯しなければならないのだ」
など、「革新」という言葉を使っている。
私は、“えっ”と首を傾げた。そのまんま東は革新なの? 宮崎県政は、革新自治体になったの? 
そもそも「革新」って何なの? 「革新」「革新政党」の違いは? 現日本政治体制(自民・公明)に反対する立場が革新なの? 「野党」と「革新」の違いは? 現在の日本の革新政党はどの党? 社民党は? 共産党は?
 政治に詳しい友人にきいたところ、1970年代は、革新の3つの条件があったという。日米安保条約に対する立場云々。その後いろいろ変遷して、今は? 定義があいまいだと。前社会党は革新政党といっていたが、現社民党は革新政党と自らは言っていないと。 これまでの日本の政治がだめだと思っている国民は多い。なにか変えなければならないと思っている人も。しかし、何がだめでどうすればいいのかの方向性や変え方について、「保守」と「革新」は何が違うのか。小沢がいうように、保守二大政党が国の方向性を決めていく方向がよく、「革新」「革新政党」は必要ないのか。「革新政党」は当てにならず、革新的な市民運動が必要なのか? どなたか、じっくりと勉強しあいましょう。なんとなくで言葉を使っている印象である。これは実は、大事な根っこを見ていないのかもしれない。そんな気がした。

 そのまんま東が革新かどうかは別な機会にじっくり論議することにして、また、彼の具体的なマニフェストや地域活性案や方向性の内容は今回は別として、真正面に向き合って取り組んできた姿勢と動き方について感じたことを書きました。


 『宮崎わかこ』のオフィシャルサイトが更新できないでいてすみません。選挙が終わってもう2ヶ月なのにとお叱りを受けそうです。弁解をします。只今、ホームページの全面変更中です。とにかくこのホームページは残しますし、ブログは書き続けますので。8月中には、新画面・イメージになるようがんばります。
時々、「楽しみに読んでいるのよ」と声をかけてくださる方がいらして、本当にありがたいです。暑そうですが、豊かな夏をすごしましょう! 参議院選挙の結果も注目しましょう!



スポンサーサイト
2007.07.29 Sun l 日々の出来事 l top ▲
映画『選挙』を観て
選挙のことがドキュメントで映画になっていると聞いたのは、足立区長選挙の真最中でした。とにかく見てみなければと先日渋谷で観てきました。

◆あらすじ
すでにご覧になった方もいらっしゃるかと思いますが・・・。落下傘部隊として地元に何の縁もない山内和彦氏(40歳)が川崎市の市議補選に立候補することになった。自民党公認だが、地盤がない。他の議員の地盤を借りての選挙。協力した議員からは、「補選だから通るが、次は自分の力で戦わなければならないからたいへんだぞ」といわれながら、夫婦そろって必死で取り組んでいる様子が描かれている。朝の駅頭での宣伝活動から、夜遅くまで。二人そろって家に着いても引っ越してきたばかりのダンボールがまだ空いていない状態のワンルームに着の身着のまま寝る。僅差で当選する。解説や音楽など全くなしのそのままの映画。

◆感想
*選挙に立候補したものとして“同じだなあ”と思ったこと
・朝早くから宣伝活動・・・とにかく朝早くから夜まで体力勝負、自分が真っ先に動くことが必要なこと
・手の上げ方や演説の仕方など慣れないことからの出発の緊張感
・周囲の声・・・ありがたいんですが、意に反することを言われてどうすればいいか悩むことが多い。時に全く正反対のアドバイスも受ける。たとえば、映画では妻が働いて彼を養っている形になっているが、支持者が「妻は仕事を辞めたほうがいい」という。そのことで、帰りの車の中で二人で口論になる。妻の人生をどうするのか・・・。私のときにも、さまざまあった。洋服の色や化粧の仕方まで。支持者の言いなりになることが必ずしも良いことだとは思わないが、しかしせっかくのアドバイスなので・・・。
・疲れて寝るだけ・・・何だかわからないが、とにかく疲れる。終わったあと、皆さんが口をそろえて言う言葉「お疲れでしょう」と。選挙に慣れてくるとそうでもないんでしょうか? 
 など、選挙期間中の時間の使い方、支持者との関係性、組織・団体とのからみ、など共通して、そうだったなあと思うところはいくつもあった。

*お金はどうしたのかな? 政策がほとんど出てこない
 映画の中で物足りなかったことは3つ。
①選挙資金のことがほとんど出てこなかったこと。唯一出てきたのは、映画の中で妻が「これで落選したら私たち一文無しよ」ということ。ということは、自分たちの私的なお金をかなり使っていること(全財産かな?) 落選したときに何も残らないこと。(お金も仕事も) たぶん、そのかわり、当選したら議員としての報酬を自分の収入とするのでしょう。生活がかかっている事業なのですね。この資金の扱いとその後当選の折の報酬の分配の方法が、政党によってかなり違うのだと思う。そのことは当然選挙中の動き方・気持ちにも影響する。たぶん、このことが歪んだ政治、利権政治・金権政治のもとになるのだと思う。描けないのかもしれないが、そのあたりをもう少し突っ込んでほしかった。
②政策の中身の論議が見えなかったこと
 選挙は『政策』。接戦だった相手候補・自称「福祉の専門家」の民主党の候補者との政策の違いなどを出したほうがいいと思った。出しにくいのは重々承知の上だが、でないとただ単に、選挙に出ることの物理的な大変さだけになってしまう。選挙で大事なことは、誰がどういう政策を作り、それを相手候補者とどう議論するか、そしてそれを一般市民がどう選択するのかのはず。それが抜けている選挙・映画は薄っぺらである。それがこの映画ではほとんど見えなかった。ましてや一般市民の動きや声は全く見えない。
③山内氏の立候補の動機や議員になって何をどうしたいのかが伝わってこない。


*これが映画になって観客が多いということはどういうことだろう?
選挙に立候補した私が見た感想は前記の通りですが、一般市民、特にこれからを担う若い世代はこの映画をみてどう思ったのだろう?
・ 政治というものが少しでも身近になったのかな? たとえば、自分の立候補してみようとか。そういうことを望むなら、山内氏が政治をどう勉強し、何をどう変えたいと思っているかをきちんと伝わるようにしなければ。選挙に立候補するのは、ただ単にお金目当て、名誉目的ではないはず。
・頭を下げ、怒られ、眠る暇もなく、たいへんな思いをして選挙に立候補したが、いったいそれで何を得たいんだろう? と思った若者もいたのでは?
・政党間の違いが全く出てこない。これは自民党の川崎市議補選の一候補。これを観て選挙ってこういうものなのかと思い込まれては困る。自民党の典型的な選挙の仕方なのかどうかは知らないが、選挙の仕方は多様。多様でなければならないし、こういう選挙のやり方でダメだと思って、違った選挙をするする人も多い。そのことも少しは伝わる中身の映画にしてほしかった。私自身もこの映画と違う選挙をしようと頑張ったものの一人。表面化できない中身の実際は少なくないかもしれないが、それも含めて公表し、変えていかなければことが多い。
政治家は何をする人なのか、そのための選挙って何なのかを、一般市民に少しでも分かりやすく伝える映画なのかもしれないし、それは一定程度伝わったのかもしれない。しかし、私の中には、物足りない感情が多く残った。

Mail:info@miyazaki-wakako.jp
ホームページ:http://www.miyazaki-wakako.jp
2007.07.16 Mon l 日々の出来事 l top ▲
足立区議会本会議を傍聴
6月28日に足立区議会本会議がありました。はじめて区議会を傍聴しました。その内容と感想を報告します。

◆4時間、文章を読むだけの議会
 傍聴席は80席。傍聴するには2つの方法があり、①一般傍聴は開始30分前に傍聴券が配られ、多数の場合は抽選になると。②政党に割り当てられた傍聴券での傍聴。この日は抽選になりました。
 まず、新区長の近藤やよい氏が演説。その内容は、配られた用紙に全部書いてあり、それを読むことだった。特に目立った内容としては、インナーマニフェストとして区庁舎内の職員に区長が出してマニフェストを具体化するための方策を内部で提出するように指示したことの内容。また今回の補正予算案では、義務教育間の子どもの医療費無料化するための予算の修正をしたことなど。あとは区長選挙で出したマニフェストを徐々に具体化する旨の話だった。
 その後、各党からの代表質問とそれに対する答弁。合計4時間強。壇上で話す人の内容は(各党の質問も)全部傍聴者に配られたペーパーに書いてあり、原則それを読むだけ。答弁は、傍聴者には配られないが、前にいる行政の人と議員には配られている。つまり、4時間全部が紙に書いてあることを読むだけだった。途中居眠りをしている行政の人、議員さんもちらほら。議論はほとんどなし。傍聴人も政党からの動員の人が多いらしく、その政党の代表質問が終わると帰ってしまったり、支持政党の代表質問の時だけやってくる人など。
 はじめて傍聴した一市民としての私の第一の感想は、ペーパーを見て読めば分かることをどうして4時間もかけて、すさまじい人件費をかけてやっているんだろう? 誰が聞いているんだろうか? やる必要があるんだろうか? 形だけの内容になっているのでは? 議員がこんなにたくさん必要なのだろうか?
 かといって、2200億円のお金をどこにどう使うかを決める大事な議会なのだからやらなくていいというわけではない。 何なんだろう? 

◆足立区で何が問題になり、検討しているかは分かる
 区長選挙に立候補した私が、私なりに足立区という行政区で何を行わなければならないかを、みなさんの協力を得ながら、ゼロから知り、勉強し政策を作ったが、区議会の内容をあまり把握していなかったものが立候補するというのは、かなりの冒険だなあと改めて思いました。予算書だけを見て区のやろうとすることを分かる人はそう多くないだろうと思うが、大筋、何を問題と認識しそれに対してどう予算化しようとしているのかは分かる。各党の質問事項の深まりの足りなさを感じた。適当な答弁で提案どおりどんどん決まりそうな雰囲気。与党が多ければ、議論など必要があるのかと思うほど。
 私が始めて知ったことに、北千住東口の開発が検討されているが、ホテルを作る計画も検討されていると。一瞬、いいのかなあ? と思った。その他のことでも検討されていることが本当にそれでいいのかをチェックし、きちんと適切な時期に適切な意見を述べていく人は誰なのだろうか? 区側から意見を求められていう機会ではなく、自発的に言っていく人・・・。足立フォーラム21の市民運動はそういうことを行っているのだろう。しかし、膨大な予算を使う事業についての区民の声は本当にどのように反映されるのだろうか? 議員も大事な役割があるが、議員とつながりを持たない人の一般市民の声をどうやって区政に反映するか・・・。
 
◆高齢者福祉・介護の議論はゼロ
 驚いたのは、こんなに区民が不安に思っている介護のことが議会でほとんど話題に上らなかった。コムスン問題で影響が出る区民への対応については、「困らないようにするように指示しました」という区長の一言。代表質問で、「不正をする事業者がいるので、もっと監査・指導を強めろ」に対しては、「はい、そうします」のみ。どうしてコムスン問題が起こるのか、その背景と介護問題全般を見た議論になっていない。なんていう浅い論議なんだろう。
 介護サービスの充実についてなど、あるいは、認知症の人対策などの議論は皆無。区長自身がマニフェストで、介護サービスのことを一言もあげていないので、これもやむをえないのか・・・。しかし、医療や介護問題を自治体独自で本気で取り組む姿勢は全く見受けられなかった。 複雑な思いだった。

 補正予算のための議会だし、本会議なのでこういうことなのかもしれない。他の委員会は傍聴していないのでなんともいえないが・・・。実際に区議会を傍聴し、さまざまな思いが残った機会でした。
2007.07.07 Sat l 日々の出来事 l top ▲