新しい本を出版    2016年8月5日分


表紙

 昨年から準備してきて、やっと出版にこぎつけた本です。『訪問看護師のための診療報酬・介護報酬の基本と仕組み』メディカ出版。私の後任の全国訪問看護事業協会の事務局長の清崎由美子さんと、現場の訪問看護師の加藤●○○さんと○●との共著です。いろいろ本を企画し出版させていただいていますが、この本の内容ははじめてのものです。なかなかいい本に仕上がりました。
 訪問看護制度は複雑で難解です。医療保険と介護保険にまたがり、利用者は病名や病状により保険の適応が違います。
新しく訪問看護の現場に入った看護師は、その仕組みを理解するのにとても苦労しています。理解をしないでただただ訪問だけをすればいいという訪問看護ステーションもあるようですが、それでは真に利用者に即した内容のサービスを行うには不十分だと思います。
 その理解を助けるための本です。訪問看護関連の制度や仕組みについて初心者向けに、あるいはベテランでもより正確で確実な理解のために作った本です。

以下、初めにより(抜粋)

「訪問看護は、医療保険と介護保険の両方にまたがっていて制度が複雑で分かりにくい」
「病名・病状によって利用する保険がかわるので、覚えきれない」
「医療保険と介護保険のしくみがわかるのに1年かかった」
「どうして訪問看護は、制度が複雑なの」
「制度や報酬がよくわかる簡単な本はないの」
このような声に応えるためにこの本を作りました。

 訪問看護に関する制度や報酬はどうして複雑で難解なのでしょうか。その理由は、以下のようなことが考えられます。
 一つは、訪問看護の歴史から見えてきます。社会の要請にこたえて自主的に開始した訪問看護が医療保険で制度化したのが今から30数年前。1回の訪問で1,000円の報酬でした。その後、1992年から始まった訪問看護制度で「訪問看護ステーション」という看護師が管理者となる事業所が新設されました。そこで制度や報酬の仕組みが大きく変わり、初めて訪問看護で利用者から利用料(250円)を直接いただくことになりした。
 それがやっと定着したかに見えた時、2000年に介護保険がスタートしました。そこから、訪問看護は従来の医療保険と介護保険との両方の制度に関係することになり、複雑化していきます。
 また、訪問看護関連の仕組みや報酬が複雑な理由のもう一つは、報酬改定の度に少しずつ制度の改善をしてきたことです。それも現場の意見を集約し要望し、利用者にとって、あるいは訪問看護を実施する事業所や看護師にとって良い方向に制度を充実するように改善してきた結果です。
 複雑化している訪問看護関連の制度や報酬について、マイナスに受け止めるのではなく、よりきめ細やかに利用者にサービス提供できるようにしているとプラスとして理解して取り組んではどうでしょうか。詳しい正確な法律や制度・報酬の成書はいくつかありますので、それをフル活用していただきながら、この本は入門編です。また、この本では、特に医療保険と介護保険、その関係等について中心にまとめました。このほかには、公費医療費・自賠責・・・障害者自立支援法・・・生活保護関連など多岐にわたる制度・報酬がありますが、他の成書を参考にすることをお勧めします。

<この本の活用方法>
1 新しく訪問看護の仕事に就く方の新人教育のテキスト
新人教育・研修で活用しやすいように、パワーポイントの資料を・・・書いてください
2 現場の職員の手元に置く身近な参考書
3 事務職の保険請求などの手引書
4 ケアマネジャーの“訪問看護関連の制度”の理解のための参考書
スポンサーサイト
2016.08.30 Tue l 著書紹介 l top ▲
「こうして死ねたら悔いはない」   2013年4月5日分

 『平穏死のすすめ』(講談社)『平穏死という選択』(幻冬舎ルネッサンス新書)などの著者の石飛幸三先生から、新しい本が届きました。『こうして死ねたら悔いはない』(幻冬舎ルネッサンス)です。早速、読ませていただきました。とても“いい本”でした。

まっすぐな気持ちが伝わる
石飛先生は、日本の社会に「平穏死」という言葉を定着させた張本人。不必要と思える延命処置をせずに、(特に胃ロウ)「自然にまかせて死ぬ」ということの意味を提唱していらっしゃる。今回の本は、ご自分の生き方・考え方、というかご自分の経歴などを包み隠さず、本音で端的な言葉で伝えて下さっています。先生のまっすぐな気持ちが伝わってきます。医師に、特に若い医師に読んでいただきたいなあと思いました。

原 美幸さんのこと
 この本では、死と向かい合って生きた・生きている人が実名で数人登場します。読み進める中で「原 美幸さん」という名前を見てびっくりしました。知り合いだったからです。
 原さんは、優秀な訪問看護師でした。2009年の全国訪問看護事業協会主催ターミナルケア研修の講師としてお願いしたのでした。原さんは、緩和ケア専門看護師の資格を持ち、ホスピス病棟ののち訪問看護のエキスパートとして活躍されていました。お願いした講義は在宅緩和ケア・・・特にがんの痛みを除去・緩和する方法についてでした。素晴らしい講義でした。
 翌年再度講義をお願いしようと思ったら病気で難しいとのことでした。その後どうなったのが心配だったのですが聞くことができないでいたのです。
 原さんは、胃がん(スキルスタイプ・進行性)でした。予後2・3か月と言われ、さまざまな治療を拒否し療養していたようです。食物がのどを通らなくなってきている状態でも、友人たちと居酒屋に同行したり・・・。
 そしてこの本の完成を待たず昨年末に永眠されたとのです。しかし、余命があまりないという状態での原さんの考え方・生き方がこの本に紹介されています。胸を打ちます。
 原さんの講義を受けた方がたくさんいると思います。原さんの天晴な生き方に拍手!!

死と向き合った時、「生きる力」が湧いてくる
 「死ぬことを考えて、きちんと話し合うなんでとんでもない。縁起でもない」ということが日本では当たり前に受け止めてきたが、それではだめだ。死はいつ訪れるかわからない。突然その時が来るかもしれない。死を遠ざけず、真正面に受け止めてみよう。「あと半年の命」と宣告を受けたことを想定してみよう。半年間をどう過ごすか、何をするか・・・。覚悟して向き合ってみよう。そうれば生き方・人生観が変わるかもしれない。
 石飛流にいえば、“死と向き合った時、「生きる力」が湧いてくる”。私もまったく同感です。

 ぜひ、一読を!


2013.04.12 Fri l 著書紹介 l top ▲
東日本大震災 その10 訪問したいのにできない複雑な事情  5月3日

 訪問予定していなかったが、近隣の訪問看護ステーションから情報を聞き、原発から20km~30kmにある訪問看護ステーションの管理者に電話で連絡し、急遽会っていただくことになった。住民が避難しなければならない地域なので、母体の病院も入院患者を全員他に移し、休止状態。ステーションも休止状態で休業手当を支給してもらっているという。
 
やむなくボランテイアで訪問を始めた
事情は、次のようだった。
事務所は、原発から20kmから30kmにある。母体の病院も病棟は閉鎖し、外来を少し開いている程度。理事長からは病院なども全部休止するように言われ、訪問看護事業所としては休止している。
しかし、親戚や避難所に避難した住民が、時間が経つに連れて帰ってきている。帰ってきた住民は、「放射性物質に被爆してもいいので、自分の家で暮らしたい。自分はもう若くはないから。でも、若い人たちはそういうわけにはいかないから、帰ってくるなといっている。だから年寄りだけ帰ってきた」というのだそうだ。
その中には、要介護だった人が床ずれや病状が悪化したりして帰宅している人もいる。もともと訪問看護の対象だったかたから「帰ってきたからまた訪問してほしい」と依頼がある。また新しい利用者からの相談もあり迷っている。自宅に困っている利用者いるのに、事業所は休止しているから訪問にいくことができない。
それで、見るに見かねて仕事ではなくボランテイアで訪問を始めたという。

訪問看護をしてもらえるなら、自分たちも
ところが、遠い親戚に避難した利用者の家族から「自分だけでは介護できないが看護師さんが訪問してくれるなら自宅に戻りたい」といわれ、渋っている。自分がボランテイアで動くことで自宅帰宅促進になってしまい、そのことがあとあとその方々に大きな不利益になるかもしれない。どうしたらいいかわからない。役所に問い合わせてもはっきりと答えてくれないという。これは大きな問題である。

自分はいいが、若い看護師は・・・
 訪問看護に限らず、訪問介護もデイサービスも事業をしてもいいのか、して悪いのかの判断に困ってしまう。この管理者さんは、こうもいう。
「自分は50歳代だから、多少の被爆を覚悟している。それでも出来ることを実施したい。でも他のスタッフにここでやれとはとてもいえない。若い訪問看護師たちもヘルパーたちも遠くに避難しているが戻って来いとはとても・・・。

町の人から

住民が帰ってきているので、店も少しだけ開けているところがあって魚なども手に入るようになってきた。すると地域住民が「看護師さん、町の人は帰ってきて動き始めているんだから、遊んでないで訪問してほしい」と。
自分もふらふらしているのがつらい。出来るなら訪問したいがどうすればいいかわからない。 とても深刻な状況に見えた。
  
      5月3日記
2011.05.03 Tue l 著書紹介 l top ▲
『認知症の人の歴史を学びませんか』   12月15日分
 
 訂正です。今年中に出版になると書いたのですが、来年の1月が店頭に並ぶ出版日になるそうです。目次は次のようです。

『認知症の人の歴史を知っていますか』――変わること、変わらないこと、変えられること

宮崎和加子・著
田邊順一・写真
中央法規出版
2000円
まえがき
その1 歴史を学ぶ前に
その2 認知症の人の居場所の変遷
その3 40年前のこと
その4 精神病院という場で
その5 身体拘束禁止にたどりつくまで
その6 動きだした特養ホーム
その7 老人保健施設とE型デイサービス 
その8 宅老所・グループホームの試み始まる
その9 「呆け老人を抱える家族の会」発足と市民活動
その10 介護福祉士の登場
その11 2つの視点から40年を振り返る
その12 未来に向けて
[対談]認知症にまつわる制度はどうつくられてきたか?
あとがき
付録

「はじめに」「おわりに」からちょっと抜粋
「歴史を知らぬものは、未来を語れない」 この本はこの言葉から出発ました。私はこの言葉をずっと心の奥に持ち続けています。恩師である故・川上武氏(医事評論家)から教わった言葉です。歴史は過去のことではなく、今のことであり、これからのことなのだということです。

認知症の人の支援のあり方は、世界中の大きな課題です。日本の到達点は何か、そしてそれが世界の中でどういう位置にあるのか。私は、決して遅れているわけではなく、未来を示す実践が始まっているのだと思います。
 けれども、ここに至るまでの歴史というのは、悲しいものです。認知症になってしまった人の多くは、これまで悲惨ともいえる姿で生き、そして亡くなっていかれました。
何も悪いことをしたわけではない認知症の人、病気が原因で記憶障害・認知障害の状態になった人が、手足を縛られたり、牢屋のようなところに閉じ込められたり、薬でぼうっとさせられて、そして死に至りました。憲法に保障された人間として誰もがもっている権利を保障されない『無権利状態』に置かれてきたのです。私がこの本をまとめたいと思った最も大きい理由は、「この歴史を忘れてはならない」「この歴史を繰り返してはいけない」ということを伝えるためです。

認知症のことが社会問題となり始めたのは、1970年ころです。それからおおよそ40年を迎えようとしていますが、過去においてどのようなことがあり、何がどんなふうに変わってきたのでしょうか? あるいは誰が変えてきたのでしょうか? 私自身の認識や体験を含めて伝えていくのが、この本の目的です。これから、認知症の人たちにフォーカスを合わせ、約半世紀の歴史を振り返ってみたいと思います。
なお、この本は、専門家だけに向けてではなく、昔のことを知らない若い介護職や学生、一般市民の方たちなどに向けて書き進めました。そのため、なるべく専門用語を用いず、わかりやすく説明したつもりです。
 認知症をとりまく状況は、確かによい方向に変化してきているとはいえ、まだまだです。認知症の人がどこでも安心していきいきと自分らしく生きられる状況ではけっしてありません。この本が、歴史の歯車を少しでも前に進めることに役立てば筆者として望外の喜びです。


 我ながら、この本はとてもいい本だと思います。関係者だけでなく、一般市民のみなさんも誰が読んでもいい本だと思います。どうぞご一読を!!

2010.12.21 Tue l 著書紹介 l top ▲
今年3冊目の本の出版!   12月5日分
 
 年末に、1冊の本が出版されます。『認知症の人の歴史を学びませんか』(中央法規出版、宮崎和加子著、田邊順一写真・文、2000円)です。オビ(本の表紙下の方)内容は、“ここまできた! 認知症の人の生き方 閉じ込められ、縛られてきた歴史からの脱却 誰が、何が変えてきたのか 初めて認知症の人の歴史が1冊の本に!”というものです。

今年3冊目
 今年3冊目の本の出版です。間違わないで下さい。3冊書いたのではありません。これまで暖めてきた企画と著作をやっと出版という形にすることができたのです。

【1冊目】『だから訪問看護はやめられない』メデイカ出版・共著
 若い訪問看護師6人といっしょに取り組んだ本です。訪問看護という仕事が、経験をつんだ一定の年齢の看護師の仕事ではなく、(その年代の力はもちろん貴重な力ですが)経験の浅い若い看護師にもどんどん実践してほしいのです。私の最近のアピールは、日本の看護師130万人に向けて「20歳代に一度は訪問看護を経験しよう」です。訪問看護師は、現在約3万人です。圧倒的多数は、病院・病棟で急性期の病気対象の看護の仕事をしています。しかし、病院以外での“生活の場”での看護の役割は大きく、実にプロとしての力を発揮できる場でもあるのです。その筆頭が訪問看護。そのおもしろさを伝えるマンガ入りの本です。企画して出版まで1年強。

【2冊目】『訪問看護元気化計画―現場からの15の提案』医学書院 川越博美との共著
 2007年から2008年にかけて、川越博美さんと2人3脚で全国の訪問看護の現場に行脚した内容を踏まえてまとめた本です。“日本の訪問看護の実情2010”ともいえる本です。この本を読めば、日本の訪問看護の歴史・実情・未来についておおよそわかる。訪問看護の入門書・ガイドブックともいえるでしょう。類著があまりないので貴重な本になるのではと勝手に思っています。15の提案もぜひみてください。
企画から出版まで1年半。

そして3冊目が、上記の本です。この本のことは次回詳しくお伝えします。これはたぶん、すごい本だと我ながら思います。企画から出版まで約7年。

 私は著作が仕事ではありません。仕事の一部ではあると思います。これで何冊本を出版したのだろうか・・・。数えていないのでそのうち数えてみます。共著も含めれば30~40冊ぐらいかな。出版してくださる出版社に感謝です。著書が電子化される中、今後出版というものがどうなるのか私には全く分かりませんが、文字で伝えることは絶対になくならないでしょう。

2010年という区切りの年に、これまで暖めてきた企画を形にできてとてもうれしいです。血を吐く思いで、しかし楽しみながら、一瞬の達成感を味わうのを励みに書き続けている私です。いっしょに書いてくださった方、ありがとう! 時間の忘れて書いているわたしに温かい目でみて、いつも励ましてくれる協力してくれる家族に謝謝。
2010.12.11 Sat l 著書紹介 l top ▲