上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
定期巡回てくてく24 (その2)
                           2017年10月15日
 思えば、この『定期巡回サービス』にはじめて出会ったのは、24年前の1993年2月です。場所は、デンマーク。その頃の私たちの呼び方は『巡回型24時間訪問看護介護』『巡回型24時間在宅ケア』。

日本に足りないのは『巡回型24時間訪問看護介護』
 1977年から2013年まで所属して実践し、また理論化として様々な出版物を出させていただいた東京の特定医療法人財団健和会、社会福祉法人すこやか福祉会。たくさんの出会いと学びの宝庫でした。
 そのリーダーであり、私の師でもある増子忠道先生(意思)が、1989年にデンマークに視察に行かれ、帰ってこられていったことは次の通り。
「私たちは日本一住みよい地域作りをしようと、特に『在宅ケア』の充実のための実践をしてきた。往診・訪問診療も。訪問看護は日本の中では本当に最初のころからはじめ、その普及活動を行ったきた。今回、デンマークに行って勉強になったこと、というか日本で本格的に取り組まなければならないと考えたのは、2つだ。一つは『補助器具の活用』(あえて福祉用具とはいわない)で、もう一つは『巡回型24時間訪問看護介護』だ。制度がなくても早期に実践をして、それを日本中に普及していこう」

1994年より東京の北千住地域で実践開始
 『補助器具活用』はすぐに実践をはじめて、驚くような成果を出し、普及していった。『巡回型24時間在宅ケア』の実践を始めたのは、1994年秋からだった。それに先駆け、実践する看護師やヘルパーみんなでデンマークを視察に行こうと出かけて同行させていただき、イメージがわき、自分たちも始めようと準備したのだった。
 そして、さまざまな準備の後、看護師と介護職が一緒に夜中も巡回してケアを行う実践活動をはじめて、現在も続いている。
 いってみれば、私は、介護保険のサービスの一つになった『定期巡回・随時対応型訪問介護介護事業』の先駆的な活動を20数年前に始めた張本人の一人なのだと思う。

『最期まで家にいられる在宅ケア』(中央法規出版)
 実際に実施してみたら、たくさんの方が多様にこのサービスを利用して、大きな成果を世に示した。夜中も含めて一日複数回利用者宅を訪問してケアをすることによって、家族がいなくても、家族介護をあてにしなくても在宅生活継続が可能なっていった。要介護でも要医療でも一人暮らしでも在宅生活を可能にする鍵がこのサービスだと分かった。
 この実践の内容を、『最期まで家にいられる在宅ケア』(中央法規出版、1995年?)として、出版した。(もう絶版になっていると思う)

平成24年(2012年)に制度化
 それに日本中に普及するには時間がかかった。なかなか実践が難しいサービスだからかもしれない。それで2012年の介護保険のサービスの一つとして制度化された。私たちが示してきた内容とかなり違った内容の制度とはなったが・・・。

なので、私とすれば、感慨深いこの制度を事業することについて、複雑な気持ちを抱いている。それがどうしてなのか、何が複雑なのかを次回にお伝えします。

スポンサーサイト
2017.10.19 Thu l 看護、介護、医療関連 l top ▲
定期巡回てくてく24(その1)
                           2017年10月5日
 
 10月1日(日)から『定期巡回てくてく24』(定期巡回・随時対応型訪問介護看護事業)をスタートさせている。この事業実施については、いろんな意味で興味深く、感慨も深い。

看護強化タイプの事業展開
 一日複数回、毎日(365日)ご自宅を訪問して排泄ケア・食事ケアなど日常生活援助をして在宅での生活の継続を支援する者です。全国で実施されているが、多くは介護中心の定期巡回サービスになっている。看護のかかわり方は、大まかには2種類で、「一体型」と「連携型」に分かれる。「一体型」は、看護職を常勤換算2.5人以上配置して看護と介護が一体として運営する方法であり、「連携型」は、看護が必要な利用者については近隣の訪問看護事業所(ステーション)との連携で運営する。連携型が多い。
 しかし、我が、だんだん会では、一体型で看護強化タイプという極めて珍しいやり方で実施し始めたところです。
 簡単にいえば、介護職が中心に運営し看護職が連携するということではなく、看護職がかなり主体的に運営するというものです。

人生のターミナルの方も一日複数回の医療的ケアも
 看護職チームが責任をもって定期巡回サービスを実施するということは、次のような方々の支援が可能だということです。
◆一人暮らしで、一日複数回の排泄介助など日常生活支援が必要な方
◆一日複数回のインシュリン注射などの支援が必要な方
◆人生の終末期を家で過ごし、最期まで自宅で暮らしたいと思っている方
◆がんなどの病気で病状の変化など不安をお持ちの方
◆退院直後で在宅生活安定のための頻繁の訪問支援が必要な方
◆一日複数回の確実な薬の内服援助が必要な方
◆認知症などで頻繁な安否確認が必要な方

現在、利用者は4名
 はじまったばかりですが、重度の方を含めて4名の方が利用されています。
2017.10.12 Thu l 看護、介護、医療関連 l top ▲
ピアノを弾くグループホームの入居者
                           2017年9月5日
 
 グループホームの職員が「宮崎さん、来てください! 見て! 見て!」と言って、入居されているSさんの部屋に連れていてくれた。Sさんは、いつも「腰が痛い」「そろそろ家に帰らなくっちゃ」「食べたくないのよ」とちょっと元気なさそうにしている方だ。

暗譜でピアノを
そのSさんが、小型のキーボードで音楽を弾いているのだ! 家族が楽しみにと持ってきてくださったのだそうだ。楽譜も見ないで、細い指がすらすらと唱歌を弾く。「旅愁」「きよしこの夜」「野ばら」など。昔は20曲ぐらいすらすら弾けたというが、この日は7曲ぐらい。
私「Sさん、昔、あるいは子どものころにピアノを習ったことがあったのですか?」
Sさん「いいえ、弾いてみたら弾けたのよ」
私「へ~え・・・」

どのキーにも合わせられる
 ご家族が「昔は、テネシーワルツを歌いながらよく弾いていたなあ」とおっしゃったので、ちょっといろいろ楽しんでみようと、私が「秋の夕陽に照山紅葉、濃いも薄いも数ある中に・・・・・」と歌い始めたところ、私のキーに合わせて伴奏をしてくださった! すごい。ちょっと試しに、「あっ、間違っちゃった。ごめん。もう一度お願いしますね」といって、キーを変えて歌い始めたところ、そのキーにぴったりあった伴奏なのだ!! 素晴らしい!

認知症の人は何もわからない? 何もできない?
 とんでもない。すごい力があるのです! もともと少ない人はそれなりに。そんなには力は失われてはいないのです!
 Sさんの誇らしげに、また恥ずかしそうに、うれしそうににこにこしている姿・顔を見ていると、Sさんはピアノと再会できてよかったなあとつくづく思う。
今ある表面には見えない力を探すことがとても大事。


2017.09.14 Thu l 看護、介護、医療関連 l top ▲
職員募集!               2017年8月25日
 
 あっという間に8月ももう終わり。困ってしまうほど時間が経つのが早い。この間、職員全員の定期面接をしたり、新事業の準備、定例の業務他でバタバタとしている。
 今、何がほしいかと聞かれれば、迷わず『職員!』かな。職員募集内容の詳細は、『だんだん会』のホームページに掲載するので、そちらを参照してください。
そして応募するか、紹介してくださるか、どうぞよろしくご協力をお願いいたします。

介護職員(グループホーム)
 グループホームわいわい白州の職員募集です。常勤職員を大募集です。夜勤ができる非常勤、あるいは夜勤専門の非常勤でも。「徹底した自立支援」のかかわり方で認知症の方々の毎日の生活を支えていく“本物の介護”ではないかと思います。ぜひに!

介護職員(訪問介護)
 10月より『定期巡回てくてく24』の事業開始。一人の利用者に一日複数回訪問してご自宅での生活を支えるサービスです。また随時対応も24時間体制です。特にだんだん会では、医療ニーズの高い方々(医療依存度の高い重度の方、終末期の方、不安なお一人暮らしの方など)を介護職と看護師が一体となり実施していく方法で実施します。
 常勤はもちろんですが、短時間ずつ週何回でも働いてくださる方にご協力をお願いしたいのです。年齢・資格は問いません。

地域看護師
 地域の中で『たくましく優秀な看護と介護の集団作り』が大きな課題です。訪問看護はもちろんですが、『定期巡回てくてく24』『グループホームわいわい白州』その他、活躍の場はいろいろあります。ぜひ、いっしょに!

まずは、連絡を! だんだん会本部 0551-45-9566 まで。


2017.08.31 Thu l 看護、介護、医療関連 l top ▲
すばらしい逝き方             2017年7月25日
 
 現場の直接的なケア・支援に関り責任を持つということは、すばらしい出会いと新鮮な体験をさせていただくという機会がありありがたい。ただ、気を抜けない緊迫感が常にあることは覚悟の上だが・・・。
 今日は、「地域看護センターあんあん」(訪問看護事業)で関らせていただいたAさんの事例です。

5日間のかかわりのAさん
 ある日の朝、訪問診療の医師から「がんの末期らしい方からの依頼があったのでいっしょに訪問しよう」という依頼があり、早速にいっしょに午後に伺った。家族以外のかかわりを良しとせず、“医師はいいが、看護師さんはちょっと母が受け入れないかもしれません」という家族の声を尊重しつつ家の中に入れていただいた。
 Aさんは、ご自分の意思をしっかりと持って医療も選択し延命治療はしないと決めていたようである。ご家族はそれを最大限尊重し家での最期を覚悟なさっていらした。

清拭
 がんの末期で食事量・水分摂取量もほんの少し。ご家族がトイレまでやっと抱えて連れて行っていた。看護師の訪問をどう受け入れていただくかが私たちにとっては大きな課題だったが、幸いその日のうちに清拭をさせていただくことが可能になり、“ご家族ではできない特別な入浴した気分を味わえる清拭”を実施させていただくことができた。
 その後、トイレ(排泄)の方法の変更やある日は、看護師二人での短時間(5分~10分間)でのシャワー浴(座位も困難、血圧も低下傾向だったがOK)(結局死亡前日)の実施など全身ケアを実施させていただき、ご本人からも「気持ちよかった」「よかった」と。

「明日(あの世に)逝こうかな」
 ある日の会話。
ご家族「宮崎さん、母が昨日こう言うんです。『明日は何日だい』『明日は●月△日ですよ』『そう、じゃあ、明日(あの世に)逝こうかな』って。だからたぶん、今日あたりがその日かもしれません」
私「そうですか。そうかもしれませんね」
その日の夕方、家族から「来てください!」と依頼あり。訪問。
ご家族「ずっとうとうとしているんです、だけど今しがた、みんなを呼んでこう言うんですよ。『そろそろ逝くわね』って! そして家族一人ひとりの顔を見て『ありがとう』と。もうそろそろかしらね」
私「お母様の気持ちはもうあの世に逝きかけているのでしょうね。だけど、体がまだこの世に。血圧等まだ大丈夫ですよ。もう少しこの世での時間があるようです。声をかけて返事をなさらなくても耳は最期まで聞こえているといわれています。なので、心地いい声・言葉・音楽などを耳元でお聞かせくださるのがいいかもしれませんね」

音楽を心地よさそうに
ご家族「そうなんですよね。先ほどフルートを聞かせたんです。(親族に高名なフルート奏者がいらっしゃる)そしたら、指で拍子をとり、終わったとき、目を開けていい顔でうなずいたんです」
私「それは良かったですね」

笑顔であの世に
 そうして息を引き取られたのが、翌日の朝方でした。訪問したところ顔が本当に微笑んでいたのです!
私「まあ、お顔が笑っていらっしゃいますね」
ご家族「宮崎さん、そうなんです。最期の呼吸の少し前に、突然目を開けてみんなを見たんです。なので、泣きたくなるのをこらえてみんな笑ったんです。だってね、母は元気なころから『私があの世に逝くときには笑って見送ってね』って言っていたので。
 それで、母に『お母さん、みんな笑っているからね。お母さんも笑って』っていったら、母がにこっと笑ったんです! そしてそのまま最期の呼吸をして息が止まったんです」

 たくさんの方の“死”に関らせていただいたが、Aさんのように自ら『明日あの世に逝こうかしら』と言葉でいう方は珍しいです。受動ではなく「逝こうかしら」と主体的です。ご自分の容態を自覚し、自らの力でこの世で精一杯生きられた立派な最期だなあととても感動しました。またそれを支えたご家族も素晴らしかった。裏方の支援者として心に残るAさんでした。



2017.07.30 Sun l 看護、介護、医療関連 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。