上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
朝顔に感謝             2017年7月13日
 
 東京・入谷の朝顔市。毎年出かけていき、たくさんの朝顔を買い求め、あちこち送る。今年もその時期たまたま東京にいたので出かけた。いつもは仕事帰りの夜に出かけていたので大体は花が終わってしまった時間帯だった。

朝5時開始
 ネットで見たら、朝5時からオープンしているということで、今年は5時半に入谷に到着。お客はそんなに多くはなかったが、自転車にぶら下げて帰る近所の人やさっさと買い求める人がいて慣れている人のようだった。夕方のように「どれがいいかなあ」と迷っている人は多くなかったように見えた。

花はきれい
 早朝の朝顔は、とてもきれい。入谷の朝顔の人気者の『団十郎』という渋い色もまたいい。絞りの模様になっているものなど色とりどり美しい。
 私はとりわけ「オーシャンブルー」「琉球朝顔」と呼ばれるビロードのようなきれいな紫色一色多年草の朝顔が大好きだ。

八ヶ岳の庭にも
 グループホームわいわいにも、事務所にも、山形の実家の母にも、もちろん八ヶ岳の我が家にも送ったので、あちこち朝顔だらけ。毎朝「今日はピンクがきれいだね」「今日は団十郎が2つ咲いたよ」「オーシャンブルーが5つ咲いたね」と、話にも花が咲く。
 毎朝、眺めて心から「きれいいだね」と思う。そういう瞬間が何ともうれしい!
毎日毎日を「きれい!」「うれしい!」「ありがたい!」という言葉をたくさん吐いて生活していることが、「幸せ」というのかな~。
スポンサーサイト
2017.07.13 Thu l 日々の出来事 l top ▲
このごろの私           2017年6月15日
 
 
あっと気がついたら、ずいぶんブログを書かなかったのですね。待っていてくださる方、申し訳ありませんでした。言い訳はたくさんあるのですが、ここでは述べません。ひたすらすみませんでした。

何をしているか
毎日、何をしているのでしょう? 東京に行くのは月に2〜4回くらい。何か会議や用事がある時だけ。八ヶ岳でやっていることは・・・
・グループホームわいわい白州のあれこれ
  トラブルも時々。入居者のこともいろいろあるけれど、職員のことも。
  今は、家族懇談会やはじめての運営推進会議に向けた準備。
・地域看護センターあんあんの仕事
  新規利用者がまあまあいらっしゃるのですが、比較的重度・重症の方。
  一日2回(朝・夜)の点滴、終末期であと数日かと推測される方、2歳の希少な病気の方、難病の方・・・。
  夜間の緊急コールも鳴る。昨夜は2件。担当看護職員で対応。
  私は、対象者全員を把握するだけでも精一杯。緊急コールのサポートコールを担当しながら時に訪問も。

10月事業開始の「定期巡回てくてく24」
 「定期巡回・随時対応サービス」を10月に事業開始する予定。北杜市の公募に応募し、選定された事業。わが法人(だんだん会)が独自な発想で事業開始をしようと考案・準備中。そろそろ補助金の申請の準備。
一人暮らしの終末期の方でも希望すれば在宅での生活を継続できるようにするために工夫・苦心して事業開始しようと思っているところです。

花も庭も
 そうはいっても仕事ばかりしているわけではありません。せっかく、素晴らしい土地に移住してきたのですから、楽しませてもらっています。
 庭には、いつも花(もちろん草も)。今日現在で50種類以上の花が咲いています。色とりどりの花が咲き乱れています。
 早朝(1〜2時間)は、だいたい周囲の山や雲や朝陽をみながら花の手入れ。疲れてできない日もありますが・・・。空梅雨で雨が少なく、草花がかわいそう。
 新鮮な食材も多いので、リッチに食べています。
 散歩する時間をつくれないのが課題かな。
2017.06.18 Sun l 日々の出来事 l top ▲
ケアマネ再研修中   2017年2月25日
 
 休日なく“てんてんこまい”で動いている毎日。新規事業立ち上げは実に面白く、わくわくする。そんな中、この時期に忙しくしているもう一つのこと。それは、「ケアマネ再研修」である。

ケアマネに向き合ったのは、約20年ぶり
 ケアマネジャーの第1回目の試験に挑戦して合格したのは、たぶん約20年前。当時は講義を担当しながら、みんなで受けたのでした。資格は取得したものの、使用する機会が全くなくここまできました。
 ところが、今回、山梨県北杜市で新規法人立ち上げ、新規事業開始にあたって「ケアマネ」の資格を使えるようにした方がいいということになり、『再研修』とやらを受けることになったのです。つまり、死にかかっている「資格」を生き返らせること。

ちょうどこの時期に長い研修
 その研修が、今年から大幅に見直されたとのことで、12月から始まり3月で終了する12日間50数時間なのです。あと2日で終了なのですが、課題(宿題)が多く・・・。

ケアマネの課題は知りつつも、疑問だらけ・・・
 少々辟易状態。ケアマネジャーについての問題・課題はおおむね承知しているつもり。そのため種々の研修が義務付けられているが、実際に受けてみて様々な感想・意見をもった。「これでいいの???」 ケアマネになろうと受験し合格したが、研修を受けていやになり、ケアマネになるのを辞めたという声すら聞こえてくる。
 ここでは詳しくは延べないけれど、いろいろ考えさせられた。
さあ、あと2日だけ。頑張ろう。

2017.02.28 Tue l 日々の出来事 l top ▲
人生の転換点の一年    2016年12月30日

2016年もあと2日。今年は私にとって人生の大きな転換の年でした。ちょうど60歳・還暦でもあり、これから20年くらい(平均寿命まで生きるとすれば)の生き方の方向性を決める年となりました。

北杜市に移住して
 3月で前職を辞し、4月より山梨県北杜市に移住し、風光明媚で毎日が自然のドラマを見ているような環境で過ごせるように。朝、日の出前から空全体や山々の朝焼けを見ることからはじまる一日。“かはたれ”のすばらしさ。また日中も夕やけ・夕暮れの“たそがれ”も見惚れる。
 四季折々の自然の圧倒されるほど美しさ・・・。

法人立ち上げ
 このブログでも詳しく載せてきましたが、『一般社団法人だんだん会』の立ち上げの責任者となり、法人格を取得した。直接自分が立ち上げるのは初めての経験だったが、さまざまに勉強になった。より詳しくは『だんだん会』のホームページをご覧ください。なかなか好評です。

事業立ち上げ
 “あれよあれよ”という間にいろいろ事業展開が始まりました。
① 『グループホームわいわい白州』
3月に北杜市の公募で選定され、2017年3月事業開始予定。建設工事が着々と進んでいます。木の作りで素敵です。
② 『地域看護センターあんあん』
諸事情で訪問看護事業所である『地域看護センターあんあん』を2017年2月に指定を受ける予定。訪問看護ステーションという名称にしなかった理由は、そのうち詳しく述べます。優秀で志のある看護師が多数集まり、楽しみです。
③ サロン活動
“住民主体の健康でおもしろいまちづくり”の一助となるべく、市民のかたが集まる「場」と「魅力」のサロン活動が開始されました。まずは、『アロマさろん』が動き始めましたが、2017年度は、『認知症カフェ』や『素人まーじゃん倶楽部』『おひとりさまを楽しむ会』など企画中です。
たくさんの方々の自主的な動き・協力のたまものです。

新しい仲間の勢い
 2016年の初めは、約40年間の常勤の仕事を辞め、少しはのんびりして、海外旅行も楽しみ、少しずつこれからのことを考えようと思っていたのです。本当です。なのに、どんどん進んでいる状況です。私の性格がそうさせるのかもしれませんが、私の新しい仲間たちの勢いがすごいんです! ほとんど知り合いがいなかった新たな地で知り合った素敵な仲間たちに感謝です!

ホームパーテイ
 それでも海外旅行は、中国・南京(仕事ですが)に。講演活動は例年以上に。全国の素敵なところで講演させていただき、ついでに温泉やら観光やらを楽しませていただきました。
出版活動も数冊(その都度、ホームページで紹介)。現在も2冊ほど執筆中。
 例年と違っているのは、ホームパーテイ開催頻度です。八ヶ岳南麓の我が家で数十回のパーテイ開催! 自分でもあきれてしまうのですが、新鮮でおいしいく安価で手に入る本物の食材があふれているので、ついつい料理を作りたくなり、作ってはみなさんに集まっていただき“わいわい”と・・・。全国の友人・知人も多数訪れてくださり、そのたびに宴会。ピザ釜も大活躍の一年でした。

 なんと楽しく幸せな一年だったでしょう! じっとしていることがなく、やっぱり『まぐろ』の私ですが、ありがたいです。

 2017年は、どうなることやら・・・。いえることは、もっと忙しくなりそうです。違った事業展開が待っています。楽しみに見守ってください。あるいはいっしょにご参加ください。2017年もどうぞよろしく!

連絡先は、以下の通り。

 一般社団法人だんだん会 長坂事務所 
  408-0035 北杜市長坂町夏秋918-5 tel 0551-45-9566
  Mail:60miyazakiwakako@gmail.com
Mail:info@dandan.com  
http;//dandankai.com
2016.12.30 Fri l 日々の出来事 l top ▲
南京のまちの様子    2016年12月5日

 常勤の仕事を辞め、少し暇になるかと思っていたのですが、全く逆。何と忙しいことでしょう。『忙しい』という言葉を使いたくないのですが、つい言いたくなってしまう毎日です。ただし、今の『忙しい』は心地よい『忙しさ』ですので、ご安心を!

さて、南京の続き
 南京に行き、観光をしたり町をブラブラする中で感じたことをお伝えします。
まず、まちの中心街に降り立った時に、交差点の目立つところに映像を映し出す画面(新宿のアルタの画面のようなもの)があり、そこに流れている映像は、なんと、『南京大虐殺』の時の映像でした! びっくり! 日本軍が市民を虐殺する場面の古い映像がずっと流れっぱなしなのです・・・。「なんだこれれは・・・」と。

南京大虐殺記念館

 日本人として、南京に伺ったからには『南京大虐殺記念館』をみにいかなければいけないと思い、一人でタクシーに乗り行ってみました。広い敷地に立派なデザインのミュージアムが建てられていました。中国人の方が行列で入館していきます。
 中に入って、心が凍る思いでした。日本軍が南京市民を6週間で30万人虐殺したということです。その写真や映像があちこちに陳列されているのです! 日本刀で市民の方の首を切る場面、首を切られた頭がゴロゴロと散らばる様子、その音声・・・。
 私は足早に通り過ぎ、出口に向かいました。何だかいたたまれない思いでした。

どう受け止めればいいか
 何だか日本人の自分の居場所がないというか、日本人のみなさんそんなふうに見ているのかと思うとつらい気持ちになりました。70年くらい前のことなのですが、“鮮明に記憶せよ”といわんばかりに現実化していました。こんなことで友好関係が築けるのだろうか、などと悶々とした気持ちで帰ってきました。

質素な生活
 上海や北京などはずいぶん華やかだということをよく聞いていますし、貧富の差が激しいということも聞いていますが、私がみた南京は次のようです。
 女性は、化粧をしている人は少なく、髪も質素に後ろで束ねている人が多く、パーマなど手を入れている人は少なかった。実直に暮らしているという印象。
 私が接した人々は素敵な人たちでした。


2016.12.12 Mon l 日々の出来事 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。